*

焙煎前のコーヒー豆、どうやって美味しさを見分けるの?

プロローグ

コーヒー豆の焙煎。
焙煎とは熱の力を使い化学変化を起こすことです。
コーヒー生豆と呼ばれるコーヒーになる原料を煎ります。
熱に焙るとも言います。

 

これがコーヒーの生豆と呼ばれる焙煎する前のコーヒー豆です。

 

img_3989

 

 

コーヒー生豆と書いて、なままめと読みます。
「きまめ」とも呼ばれていますが、僕たちプロは大抵「なままめ」もしくは略して「なま」と呼んでいます。

 

コーヒー豆にも美味しさの等級があって区別されているのですが、そのコーヒー生豆の持っている美味しさをどうやって見抜くのか、今回はここを説明していきますね。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

まずは買い付け

僕の場合(島珈琲の場合)は、世界各国現地に買い付けに行くバイヤーさんからコーヒー生豆を仕入れます。

 

僕が買い付けをやって出来ない事もないとは思いますが、とても大変な作業で、なおかつ生産国の農園主さんとの関係性が重要になり、そこまでするとお店の事に手が回らなくなりえるので、専門家に任せているほうが実務に没頭できる、ですのでそうしております。

 

味わいを見極める前に、誰から買うか、どこから買うか、でまずは決まります。
バイヤーさんの味と、僕が求める味がまず一致することが大事です。

 

一致すれば、バイヤーさんとの良好な関係を続けて行くことで、美味しいコーヒー生豆を届けてもらうことができます。

 

美味しいコーヒー生豆の見極め

経験を積んでいく、コーヒー生豆を見て、そのニオイを嗅ぐことでだいたいの良し悪しがわかります。

 

もちろん細かいところまではわかりませんが、見た目の綺麗さ、全体が均一かどうか、不純物がないか、そしてニオイを嗅いだときに違和感がないか。

 

これでだいたいどの程度のコーヒー生豆なのかは想像できます。

 

おもしろいもので、美味しさについて?と思うコーヒー豆は焙煎するときに出る煙がのニオイがよくありません。
コーヒー豆って焙煎するとけっこうな煙をだすのですね。

 

僕が焙煎しているのは業務用なので、煙突があるのでそこから排煙されているのですが、家庭用やテスト焙煎という味見のための少量焙煎する焙煎機などは煙がそのままでます。

 

美味しさについて?と思うものは、その煙を臭うとあまりいい気がしないのです。

 

焙煎の時もしかりですが、コーヒー生豆の時でもそう、ニオイは何かを教えてくれます。

 

コーヒーは液体になるまでそのコーヒー生豆の味わいやポテンシャルがわからないのですね。
ですから、訓練してコーヒー生豆の時点である程度のことをわかるようにしております。

 

エピローグ

コーヒー生豆は運送中にダメージを受けてたりし、それが味わいに影響を与えることもあります。
コーヒー生豆の近くにニオイのきついモノがあれば、そのニオイがコーヒー生豆に移ることもあります。

 

いろんなことで影響を受けるコーヒー豆、デリケートなんですね、焙煎する前も焙煎してからも。
なので、いろんな知識と経験を積んで、目と鼻で分かるようにしている、そういうことなんですね。

 

ほんとに美味しいコーヒー豆の生豆は、フルーツのような香りがすることもあるんですよ!
機会があれば、遠慮なく僕に言ってみてくださいね。

 

それでは、また。

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

おおきに、いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0184

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

スーパーサブを目指して

どちらかというと目立つのが嫌いな僕です。   と言うと、あまり信じてもらえませ

記事を読む

no image

コロンビア

 しばらく 焙煎のポイントが少しだけずれていた 火力やら排気ダンパーの微調整と 焙煎時間の

記事を読む

なぜマンデリンは人を魅了するのか

モカ・マンデリン・キリマンジャロ。 日本のコーヒーの三本の矢、みたいな感じで多くの人がその名を知っ

記事を読む

今日のお菓子 vol.9

今日のお菓子 早い目に写真をアップしておこうと思っていましたが 日記を書くのが今の時間になってしまい

記事を読む

ドリップのやり方で味を濃くしたり、薄くしたりする方法があるらしい!

プロローグ ブログのタイトルは大事だ。 見出しのところで読もか、読むまいかを決める。(人も多いは

記事を読む

コーヒー豆から粉へ、何分前に粉にしたらよいのか

プロローグ 今、僕が出版するコーヒー本の原稿の大詰めに入っています。 何をしているのかというと、

記事を読む

コーヒーをドリップするときに大切な1つのこと

プロローグ     テクニックって練習すれば上手くなります

記事を読む

コーヒー豆って腐ったりするの?

今日は起床時間に起きようとしたのですが、連休前からの疲れがでてきたのかして、もうちょっと寝ようと決め

記事を読む

コーヒーの味わいの「フルーティ」を考える

コーヒーの味わいでフルーティと言われるとどう思う? 先日、ご近所のチーズ専門店のフロマジュリー&a

記事を読む

買う気スイッチ

 今日はお知らせです 島珈琲がお薦めするコーヒーメーカー メリタJCM-512のお得なご案

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲社会貢献部 障がいがある方の働く場所を増やそうプロジェクト進んでます!

なんと長いタイトルだろう。(笑)   はい、とい

あなたのお好みは深焙煎?中焙煎?

昨晩は高槻店が終わったあと、カフェBeへ。 レジ締めが終わったあと、

コーヒー豆も生きている

昨日はお休みでした。 お昼までは少し仕事を。  

始めは小さい焙煎機からのスタートだった

日曜日は岡町本店へ。 僕は高槻市に住んでいますので、早朝に出発し高槻

コーヒー豆の大きさは美味しさに比例するのか

ブログを書くときはその時の気持ちも随分と影響するモノで、嬉しいことがあ

→もっと見る

PAGE TOP ↑