*

カプチーノの美味しさはミルクにあった

プロローグ

もちろんカプチーノに入るエスプレッソも美味しいからカプチーノが美味しいわけですが、今回はカプチーノのミルクにスポットを当ててお話を進めて行きますね。

 

僕はエスプレッソにはそれほど詳しくありませんが(プロなので勉強はしていますが、焙煎の事ほど詳しくない、という意味で)、美味しいに続く「お客さんの笑顔」を求めていろんな事を追求するのがプロですよね。

 

今回はカプチーノのミルク、こんなふうに工夫し美味しさを追求していますんで、皆さんに知ってもらい知ることでもっと喜んでもらいたいですーということを書いていきますね。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

カプチーノとは

30ccのエスプレッソにスチームドミルクを約140cc注いで出来上がったものです。
スチームドミルクとは、スチームで温めたミルクなのですがそこに空気を混ぜ込んで泡をつくる、泡のあるホットミルクのような感じです。

 

img_3960

 

カプチーノのミルクはだいたい65℃くらいに温めます。
65℃ってぬるくない?そうですよね、ややぬるいですよね。

 

お酒で言うぬる燗のような温度ですね。(ちょっと違うかな)

 

なぜ65℃くらいなのかというと、牛乳の甘みがよくでる温度帯だからです。
味わいでいうミルクの最高のところなのですね。

 

なのでカプチーノの出来上がった温度はぬるいです。
ただお店によって「ぬるい」というご指摘を受けて熱めにしているお店もありますが、島珈琲そしてカフェBeでは65℃前後で提供しております。

 

エスプレッソの苦味とミルクの甘みが絶妙なハーモニーを醸しだすから。
「美味しい」の笑顔のある温度帯。

 

ミルクの泡

カプチーノのミルク、先にも書きましたが「泡」があります。
この「泡」が美味しいと笑顔をより深めるわけですが、作る時にあることをしています。

 

さてなんでしょう?

 

はい、それはですね、温めながらミルクに空気を混ぜ込んで泡を作り、その泡を細かく細かくしていくのですね。

 

細かくするとは=口含んだときにシルキーなきめ細かい泡の舌触りがあるんですね。
これが更にカプチーノを美味しくし、笑顔を深くしてくれます。

 

これにはテクニックがいって、温めるのは一瞬の作業ですが(業務用のマシンだと30秒くらい)この間に泡と泡をぶつけてより細かくことで、その舌触りが生まれるのです。

 

温めるときに泡同士をぶつける流れをピッチャーの中で作り、約30秒の間で完了するというテクニック。
これがあるからミルクの泡が、このようにスプーンを傾けても落ちないくらいの粘度を持つようになるのですね。

 

img_3961

 

これをエスプレッソが注がれたカップに上手く注ぐと、貴方の笑顔が深まるあのカプチーノができる、というわけです。

 

エピローグ

これを読むとカプチーノってなんだか、ドラマチックだね!なんて思いませんか(笑)
僕のお店、島珈琲高槻店、そしてカフェBeではカプチーノにそんな想いを持って作っています。

 

そろそろカプチーノが美味しい時季になってきましたね。
よろしければ店内でどうぞ。

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

おおきに、いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0184

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーの豆・粉は一杯何グラムが正しいのか

大阪高槻は昨日から寒くなり、涼しくなりましたねーなんて言ってたのが急転、寒くなりましたねにお声かけが

記事を読む

シーンで分けてみる お好みのコーヒーの味を探すためのヒント

実は苦味があるとか酸味がある、というのは僕たちプロからするとどちかといえば、ネガティブな表現なのです

記事を読む

ちょっと知っていると便利 コーヒーギフトを選ぶときに役立つ簡単なこと

プロローグ 島珈琲を開業してからもうすぐ13年になります 最初の頃はギフトはあまり力をいれておら

記事を読む

もう、カフェインレスが美味しくない!なんて言わせない。美味しいカフェインレス・アイスコーヒーが出来上がりました!

プロローグ 昨日、高槻店に来られ喫茶をご利用されたお客様が、メニューにしてから初めてカフェインレス

記事を読む

ブログのネタに困ったら僕が手に取るコーヒーの本

基本的にブログのネタはお客さんから頂戴しています。   コーヒー豆を購入しに来

記事を読む

そもそも 粗挽き 細挽き ってなんなのか?

今日はコーヒーを粉をするときに粗挽き(あらびき)とか細挽き(ほそびき)とか言いますが それはいったい

記事を読む

コーヒーの焙煎で、どんなふうに美味しさを作るのか

毎朝、焙煎を終えるとこんなツィートなどをしております。    

記事を読む

中煎り(中焙煎)と深煎り(深焙煎)の決定的な違いとは

プロローグ もちろん味わいの違いもあります。 中焙煎は爽やかな酸味と僅かに感じる苦味のコントラス

記事を読む

出張コーヒー教室に行ってきました!

自動思考とは怖いモンで 例えばお風呂のシャンプーの位置 シャンプー コンディショナー の順で並んでい

記事を読む

アイスコーヒーはなぜ深焙煎のコーヒーを使うのか?

プロローグ アイスコーヒーはなぜテカテカに光る深焙煎の苦めのコーヒー豆がいいのか? 深焙煎でない

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
違うの?一番美味しい時は焙煎したてのコーヒー豆なのか

昨日は友人たちと西宮・船坂にある古材問屋に行ってきました。 古材問屋

そんな簡単なこと?僕が個人経営のお店でこれ大切!と思っていること

僕勘違いしていて、高槻店は6年目だと思っていたら、今は5年目でした。

僕 島規之がオススメのコーヒーミルはこちら

最近、ブログの出だしが娘のことをかなりの確率で書いているなぁと、改めて

僕がペーパードリップで大事にしている1つのこと

娘と日本むかしばなしを見ています。 夜はだいたい20時くらいに家に帰

定番ネタ カフェラテとカフェオレの違いって何か

昨晩はエクスマ塾69期の同窓会でした。   個性

→もっと見る

PAGE TOP ↑