*

ハワイ島で過ごしたコーヒー農園を思ふ

時に香りと一緒に記憶を呼び起こすことってありますよね。
あ、この香り あの時の香りだ、記憶の一部分が香りによって鮮明に蘇ること。

 

香りではなかったのですが、先日お客さんに「ちょっとお尋ねてしていいですか?」とお話を聞いていて、あの時のハワイ島で過ごしたコーヒー農園のことが頭に蘇りました、ハイビスカスの香りと一緒に。

 

尋ねた方は女性でまだ若く、これから中米にコーヒー農園へ農業体験に行くことになった方からでした。
歳は30になってなく、単身で行くのだと。

 

それでインターネットで調べ、コーヒー農園で働いたことのある僕にアドバイスが欲しい、とのことで島珈琲に御来店。

女性一人で大丈夫?僕が親ならかなり心配するけどなぁ、なんて言いながら、ハワイ島で過ごし働いたことを手短にお話しました。

 

何が大変だったって、農業に関わったことのない人が急に農業の仕事をすると、その大変さに驚くことになります。

なんせ自然が相手ですからね。

 

僕がコーヒー農園でした仕事は、草刈り、草抜き、農薬散布(コーヒーにではない)、木のカット、コーヒーの木のプルーニング 剪定ですね、コーヒーの実の採取、コーヒーの実の精製、そして犬の散歩、でしょうか。

 

02

 

写真はコーヒーの実を取っているところです、とにかく何をするにも最初は上手く行かなかったのを今でも覚えています。

僕がいたハワイ島のコハラというところは風が強く吹く地域で、雨も多く、コーヒー豆を乾燥するときは雨に濡らしてはいけないので、天気が急に変わって大丈夫な様にシートを用意していたり、そして天気を予測する勘を磨きました。

 

あとは言葉ですね。
仕事はメキシコ人やフィリピン人と一緒にしていて、一応英語でやりとりしますが、フィリピン人はなまりが強くて聞き取りにくかったことを覚えてます。

 

僕は英語がわかってなかったので(笑)、フィリピン人の方も分かってない方が多く、分かってないものどおしでやり取りしていたことを思いだして、ちょっと笑ってしまいました。

 

コスタリカはスペイン語。
スペイン語はわかるのですか?とその女性に尋ねると、笑いながら「いいえ」と。

 

行きたい気持ちが先走り、行動の方が早いという、すごい女性だなぁ、と思いながらそんなことを伝えていました。

 

行ってなにが変わりましたか?と女性が。

世界が広がりましたね、と僕。

 

なぜ農園に行ったのですか?

コーヒーの一からを知りたかったし、そこにどんな大変さがあるのか知りたかったから。
その経験は、今でもほんとに僕の宝物です。

 

大変、役に立つことを今日はありがとうございます、と女性はお店を後にされました。
そうそう出来る体験ではないので、しっかり楽しんできて下さいね、とその背中にお声をおかけしました。

 

怪我などなく、無事に楽しく過ごせたらいいなぁ。

話をしながら、そんなハワイ島でのコーヒー農園体験をもう一度思いだし噛みしめながら、少し浸る僕でした。

 

さぁ、あの芸能人のTANPAN COFFEE 試作がんばろ!

 

コーヒーでハッピーな時間を!
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒー豆にはフラットビーンとピーベリーという種類があるんです

プロローグ コーヒー豆というのは、コーヒーの実の種でして、似ているもので例えるとサクランボのタネの

記事を読む

島珈琲のコーヒー豆たちをバンドで表現してみたら、こうなった

プロローグ 今月は島珈琲オリジナル・リキッドアイスコーヒー「フルーティなアイスコーヒー」300本分

記事を読む

アイスコーヒーはなぜ深焙煎のコーヒーを使うのか?

プロローグ アイスコーヒーはなぜテカテカに光る深焙煎の苦めのコーヒー豆がいいのか? 深焙煎でない

記事を読む

島珈琲社会貢献部より3つのお知らせ

最近 娘に見える場所で 僕が シャドウピッチングやシャドウバッティングをしていると なぜか ケタ

記事を読む

「旅館の朝ご飯」 「食後のコーヒー」 の共通点 ちょっとマーケティング的に

月曜日 火曜日 火曜日は高槻店の臨時休業を頂きまして エクスペリエンス マーケティング 通称 エクス

記事を読む

こちら100万円のコーヒーミル。粉で買うか、豆で買うか、どっちが良いの?

プロローグ さて今回も質問コーナーです。 いやぁ助かります!笑 ブログネタに困りませんからね、

記事を読む

コーヒー豆も、個人よりチームで力を発揮する豆がある

プロローグ 今回の記事は個人で力を発揮できるコーヒー豆もあれば、チームいわゆるブレンドですね、ブレ

記事を読む

コーヒーシロップ純情物語

プロローグ 明日、今年2回目のコーヒーシロップ無糖の252本分の仕込み焙煎をします。それがどうやっ

記事を読む

プロが見る!おうちで美味しくコーヒーを飲むために1番大切なことは何?

先日、たこ焼きを買い娘へのお土産にしたところ、えらく喜び、先日から「父ちゃん たこ焼き買って来たの?

記事を読む

ドリップも焙煎もする人が変われば、味は変わる

プロローグ 昨日のツイッターで何気なく思いつき、何気なくツィートしたこと、とても反応がよかったんで

記事を読む

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
中煎りと深煎りのコーヒー豆 どっちが人気があるの?

昨日は休日でしたが、午前中は障がい者支援施設とコラボしているカフェBe

コーヒー焙煎するお店にはどんな許可が必要か。

今回はちょっと趣向を変えて、お店を開業したい方むけのお話を。 カフェ

資格はいるの?コーヒー焙煎に資格はいるのかというお話

この時期になるとどうしても昔のことを思いだしてしまいます。 &n

島さんは、コーヒーの味わいはどこで決まると思ってますか?

今日は娘の保育園の卒園式です。 その後は、奥さんが娘と一緒に幼稚園の

昔のコーヒーは美味しかった!は、ほんとうなのか?

本日はこんなツィートをしました。    

→もっと見る

PAGE TOP ↑