*

ニューウエーブコーヒーとはなんなのか?

公開日: : coffee , ,

実は今流行りのサードウェーブコーヒーとかあんまり知らないのです。(笑)
サードがあるならセコンド、ファーストとそれぞれのウエーブコーヒーがあるだろうと、勝手にそれを一括りにして、ニューウエーブコーヒーなんて言ってしまっていますが、その言葉が通じるのかどうか知りません。

 

さて、そのウェーブでも一番新しい波、サードウェーブコーヒーとは何か。

 

僕がコーヒーに興味を持ったころはどちらかというと深煎り=深焙煎のしっかりとした苦味のあるコーヒーが主流でした。
それがスペシャルコーヒーという高品質コーヒーにスポットライトがあたり、そうこうしているうちに中煎り=中焙煎が主流になった、ということです。

 

とてもカンタンに言うとこんな感じです。

 

コーヒーは浅煎り、中煎り、深煎りとわかりやすく3つの焙煎度合いで区切られています。

 

浅煎りというのはあんまり僕は使わない焙煎度合いです。
中煎り=中焙煎と深煎り=深焙煎。

 

コーヒーはコーヒーチェリーと呼ばれる果実の種なんで、フルーツ的な要素を沢山もっているんですね、味わいに。
そのフルーツっぽさがよくでるのが、比較的 中煎り=中焙煎の方です。

 

わかりにくいのですが、高品質コーヒーは特にこの中煎りでのフルーツ的な要素の味わいがよく出るので、サードウェーブではここに着目し、その個性をもっと表現しようとなって、中焙煎のコーヒーが勢いにのり主流となるサードウェーブつまり第三の波が起きた、そんな感じだと僕は見ております。

 

これは僕の勝手な見解です。
一般的に説明しているサードウェーブとは違うかも知れません。

 

今回あの芸能人、そうですアパレルメーカーの社長でもある奥ノ谷圭祐さんこと短パン社長のオリジナルコーヒー、TANPANCOFFEEを作るために、あの芸能人のお好みのコーヒーを知るために、好きなお店を一緒に同行させてもらい半日くらいで計6件のコーヒー店巡りをしました。

 

お伺いした全てのお店には立派なエスプレッソマシーンがあり、お店はオシャレでした。
先日のブログにも書きましたが、ニューウエーブコーヒーとはコーヒーとファッションではないか、そんなふうに受け止めました。

 

短パンコーヒーツアーはこんな感じでした。

 


 

 

 

 

 

 

ほとんどお店がサードウェーブをしっかり掴んでいるお店でした。
もし僕が唐突に東京のコーヒー店へ勉強しに行こう、コーヒー屋巡りをしようと思った時に当然同じチョイスにはなりません、なぜなら今回はあの芸能人の好みを知ることがメインですから。

 

だから逆にすごく勉強になったんです。
僕の知らない世界がそこにあったから。

 

中焙煎のコーヒー豆で抽出するエスプレッソのコーヒー(僕のお店では深焙煎を使用してます)も、なるほど、と思うことが沢山ありました。

 

実は今回のこの短パンコーヒーツアーでサードウェーブというのを直に勉強する機会を貰っていたのですね。

もちろんあの芸能人の好みもキャッチしながら。

 

あれから1週間が過ぎようとしています。

先日、TANPAN COFFEEのサンプルを最大の感謝の心を詰め込んでお送りしました。
喜んでもらえるかなぁ。

 

試作のOKがでて内容が決まりましたら、TANPAN COFFEE のすべてをブログで報告しますね。
お待ちくださーい!わぁ楽しみだ。

 

img_0642

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

おおきに、いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0184

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

焙煎したコーヒー豆を手選別(ハンドピック)する理由

プロローグ ご存じですか、コーヒー豆を焙煎している間は、職人さんは何をしているのか? 他の方は知

記事を読む

コーヒー豆は焙煎すると2倍の大きさになる、なんで?のお話

コーヒー生豆を焙煎すると、だいたい2倍くらいの大きさになります。 詳しく測ったことがないので、2倍

記事を読む

時間が経って味わいが深まるコーヒーもある というお話

両親に温泉旅行をプレゼントし大阪池田・不死王閣の旅館に一昨日から昨日と泊まり、おかげ様でゆっくりとさ

記事を読む

スコーンだよーん♪

   できましたプロタイプのスコーンです! かわいいですね~♪ ついうっかり・

記事を読む

なぜ 円すいのコーノ式を選んだの?

島珈琲では、ペーパードリップのドリッパーはコーノ式をオススメしております。  

記事を読む

長い期間ディスプレイしていたペーパーで、コーヒーを淹れたらめっちゃ不味かった件

プロローグ マーケティングの師匠 藤村正宏先生 公認のブレンド スコットブレンドを島珈琲がお取り扱

記事を読む

ブレンドには2種類の方法があって、TANPANCOFFEEはこっちの方法!

12月13日、本日よりあの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さん監修、TANPANCOFFEEの焙煎が

記事を読む

さぁ美味しいカフェインレスコーヒーのこと 考えよう!

 昨日はお休みを頂きまして 朝は娘と嫁さんとで 高槻のハニワ公園で遊んできました 娘は落ち

記事を読む

TANPANCOFFEEを美味しく飲むためのコツ

あの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さんプロデュース TANPANCOFFEEが全国の皆さんの手に続

記事を読む

コーヒー豆、コーヒーの粉を家で保存する時に勘違いしている1つの事

袋を開けなければ常温で置いてても大丈夫? 答えはNOです!大丈夫ではありません!  

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲社会貢献部 障がいがある方の働く場所を増やそうプロジェクト進んでます!

なんと長いタイトルだろう。(笑)   はい、とい

あなたのお好みは深焙煎?中焙煎?

昨晩は高槻店が終わったあと、カフェBeへ。 レジ締めが終わったあと、

コーヒー豆も生きている

昨日はお休みでした。 お昼までは少し仕事を。  

始めは小さい焙煎機からのスタートだった

日曜日は岡町本店へ。 僕は高槻市に住んでいますので、早朝に出発し高槻

コーヒー豆の大きさは美味しさに比例するのか

ブログを書くときはその時の気持ちも随分と影響するモノで、嬉しいことがあ

→もっと見る

PAGE TOP ↑