*

コーヒーのプロ 島さんのお薦めのコーヒー器具はどれ?

コーヒーブームに乗って、最近ほんとうにコーヒー器具の種類が増えたと思います。
僕自身も知らなくて、お客さんに教えてもらうこともしばしば。

 

基本的に原理は一緒なんですが、一工夫されていたり、抽出するのに技術がいらなかったたり、カンタンだったり、ほんとうに様々です。

 

お客さんと接していてはやり一番多いと思われるのは、ペーパードリップですね。
コーヒーメーカー、ハンドドリップなどがお聞きしていると多いです。

 

フレンチプレスや濾すところが金属フィルターのものをお持ちのお客さんも増えてきております。

 

夏場は水出しコーヒーを作る器具が人気ですね。
さてそんないろんな器具がある中で、僕 焙煎アーティスト 島規之がお気に入りの器具を今回は紹介しますね。

 

img_4834

 

僕のお気に入りは「コーノ式」

初めて出会ったのはコーヒーの本で知り、通販で購入したことででした。
円すいドリッパーと言われるけっこう歴史はある形です。

 

今でこそ、ハリオというコーヒー器具メーカーさんが同じような円すいタイプのドリッパーを販売しているので、知っている人も多くなりましたが、僕がお店を始めてちょっとした頃、12年前くらいですね、はまだ一部で人気の形でした。

 

皆さんもご存じの通り、ペーパードリップと言えばカリタやメリタ、台形のカタチをしたドリッパーに台形のペーパーフィルターを敷いてドリップする、が主流でした。

 

今もメリタ・カリタのシェア率は高いと思いますが、今ほど円すいドリッパーがあることは知られてなかったと感じております。

 

なぜコーノ式円すいドリッパーがお気に入りなのか。
初めて使った時の感動が未だ忘れられないから、かも知れません。

 

img_4835

 

あの時の感動は香りだった

メリタ・カリタの台形のタイプでハンドドリップを慣れていたら、この円すいドリッパーに移っても特に問題はありません。

 

ただし濾過するときに一点に向けて力がかかるので、お湯の注ぐ量によってスピードがカリタ式・メリタ式よりも早くなり、ドリップ全体のスピードが変わるところを気をつけてください。

 

円すいドリッパーの面白いところは、ゆっくりすればゆっくり落ちるし、早くすれば早く落ちる、それによって味わいの濃淡を調節できるところにあります。

 

そして何より僕が初めて使った時に感じたのは、香りの出方が違う、このことに感動を覚えたのです。

 

いつも使っていた器具よりも、コーノ式円すいドリッパーを使った時、出来上がったコーヒーがカップから立ち上がる香りが断然違ったのです。

 

それ以来、この器具に惚れてしまい、かれこれ12年くらいコーノ式を使っております。

 

お店のコーヒーもコーノ式で淹れております。
コーノ式が気になったら僕に遠慮なく聞いてくださいね。

 

さぁ、今日もコーノ式円すいドリッパーで美味しいコーヒーを淹れよう、そうしよう!

 

コーヒーの香りでリラックスしてくださいね。
いつもありがとうございます。

 

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ばっちぐー

 たぶん死語であろう「ばっちぐー」 今日 コーヒーシロップにする焙煎豆の味見をしたら 開口

記事を読む

たくさん たくさん ありがとう!

 日記もブログも長いことお休みをしておりました 22日から通常通りになったカフェBeも お

記事を読む

同じブラジルでもお店によって味わいが違うのはなぜでしょう

プロローグ コーヒーの味わいってわかりにくいですよね。 どうしてわかりにくいのか。 &nb

記事を読む

アイスレモンコーヒーをつくったYO!

プロローグ 秋に出版するだろう僕のコーヒー本の、最終章の構成を練っていました。  

記事を読む

焙煎すると目方が減る話から、アメリカンコーヒーの「なぜ?」を説いてみた

プロローグ 今日は焙煎をすると目方が減るという話から、アメリカンコーヒーがなぜ浅焙煎のコーヒーなの

記事を読む

コーヒーの産地によって違う、味わいとは?

プロローグ 今回の記事は、みんなが知りたい、コーヒー産地によって違う味わいについて。 ブラジル、

記事を読む

コーヒー豆(粉)を買って来た カンタンにできる保存方法は?

昨日は久々に何も予定のないお休みで、4歳になる娘とお買い物にいったり、ファミレスのCOCO'Sに行っ

記事を読む

アルヨ

  ギフトもアルヨ! まいど!おおきに

記事を読む

焙煎前のコーヒー豆、どうやって美味しさを見分けるの?

プロローグ コーヒー豆の焙煎。 焙煎とは熱の力を使い化学変化を起こすことです。 コーヒー生豆と

記事を読む

島さんがドリップするコーヒーみたいに、ぷくーとドーム状にならないんです

プロローグ 今朝の大阪は非常に寒い朝になりました。 三寒四温とは言いますが、寒暖差がかなり激しい

記事を読む

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ただ ただ 感謝 ただ ただ ありがとう

    おかげ様で 島珈琲は開

中煎りと深煎りのコーヒー豆 どっちが人気があるの?

昨日は休日でしたが、午前中は障がい者支援施設とコラボしているカフェBe

コーヒー焙煎するお店にはどんな許可が必要か。

今回はちょっと趣向を変えて、お店を開業したい方むけのお話を。 カフェ

資格はいるの?コーヒー焙煎に資格はいるのかというお話

この時期になるとどうしても昔のことを思いだしてしまいます。 &n

島さんは、コーヒーの味わいはどこで決まると思ってますか?

今日は娘の保育園の卒園式です。 その後は、奥さんが娘と一緒に幼稚園の

→もっと見る

PAGE TOP ↑