*

ニューウエーブコーヒーとはなんなのか?

公開日: : coffee , ,

実は今流行りのサードウェーブコーヒーとかあんまり知らないのです。(笑)
サードがあるならセコンド、ファーストとそれぞれのウエーブコーヒーがあるだろうと、勝手にそれを一括りにして、ニューウエーブコーヒーなんて言ってしまっていますが、その言葉が通じるのかどうか知りません。

 

さて、そのウェーブでも一番新しい波、サードウェーブコーヒーとは何か。

 

僕がコーヒーに興味を持ったころはどちらかというと深煎り=深焙煎のしっかりとした苦味のあるコーヒーが主流でした。
それがスペシャルコーヒーという高品質コーヒーにスポットライトがあたり、そうこうしているうちに中煎り=中焙煎が主流になった、ということです。

 

とてもカンタンに言うとこんな感じです。

 

コーヒーは浅煎り、中煎り、深煎りとわかりやすく3つの焙煎度合いで区切られています。

 

浅煎りというのはあんまり僕は使わない焙煎度合いです。
中煎り=中焙煎と深煎り=深焙煎。

 

コーヒーはコーヒーチェリーと呼ばれる果実の種なんで、フルーツ的な要素を沢山もっているんですね、味わいに。
そのフルーツっぽさがよくでるのが、比較的 中煎り=中焙煎の方です。

 

わかりにくいのですが、高品質コーヒーは特にこの中煎りでのフルーツ的な要素の味わいがよく出るので、サードウェーブではここに着目し、その個性をもっと表現しようとなって、中焙煎のコーヒーが勢いにのり主流となるサードウェーブつまり第三の波が起きた、そんな感じだと僕は見ております。

 

これは僕の勝手な見解です。
一般的に説明しているサードウェーブとは違うかも知れません。

 

今回あの芸能人、そうですアパレルメーカーの社長でもある奥ノ谷圭祐さんこと短パン社長のオリジナルコーヒー、TANPANCOFFEEを作るために、あの芸能人のお好みのコーヒーを知るために、好きなお店を一緒に同行させてもらい半日くらいで計6件のコーヒー店巡りをしました。

 

お伺いした全てのお店には立派なエスプレッソマシーンがあり、お店はオシャレでした。
先日のブログにも書きましたが、ニューウエーブコーヒーとはコーヒーとファッションではないか、そんなふうに受け止めました。

 

短パンコーヒーツアーはこんな感じでした。

 


 

 

 

 

 

 

ほとんどお店がサードウェーブをしっかり掴んでいるお店でした。
もし僕が唐突に東京のコーヒー店へ勉強しに行こう、コーヒー屋巡りをしようと思った時に当然同じチョイスにはなりません、なぜなら今回はあの芸能人の好みを知ることがメインですから。

 

だから逆にすごく勉強になったんです。
僕の知らない世界がそこにあったから。

 

中焙煎のコーヒー豆で抽出するエスプレッソのコーヒー(僕のお店では深焙煎を使用してます)も、なるほど、と思うことが沢山ありました。

 

実は今回のこの短パンコーヒーツアーでサードウェーブというのを直に勉強する機会を貰っていたのですね。

もちろんあの芸能人の好みもキャッチしながら。

 

あれから1週間が過ぎようとしています。

先日、TANPAN COFFEEのサンプルを最大の感謝の心を詰め込んでお送りしました。
喜んでもらえるかなぁ。

 

試作のOKがでて内容が決まりましたら、TANPAN COFFEE のすべてをブログで報告しますね。
お待ちくださーい!わぁ楽しみだ。

 

img_0642

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

おおきに、いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0184

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

味と香りと男と女

プロローグ 1日2杯の酒を飲み 肴は特にこだわらず マイク来たなら微笑んで 十八番をひとつ歌うだけ

記事を読む

コーヒーの焙煎っていう言葉は浸透してるのか

プロローグ 僕がコーヒーの焙煎に興味を持ち始めた頃は2000年代に入る少し前、1990年の中盤でし

記事を読む

ネーミング

商品のネーミングはとても大事だ一発でイメージしてもらうそれが何なのかを伝えるそして覚えやすいなのかな

記事を読む

あの芸能人は深い「愛」を持った方だった

今日は急ぎの案件があって、昨日のあの芸能人と行く東京コーヒーツアーの詳細を書きたかったのですが、改め

記事を読む

イエメン

 そうです 休日 主におうちで過ごすのが好きな男性を「イエメン」 というそうです それは嘘

記事を読む

フレンチプレスで水出しコーヒーをつくったよ!

プロローグ 先日、お客様から「フレンチプレスで水出しコーヒーって出来ますか?」と聞かれ、ボクシング

記事を読む

しまこーひーのブレンド倶楽部 ブレンド鳥の味わいについて

秋が深まっていること肌で感じるくらいで 今朝は自転車の風が冷たく 街は衣替えが終わり 夕方は暗くなる

記事を読む

何を信用していいのか、わからない

プロローグ コーヒー屋はお山の大将である。これが僕のひとつの持論なのですが、何でそんなことを唐突に

記事を読む

勘違いしてませんか?本当のコーヒーの苦味は焦げではありません!

プロローグ 僕、ぶりかまが好きなんです。 ぶりかまにゆっくり火を通して、箸をいれるふわっとしてジ

記事を読む

なぜブルーマウンテンを置いてないのですか?

こんにちは 焙煎アーティスト 島 規之です 先日 「コーヒー豆専門店なのにブルーマウン

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉

夏のコーヒー豆・粉の保存で気をつけたいこと

最近なぜか子供の頃、初めて行ったプロ野球観戦のことを思いだすんです。

アイスコーヒーは専用の豆で淹れないといけないの?

今朝はゆっくり目に起きました。 繁忙期は娘が起きる前に家を出るのです

コーヒー焙煎はどこが面白いの?

コーヒー豆屋さんは(島珈琲は)、どちらかというと夏は閑散期です。

続・ペーパーフィルターの保管方法

久しぶりにコーヒーを美味しく飲むために、基本的でとっても大事なことを書

→もっと見る

PAGE TOP ↑