*

メジャーカップはやり手です

公開日: : 日々他愛のないこと

 もう1週間後は来年になってるんですね! はっやー なのです

僕はもっぱら
31日の深夜営業の段取りと こころの準備をしておりますが
皆様はいかがお過ごしでしょうか?

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です

今のことも わちゃわちゃありますが
来年の段取り 消費税変更での価格変更の準備や
変更後のチラシラフ案の製作 それからホームページのマイナーチェンジの案件

それから 消費税が上がる前に オリジナル豆袋や
オリジナルのギフト箱を製作すれば
その在庫する分は現行の消費税5パーセントで購入でき
気持ちだけお客様にも還元できるので いよいよ急がなければなりません!

そんな段取りに追われ
師走だ 師走だ わっしょい わっしょい!
くらい師走しています

娘へのクリスマスプレゼントのアンパンマンDVDの中に
アンパンマン号GO!GO!という歌があるのですが
非常に背中をおしてくれる歌でついつい口ずさんでしまします!

自分よ ガンバガンバ!

写真は高槻店で使っているメジャーカップです
メジャーカップはバーテンダーさんがカクテルを作るのに
お酒を計量するためのものですが 僕は喫茶でコーヒーを飲まれる
お客様へこれにフレッシュやガムシロを入れサーブしております

なんでこれを使っているかというと
キレがいいんです たれてテーブルを汚すことがないんです
やり手なんです
んでもって ちょっとおしゃれでしょ♪

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

どっこいしょ!

 本日 高槻店 どっこいしょと休日返上で営業中です!日曜 月曜と高槻店は定休日になっており

記事を読む

楽しんで続けていこう

永く続けていくコツは 楽しむことかなぁ と最近 この歳になってつくづく思うようになりました 26歳の

記事を読む

休日は図書館と献血に行こう!

 ということで 明日はカフェBeの営業日ですが 頼りになるスタッフにおまかせしまして 島店

記事を読む

no image

あんパンチ!

 昨日はお休みを頂きまして 身体も心もリフレッシュしてまいりましたやっぱり週一回はきちんと

記事を読む

no image

やる気

月曜日は高槻郡家本町にある障がい者支援施設にあるカフェBeの現場に入ることが多いのですがかれこれ4年

記事を読む

発注 発注 また発注

 ということで ありがとう祭りの準備もそろそろかきょうにはいてまいりました 発注の段取り 

記事を読む

no image

ぼく

 言葉つかいというタイトルの記事を読んでいて 「僕」というのは 公の場では使ってはいけない

記事を読む

つかのま

 今週は比較的ゆるやかにすごさせてもらってます 新店のある程度のだんどりがすみましたので

記事を読む

アクセス数 30

 ブログを書き出した頃は アクセス数などそんな程度だった なんでこんなにブログを続けて

記事を読む

no image

祈り

 ビッグイシュー日本版135号のスティングのスペシャルインタビューの中に 興味深い一文があ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
短パンコーヒーを美味しく飲もう!おうちで楽しむコーヒーの基本的なこと

短パンコーヒーがいよいよ全国に発送され、本日より順次皆さんのお手元に届

島珈琲の通販のお買い物をもっと便利に

島珈琲は岡町本店と高槻店があり、姉妹店にカフェBe店、この3つのお店を

変わらぬ思い コーヒーはたのしむもの

昨日の書いた記事を読み返していました。   あっ

カップとスプーンの置き方に決まり事はあるのか

最近、嬉しいことに娘が「お店」に興味を持っているようで、しきりに「大き

ブラックコーヒーを飲むきっかけは何か

僕がコーヒーに興味を持ったのは、高校生の時。 チェーン店であった珈琲

→もっと見る

PAGE TOP ↑