*

ブレンドコーヒーとストレートコーヒー 何がどう違うの?

野球のピッチャーの球種で例えると、ブレンドコーヒーは変化球、ストレートコーヒーはまさしく直球ストレート。

 

ブレンドコーヒーは味わいに変化をつける、ストレートコーヒーはそのままの味わいで。

 

ブレンドとは混ぜ合わせること。
混ぜ合わせてバランスを取り新たな味わいを創造したコーヒー、となります。

 

ストレートコーヒーはちょっとややこしくてブラックコーヒーの事をストレートとも言いますが、だいたいコーヒー屋さんではブラックコーヒーはブラックといい、ブラックコーヒーをストレートとはあまり表現しないと思います。

 

混同しないようにブラックコーヒーで統一しといた方が、間違いが起きないのではと思っております。

 

今回は豆の話、ストレートコーヒーとはブレンドしていないコーヒー、お米でいう○○県△市□町のなんとかさんの田んぼでとれたお米みたいな、感じで単一のものを指します。

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

img_4811

 

ブレンドコーヒーとは

音楽でいうところのバンドやオーケストラになりますね。
いくつかの楽器の音色が重なり、音楽になる。
いくつかのコーヒー豆が合わさり、新しい味わいになる、このことになります。

 

島珈琲では、コーヒー豆のチョイス、ブレンドの構成、味わいの決定などは僕が全て監修しております。
というか、一から最後まで僕がしているんですね。

 

ブレンドは醍醐味はバランスを取った味わいにして、複雑性を持たせて、より味わいを深くしていくところにあります。

 

例えばグァテマラに足りないコクをコロンビアでカバーする、など単一では足りないところを他の何かでカバーする、こんな感じですね。

 

ですから、お店のオススメにブレンドが多いのはそのお店でしか作られていない味わいになっている、他にない味わいだから、ということなんですね。

 

まぁでもコーヒーはわかりにくいので、右と左で飲み比べてみないとその差や違いは見極めにくいですけどね。(笑)

 

ストレートコーヒーとは

上に説明したように、何とかさんの農園のコーヒーだったり、もっと大きく地区のものだったり、そこは様々になりましてブレンドしてないコーヒーを指すのですが、定義がちょっと曖昧でここを説明するとマニアックになるのでやめときます。

 

ストレートコーヒーは音楽でいうとソロです。

 

ギターならギター、トランペットならトランペット、ひとつの楽器だけの音楽のようなものです。
その魅力だけを楽しむ、そんな感じですね。

 

例えばそのブレンドにブラジルが入っているとして、ブラジルの味わいの特徴は掴みにくいですが、ストレートコーヒーを飲めばそのブラジルらしさがわかる、ということですね。

 

オススメはどれですか?と聞かれると僕はブレンドをオススメしています。
長年考えてバランスを取ってきた味わいですからね。

 

但しどちらが良いと言うわけではなく、どちらがお好みか、が大事ですからね。

 

複合された音色のようなコーヒーか、その一つの楽器の音色そのものか。
気分で選ぶのもまた楽しいですね。

 

ということで、ブレンドコーヒーとストレートコーヒーのお話でした。

 

コーヒーでちょっと一息。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

そもそもコーヒー焙煎とは、なんなのか?

プロローグ つまりコーヒー焙煎とは、男の浪漫 なんちって。 こんにちは 焙煎アーティスト 島規之

記事を読む

視点を変えればリーズナブル!コーヒー豆100gって何杯分?

プロローグ ご存じの方も、ご存じでない方もコーヒー豆100gって、さて何杯分でしょうか?

記事を読む

シーンで分けてみる お好みのコーヒーの味を探すためのヒント

実は苦味があるとか酸味がある、というのは僕たちプロからするとどちかといえば、ネガティブな表現なのです

記事を読む

記憶に残る味

お客様がわざわざ「どうしても飲みたくなって・・・」 と車で1時間ちょいの時間をかけて 高槻店に来てく

記事を読む

「島さんのコーヒーは手挽きミルで挽くとすごく軽いですね。」の謎にせまる

プロローグ 別名ゴリゴリと呼ばれている手挽きミル。手挽きの良いところは、手作り感があるとこ。1杯1

記事を読む

ドリップの時コーヒーが膨らむワケを更に詳しく、わかり易く書いてみた

プロローグ 前回のブログでは、ドリップの時にプクーッとコーヒーが膨れるのは、テクニックではなくコー

記事を読む

ペーパーは濡らす派、濡らさない派、あなたはどっち?

プロローグ 先日こんなツィートをしたところ反応がよかったんですね。   ペーパー

記事を読む

改めて店舗紹介 なぜならあまり知られてないから 笑

プロローグ 昨日はお休みを頂き 梅田までセミナーを受講してきました マーケティングのセミナーでし

記事を読む

これでOK!ドリップする時に注意を払うべきところ

プロローグ 島珈琲高槻店は喫茶はカウンター6席。 オーダーストップは17時。  

記事を読む

コーヒーの真実

前から読みたかった本 先日 紀伊国屋書店で目にして 迷わず購入しました 読みたい読みたいと思いな

記事を読む

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
マグカップに直接ドリップして美味しく飲むコツ

今4歳の娘がいるのですが、最近なんというか気遣いができるようになってき

ただ ただ 感謝 ただ ただ ありがとう

    おかげ様で 島珈琲は開

中煎りと深煎りのコーヒー豆 どっちが人気があるの?

昨日は休日でしたが、午前中は障がい者支援施設とコラボしているカフェBe

コーヒー焙煎するお店にはどんな許可が必要か。

今回はちょっと趣向を変えて、お店を開業したい方むけのお話を。 カフェ

資格はいるの?コーヒー焙煎に資格はいるのかというお話

この時期になるとどうしても昔のことを思いだしてしまいます。 &n

→もっと見る

PAGE TOP ↑