*

コーヒー豆(粉)を買って来た カンタンにできる保存方法は?

昨日は久々に何も予定のないお休みで、4歳になる娘とお買い物にいったり、ファミレスのCOCO’Sに行ったり、公園で遊んだり、そして一緒にお風呂に入ったりと、緩くのどかな時間を過ごさせてもらいました。

 

12月は繁忙期になります。

しかも今回は、あの芸能人のコーヒー、TANPAN COFFEE 176キロの焙煎もあります。

 

その12月に入る前にのんびりできたので、英気を養うことができました。
11月の残りと12月も愛情込めて焙煎しますね、がんばろう。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

カンタンな保存方法

島珈琲でのコーヒー豆(粉)の保存方法については幾度となくこちらに書いてきました。
くどくなりますが、大切なことなので角度を変えて今回も説明していきますね。

 

img_5020

 

島珈琲の場合、袋は写真のようなものを使用しています。
アルミ製ですね。

 

こういったコーヒー豆袋は基本的にはお持ちかえり用で、保存袋としてプロから見るといささか問題があるのですが、ではいちいち密閉容器に移さないといけないのかというと、そうではありません。

 

お店ではこの袋に豆や粉をいれてから、一度シールして封を閉じます。
持ってかえるとこの封を開けますね。

 

img_5023

 

開けたところをこのようにくるくるとまいて、クリップで止めます。

次がポイントです、それをジップロックのようなチャック付きの袋に入れてそして冷凍庫へしまってもらえればオーケーです。

 

新鮮なコーヒー豆(粉)は炭酸ガスを緩く発生させていますので、そのガスを抜く弁が袋には付いてます。
ですので完全な密閉ではありませんので、二重にすることにより密閉度の高い保管ができるということです。

これならカンタンでしょ。

 

気をつけたいこと

島珈琲では使っていませんが、例えば紙でできたコーヒー豆袋の場合。
内側にはコーティングがされていると思いますが、長期に渡ってその紙袋で保存していると、紙のニオイがコーヒー豆に移ってしまいます。

 

コーヒーはデリケートなんですね。

 

ですの紙の袋の場合はおすすめできません。

 

fullsizer

 

このように表は紙質でも内側にアルミコーティングしているものは問題ありません。
内側が紙のままや、紙に透明コーティングしているものは注意してください。

 

コーヒーは香りが強いので他のものを寄せ付けないようなイメージもあるかと思いますが、意外に湿気やニオイを吸収してしまうので、できる限り密閉して保存してください。

 

缶やビンがない場合は、今回のようにしてジップロックなどで二重にしておくことをオススメします。

よろしければ参考にしてくださいね!

 

今日もコーヒーの香りでちょっと幸せな気分をどうぞ。

 

焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

冬の味覚

人間の味覚は夏と冬と つまり気温の差で 感じる味覚がちゃうらしい 夏は酸味を感じやすく 冬は苦味を感

記事を読む

きめ細やかさだよ 人生は

プロローグ 今朝のツイッターにこんなことを書きました 「生き残る生物は強い生物ではなく 環境の変化

記事を読む

おまたせいたしました

島珈琲オリジナル コーヒーシロップ 無糖タイプ 明日早朝 此花区にある工場へ 生豆48キロ相当のコー

記事を読む

そうだったのか!喫茶店ででてくるお冷やの役割とは

プロローグ カフェや喫茶店に行くとお冷や、お水ですね、出てきますよね。 その役割について今日は記

記事を読む

コーヒーにガン予防の効果はある!?1日3杯飲まないと効果はないのか?

昨日、このコーヒーにおけるガン予防の効果の話でお客さんと盛り上がりました。 ご存じかもしれませんが

記事を読む

ドリップで薄味と濃味を作るちょっとしたコツ

プロローグ 3歳の娘がなぜかよくわかりませんが、ニトリが大好きでしょちゅう近所のニトリに連れて行け

記事を読む

布ドリップ(ネルドリップ)が家庭に普及しないワケ

プロローグ 僕の中ではドリップで美味しさ最強と信じている「ネルドリップ」。布ドリップとも呼ばれます

記事を読む

アリの大群を止めるのには、コーヒーのカスを蒔いてごらん

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。   おとついあたりから、お店の前を

記事を読む

あるツイッターの投稿からヒントを得た、限定コーヒーギフトのご案内

プロローグ 僕はツイッターを楽しんでいるんですが、1日回数を決めてしてるんですね。 朝、朝、昼、

記事を読む

焙煎すると目方が減る話から、アメリカンコーヒーの「なぜ?」を説いてみた

プロローグ 今日は焙煎をすると目方が減るという話から、アメリカンコーヒーがなぜ浅焙煎のコーヒーなの

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
焙煎は焙烙(ほうろく)でもできるんですよ

僕は滅多にコーヒー教室をしないのですね。 なんで?と言われるとあまり

コーヒーと健康とダイエットのお話

昨晩、娘が耳が痛いと泣き出す。 奥さんが救急の病院に電話をかけてみる

今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉

夏のコーヒー豆・粉の保存で気をつけたいこと

最近なぜか子供の頃、初めて行ったプロ野球観戦のことを思いだすんです。

アイスコーヒーは専用の豆で淹れないといけないの?

今朝はゆっくり目に起きました。 繁忙期は娘が起きる前に家を出るのです

→もっと見る

PAGE TOP ↑