*

甘酒はございません!  が・・・

公開日: : 日々他愛のないこと

 「もうしあげます!」
「なんじゃ 騒々しい」
「はっ  この決戦の勝負所は子の刻(午前0時)かと存じ上げます!」
「真夜中が勝負時じゃと申されるのか」
「御意! なれば全軍進軍すること ご決断を」
「勝算は?」
「恐れ多きことながら 勝算は五分と五分 勝負は時の運にござりまする!」
「さようか・・・わかった ならば皆のもの! 出陣のよういじゃ!」

ぼおぉ~ ほらがいの音

ということで 僕の心の中の葛藤の模様でしたが

決めました

31日から元旦にかけて 深夜営業をすることに

徹夜は苦手なんで考えがなかったのですが
島珈琲高槻店から天神さんよりに古くからある
とっても有名な古賀天神眼科の会長さんから
背中をおしてもらいまして 決断しました

上宮天満宮は日本で2番目にふるい天神さんで
寺の格は北野天満宮より上になるらしいです
会長さんの所見によりますと
「40年見とるけど 年一回のこの日は それはすごい人ですよ」 
と紳士な口調で言われ
とりあえず1回やってみようということで やってみます

コーヒー屋なので甘酒はご用意いたしません
ですが かわりに甘いラテ 甘酒ならぬ甘ラテをご用意して
お迎えしたいと思います(ふるまいません!有料です!)

時間はあえて決めません 晩10時半くらいからぼちぼちはじめて
明け方 暇そうになったら一旦しめて 再び午前10時から再営業いたします

ということで みなのもの 出陣の用意じゃ!(って 深夜は僕一人で営業します・・)

甘ラテのもとの正体はこれ!
そう 皆さんご存じの島珈琲の人気商品
コーヒーシロップだ

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

チェケラッチョ

 豊中 島珈琲のお店の前に置いてある トネリコ きってもきっても 剪定してもあっっちゅーま

記事を読む

バカにしないで やってごらん

 経営とは 思うに プールの水をおちょこでくみ出していく そんな とてつもなく途方のないこ

記事を読む

20連投

 12月16日を最後に 今日まで休みなしで20日間働きました とてもとても忙しくさせてもら

記事を読む

深呼吸

 深呼吸して 今回 準備がほぼばっちりいきまして 余裕のよっちゃんいか状態です 明日こそ何

記事を読む

こつこつと学ぶ 相手を理解すること 

今朝は起きると少し蒸し暑く 涼しかった朝の空気が 夏に1歩後退し 秋を少し遠ざけるような 気温で

記事を読む

おうちにかえろう

 ということで 今日は奇跡的にはやく仕事が片付きました! 年末の追い込みでバタバタばたこさ

記事を読む

no image

いらち

昨日 帰宅し娘がテーブルの下をはいはいしているところを見ながらご飯をしていたのですがふとテレビをつけ

記事を読む

臨界点

 休みが見えてきたから感じるのか 身体がほんとに限界に感じているからか どっちかわからない

記事を読む

no image

意志はある

 日記を毎日 他愛のないことも含め 毎日書くことに意味があると言い聞かせているけど 最近 

記事を読む

最近 スシローに通ってます で 思うこと

最近 月曜日はカフェBeの日ですが 最近はスタッフに任せ おかげ様で休みを 頂けることが多くなり 感

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
短パンコーヒーを美味しく飲もう!おうちで楽しむコーヒーの基本的なこと

短パンコーヒーがいよいよ全国に発送され、本日より順次皆さんのお手元に届

島珈琲の通販のお買い物をもっと便利に

島珈琲は岡町本店と高槻店があり、姉妹店にカフェBe店、この3つのお店を

変わらぬ思い コーヒーはたのしむもの

昨日の書いた記事を読み返していました。   あっ

カップとスプーンの置き方に決まり事はあるのか

最近、嬉しいことに娘が「お店」に興味を持っているようで、しきりに「大き

ブラックコーヒーを飲むきっかけは何か

僕がコーヒーに興味を持ったのは、高校生の時。 チェーン店であった珈琲

→もっと見る

PAGE TOP ↑