*

季節の変わり目に選びたいコーヒー豆

プロローグ

僕は大阪の高槻で生活をしております。
大阪と京都のちょうど真ん中くらいの位置で、都会の部分と田舎の部分が上手い具合に混ざっている、そんな心地良い街です。

 

少し走ればのどかな田んぼの風景があり、公園で緑豊かな風に吹かれてのんびりできる場所もある、そんな街です。

 

夏も冬もごく一般的な気候で、これを書いているこの日の朝は肌寒いくらいの気温、バイクで走ると夏のかっこうでは寒いくらいでした。

 

季節の変わり目ですね。
虫の鳴き声が秋色になってきましたね。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

img_3899

 

 

季節の変わり目にあうコーヒーは?

このブログでも何度か書いて来ましたが、人の味覚は季節によって少し変化します。
夏は酸味をよく感じ、冬 寒くなれば苦味をキャッチしやすくなっています。

 

この季節の変わり目になると気候と気温が不安定になるとともに、味覚もやや不安定になるようです。

 

これは科学的に証明されていることではなく、僕が勝手に思っていることですが、いつもの味とちょっと違うんですと言われ相談されるお客様が多くなるのは、こういった季節の変わり目の時が多いのですね。

 

気候や気温によって、それによって体調が変わり、味覚は変わる、そんな感じでしょうか。

 

同じメーカーの同じ味のカップラーメンをめっちゃ暑い気温のところで食べるのと、めっちゃ寒い気温で食べるのと全然感じ方が違いますからね、よければいつか試してみてください。

 

それで季節の変わり目にあうコーヒーはどれが良いかでしたね。

 

特に好みがないならば

好みがあればそれを飲むのが良いと思います。
春夏秋冬、同じコーヒー豆でも感じ方が違う、味わいのキャッチのしかたが違うことを楽しむのもオススメです。

 

ないのであれば、深焙煎のものが良いですね。
これから10月 秋に向けて少しずつ気温が下がってくるはずなので、苦味のあるコーヒーの方がより美味しく感じる季節になります。

 

なので、どれにしようかなぁと思ったらちょっと苦味のある深焙煎の方がオススメです。
もう一つの理由は、深焙煎のコーヒーなら暑い日があったら、アイスコーヒー用の豆としても使えるからです。

 

エピローグ

まぁ、おうちで飲む時はそこまで考える事もないかと思いますが、毎回味がなんか違うねんなぁと悩んでいる方は解決の一つとして、この時期は深焙煎のコーヒーを選ぶってことも良いでしょう。

 

深焙煎でいつも飲んでいるんだけど、毎回味が違うねんなぁと思っている方は、まず気候で感じ方が違うこと頭に入れて、原因を追及すれば分かるのではないのかと考えます。

 

でも実はコーヒーの味わいも一期一会と思って楽しむことが、一番悩まないコツだったりするんですね(笑)

そんな感じで季節の変わり目のコーヒーを楽しんでくださいね。

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

おおきに、いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0184

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

僕のコーヒーの始まりは珈琲館でのアルバイトからでした

昨日、ブログをフェイスブックにリンクすると、高校の時から友達がコメントをいれてくれました。 目を通

記事を読む

no image

冬の味覚

人間の味覚は夏と冬と つまり気温の差で 感じる味覚がちゃうらしい 夏は酸味を感じやすく 冬は苦味を感

記事を読む

コーヒーメーカーを置く場所がない!そんな時のコーヒー器具は?

プロローグ クリーニングのことを聞いたらなんでも知ってる、大阪吹田のクリーニングISEYAのクリー

記事を読む

どうして僕がグァテマラコーヒーにこだわるのか?

プロローグ 島珈琲のメニューなどに「僕が最もこだわるコーヒー」とグァテマラのコメント欄に書いており

記事を読む

ペーパードリップで1杯分を作るよりも、2杯分を作ると濃い味になるのはなぜか?

プロローグ 今回はペーパードリップで1杯分 コーヒーの粉10グラム~12グラムで140cc作る場合

記事を読む

北海道・東北・沖縄のお客さんに吉報 全国送料一律290円 香りあふれる便スタートです!

以前にもお知らせしました、香りあふれる便スタートです。   なんだそれは!とい

記事を読む

甘みのあるコーヒー豆をください

最近、このブログのタイトルにあるように言われ、コーヒー豆をお買い求めに来られる方が多くなりました。

記事を読む

ペーパーを濡らしてドリップするときに気をつけたいこと

プロローグ ペーパードリップの際、ペーパーを濡らす理由は以前に書きました。 そのブログはこちらで

記事を読む

ド素人の嫁さんが作る美味しいアイスコーヒーの方法

昨日のブログに書きましたように 昨晩は休肝日をとりました がんばって今日も大好きなお酒をがまんします

記事を読む

10年前より仕入れのコーヒー豆が2倍高くなった、この先をふと未来を思ってみる

超アナログの僕です、こんにちは焙煎アーティスト 島規之です。   今朝、僕のパ

記事を読む

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ドリップ?焙煎?コーヒーの香りはどこで決まるのか?

コーヒーは香りのものですよね。 特に女性はコーヒーにおいて、味わいと

甘みのあるコーヒー豆をください

最近、このブログのタイトルにあるように言われ、コーヒー豆をお買い求めに

何をするにもカクゴっているよね

さて、久しぶりにブログを書くネタが思いつきませんでした。 &nb

ブレンドのネーミングはどんなふうに決めているのか

娘はなぜかテレビの天気予報が好きで、大阪は晴れくもりやなぁとか、花粉状

教えて!グァテマラコーヒーの魅力とは

昨日は休日。 午前中で終了する娘の幼稚園の送り迎えをして、そのあとは

→もっと見る

PAGE TOP ↑