*

コーヒーをドリップするのに時間はどれくらいがよいのかな

あの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さんのTANPAN COFFEEは昨日締め切られ3日間で沢山のオーダーがあり、安堵とそしてこれからの焙煎に意欲を燃やしている僕、焙煎アーティスト 島規之です、こんにちは。

 

オーダーをして頂いた方に感謝感謝です。

引き続き、愛情をもって取り組ませてもらいますからね。

 

さてコーヒーをドリップして淹れるとき、時間はどれくらいが妥当なのか。
今回はその辺を詳しく書いていきますね。

 

コーヒーの淹れる時間。
これは正確には決まっていません。

 

コーヒーにはこうしたあいまいな事が多いので、コーヒーは難しいとされる一因となるのですが、一つ言える事は同じ条件で同じ量でコーヒーを淹れた時、抽出時間が長いと濃い味になります。

 

そしてあまりに長い時間をかけると出て欲しくない味わいまで出ますので、長ければよいということでもありません。

 

杯数分によって時間は違う

1回に淹れる時に、何杯分を淹れるのかによって時間は違ってきます。
1杯分と2杯分なら同じ様に淹れれば当然2杯分の方が粉の量が多く、それだけ抵抗が多いので落ちるまでに時間は?そうですね、時間は長くかかります。

 

ですので、一概に全て同じこれくらいの時間が良いというのは、統一できません。

ややこしいですね、ほんとに。

 

重要なことは、抽出に時間をかけるとき、時間をかけないときのことを覚えておいてください。
抽出時間を早くすればあっさりとしてさらっとした味わいに。
抽出時間を長めにしたら濃い味わいに。

 

先ほども書きましたがあまり長すぎると出て欲しくない嫌な味わいもでてきますので、そこはお気をつけくださいね。

 

早くするには、長くするには

コーヒーメーカーなどは時間を調節できるものはあまりないので、コーヒーメーカーではできません。

 

フレンチプレスは3分お湯に浸けて出来上がるので、その3分を2分半にしたり4分にしたりして、味わいの濃淡を調節できます。
びっくりするほどの違いは感じないかもしれませんが・・・

 

img_4702

 

ハンドドリップは?というとポットからお湯を落とす速度ですねこれを早くすれば抽出時間も早くなりさらっとした味わいに。

 

逆にゆっくりゆっくりすると濃い味わいになります。
ゆっくりの場合、落ちたコーヒーもぬるくなっていきますので、ゆっくりしすぎると出来上がりのコーヒーがぬるくなるのを覚悟してください(笑)

 

とまぁ、こんな感じで同じ条件にしても抽出にかける時間で味わいの濃淡をコントロールできます。

 

味わいのコントロール出来るところが多いからこそ、コーヒーは難解な飲み物と思われていますが、遊び心を持って今回書いたことをやってみると、何か新しい発見があるかもです。

 

よろしければ、ぜひ。

 

コーヒーの香りに癒されて。
いつもありがとうございます。

 

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

お店によって違う、細挽き・中挽き・粗挽き

プロローグ コーヒーが難しいと思われる理由の一つ、定まった基準がないことが挙げられると思います。

記事を読む

加糖・微糖・無糖 どのコーヒーがお好き?

プロローグ コーヒーにお砂糖を入れる。 ブラックで飲むコーヒーとはまた別の顔をみせてくれますよね

記事を読む

コーヒー豆にはフラットビーンとピーベリーという種類があるんです

プロローグ コーヒー豆というのは、コーヒーの実の種でして、似ているもので例えるとサクランボのタネの

記事を読む

昔のコーヒーはほんと美味しかった、ってホント?

プロローグ 昔のコーヒーは美味しかったって、言われても昔のコーヒーを飲んだことがないと、それはわか

記事を読む

フレンチプレスでアイスコーヒーを作ったところ、こうなった。

プロローグ 先日、お客さまにフレンチプレスでアイスコーヒーを作るにはどうしたらいいですか?というご

記事を読む

知ってますか?コーヒーの苦味には2種類あることを

プロローグ コーヒーの味わいって何?と聞かれれば、酸味と苦味が頭に浮かぶと思います。 そのコーヒ

記事を読む

中煎りとか深煎り、煎りの違いって何の違い?

コーヒー豆の焙煎度合いを表す言葉が、浅煎り=浅焙煎 中煎り=中焙煎 深煎り=深焙煎 となります。

記事を読む

僕 島規之がオススメのコーヒーミルはこちら

最近、ブログの出だしが娘のことをかなりの確率で書いているなぁと、改めて思っている僕です。 &n

記事を読む

島珈琲のブレンドは音楽でいうと生演奏

プロローグ ヒントとというのは案外、誰かとしゃべっている時に発見するものなんだなぁとつくづく思う。

記事を読む

春夏限定 コーヒーシロップ無糖2017販売スタートです!

島珈琲オリジナル、コーヒーシロップ無糖が今日から販売スタートです! よろしくお願いしまーす!

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
始めは小さい焙煎機からのスタートだった

日曜日は岡町本店へ。 僕は高槻市に住んでいますので、早朝に出発し高槻

コーヒー豆の大きさは美味しさに比例するのか

ブログを書くときはその時の気持ちも随分と影響するモノで、嬉しいことがあ

コショウの挽き方とコーヒーの挽き方を比べる

コショウについてはあまり詳しくないので、知ったようなことは書けないので

古材に囲まれてコーヒーを愉しむ

毎日が割とリラックスして過ごせるのは、これはコーヒー屋の特権かもしれな

背面カウンターにした結果は

背面カウンターとは。 カウンターは普通に考えると、オープンキッチンに

→もっと見る

PAGE TOP ↑