*

友達がいてくれたからピンチから助かった そんなお話

公開日: : 感謝!! , , ,

実はやばかったんですよ-。
何がって、そうなんです、まぁ聞いて下さい。

 

戦国時代の戦で例えると、前面の相手ばかり気にしていてその他の方向を見落としていた。
実は側面から違う部隊がジワリジワリ近づいていて、その時に気づいていなかったら、その戦はホントにとんでもないことになっていた。

 

そんな感じです。

 

あの芸能人こと、短パン社長奥ノ谷圭祐さんのTANPAN COFFEE 味合わせばかりに集中してしまって、パッケージのことを二の次にしてしまっていたのです!

 

コーヒーの豆袋 パッケージの印刷とは

打ち合わせでコーヒーを入れる袋には、シールか印刷かどちらかにしようということになっておりました。
まぁなんとかなるどろうと、僕は軽い気持ちでいたのです。

 

短パン社長のお好みのコーヒーが出来上がったところで、パッケージの話になった時に印刷で行こうと決定した瞬間「しまった!」と思ったのです。

 

なぜ「しまった!」なのか。
コーヒーの豆袋の印刷って1回のロットが1万枚とかが通常なのですね、そして時間がかかるのです。
今回は白黒合わせて切り上げして双方で500枚ずつ、合わせて1000枚。

 

少ない数、小ロットと言いますが、小ロットで受けてくれる袋屋さんって僕の知る限りなかったのです。

どうしよう、と思った瞬間、友達の顔が浮かびました。

 

スコットブレンドのシールやパンフレットをお願いしている堺にある、「もじ工房 みくにのはんこ屋」のオーナーこと、杉元 彰博さんのことをすぐに思いだして、電話をしました。

 

「わかった。急いでるのは知ってるけど、ちょっと時間くれるかな」優しい口調で杉元さんはそう言い、電話をおきました。

 

でも見つからなかった

杉元さんはほんとにいろいろ手を尽くして探してくれましたが、2,3日後 別件で用事があった時に「今のところ、ないわ。ゴメンなぁ」と話ました。

 

島珈琲でもいろいろ探していましたが、その時 意外にも僕には焦燥感はありませんでした。

 

そしてその2度目の電話を置いた直後、僕は一件のホームページを発見しました。
これや!直感でこれはいける、と心が躍りました。

 

小ロットでも印刷します。
しかもクオリティが高い!

 

今まで探していたのでは袋が出来上がってから印刷するタイプで、印刷に関する条件が結構あって忠実なデザインを再現しにくいのです。

 

ここは印刷してから製袋するので、デザインしたそのものを忠実に印刷できるのですね 質の高い印刷した袋ができるということです。

 

今、現在最後の詰めをしているところですが、ほぼ大丈夫かと思っています。

 

あの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さんも手にする皆さんも喜んでくれるパッケージになるだろうし、それをデザインした天才ヒロナガさんのデザインもほぼ忠実に再現できるとのことで、安堵しております。

 

そして僕がここで言いたいのは友達の存在のことなんです。

 

今回、最後まで焦燥感を持たずにこのパッケージ屋さん探しが出来たのは、紛れもなく友達の杉元さんがいてくれたから。

 

「われわれを助けてくれるものは、友人の援助そのものというよりは、友人の援助があるという確信である」
僕のノートに書いている言葉ですが、どんな行き詰まっても杉元さんが最後まで相談に乗ってくれるという安心感から、僕はここまでたどり着けたんだと思ってます。

 

杉元さんは「何も出来けへんかったけど、ごめんなぁ」って僕に言ったけど、そうじゃない。
あなたの援助があるという確信が最後まで腐らずにいれた、だから杉元さんに最大の感謝を。

 

ゲン、ありがとう!

 

ということで、TANPAN COFFEE かっちょいいパッケージが上がってきますからね。
楽しみです。

 

そんな優しい杉元さんの「もじ工房 みくにのはんこ屋」さんはこちらのホームページでご覧下さい。
名刺や印刷など相談にのってくれまーす。

 

http://mojikobo.net/

 

コーヒーの香りは幸せの香り。
焙煎アーティスト 島規之

 

写真は1年前に杉元さんと撮ったツーショット。

 

img_4092

 

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

昨晩 帰りの電車での件

昨晩はコーヒー豆でお商売をしている仲間たち (と言っても僕が一番年下なので 先輩方です) と ミーテ

記事を読む

飲んだ

 今日は飲んだ いや今日「も」飲んだ かも知れない でも今日のお酒は最高に美味しかった 普

記事を読む

TV取材の依頼がありましたが丁寧にお断りしました

魔の30キロをご存じですか? マラソンなどされている方は知っていると思いますが フルマラソン30

記事を読む

no image

競争

 運動会シーズンである 競争は人間の優劣を決定するものではない その人の適正、不適正を模

記事を読む

あなたは、あなたのままでいい

プロローグ 3月4日の朝刊で、姉妹店の「カフェBe」店が大阪版で紹介されました。 この取材には僕

記事を読む

鉄は熱いうちに打て 先人の残した言葉は深い

先日 お知り合いになったフェイスブックのお友達が 今 100キロマラソンに挑戦しています 先ほど

記事を読む

no image

熱いコンサートでした!

  昨日の素晴らしいコンサートでした 出演者の皆さん スタッフ そしてお客様 ほんとうにあ

記事を読む

no image

お世話になりました

 今日で平日勤めていた運送会社のアルバイトを退職した そもそも前職マツモトコーヒーを辞め 

記事を読む

no image

たより

 最近 久しくしている知人や友達から便りが続いてうれしい 元気な声を聞き 顔をみると懐かし

記事を読む

明日という日

明日は明るい日 そうです 明日で 島は36才になってしまいます うっかりしてたら こんな歳になってし

記事を読む

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー焙煎するお店にはどんな許可が必要か。

今回はちょっと趣向を変えて、お店を開業したい方むけのお話を。 カフェ

資格はいるの?コーヒー焙煎に資格はいるのかというお話

この時期になるとどうしても昔のことを思いだしてしまいます。 &n

島さんは、コーヒーの味わいはどこで決まると思ってますか?

今日は娘の保育園の卒園式です。 その後は、奥さんが娘と一緒に幼稚園の

昔のコーヒーは美味しかった!は、ほんとうなのか?

本日はこんなツィートをしました。    

寝る前にコーヒー飲んで大丈夫?

連日、違うお客さんから同じ質問を受けました。 コーヒーを寝る前に

→もっと見る

PAGE TOP ↑