*

儲かるから?なぜ僕は喫茶店ではなくコーヒー豆屋を選んだのか

プロローグ

日曜日は、日曜日だけが営業のお店、岡町本店で営業です。
こちらのお店はコーヒー豆の量り売りのみで、高槻店のように喫茶コーナーはありません。

 

岡町本店でもやりはったらいいのに、とよく言われますがスペースのこともあり実現することは限りなく低いです。

 

変な話ですが、喫茶があるかないかで緊張感がちょっと違うのですね。
喫茶はオーダーを作り提供する以外に、配膳や洗い物もあるので、野球で言うと常にボールが飛んでくるように待ち構えておく必要があるんです。

 

お商売は水物で、ある時間に一気集中してお客さんが来られることもしばしば。
常に良いスタートを切れるように、出来ることはすぐやっておく、すぐに片付けておく、こんな意識を持ち、緊張感を持っています。

 

豆販売のみですとそこまではないので、日曜日はちょっとゆとりを持って営業しております。(笑)

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

img_3750

 

 

なぜ豆売りを選んだか

島さんがカフェや喫茶店をやったら流行るのにー、と有難いお言葉を良く頂きます。

 

なぜコーヒー豆売りを選んだかというと、1番はじめの理由はお金が無かったから。
岡町本店が僕の第一歩のお店で、開業は26歳の時。
コーヒー豆売りのみか、喫茶も併設するかで投資する金額も全然違ったんです。

 

最初は喫茶を併設できるほどの資金が無かったから。

 

高槻店ではなぜ喫茶コーナーはおまけに?

今もお金はありませんが(笑)、島珈琲に信用ができて銀行さんがお金を貸してくれるようになりました。

 

なぜ高槻店は喫茶はサブで、喫茶(カフェ)をメインにしなかったのか。
コーヒー豆販売をメインにしたのか。

 

それは、焙煎が大好きだからなんです。
このコーヒーの焙煎が死ぬほど好きです。

 

島珈琲では喫茶1杯480円、コーヒー豆100グラム約10杯分で490円です。
同じくらいの売り上げでもね、喫茶は1杯10グラム、コーヒー豆100g。

 

どっちがより多くコーヒーを使っていますか?そして焙煎できますか?というと豆販売の方ができますよね。
同じような金額でも豆の量が多いから。

 

コーヒー豆が減れば、焙煎ができる!

これが理由です。

 

エピローグ

もちろん、これだけが理由ではありませんが、なにせ大好きな焙煎をしてたいのです。

 

そんなに楽しいのかと聞かれると、一般的な目線で見れば、それは地味な作業なので楽しいと思う人は多くないと思います、でも僕にはめちゃめちゃ面白いです。

 

焙煎って、シンプルな作業ですので、ごまかしがきかないんですね。
それが楽しいというか、スリリングというか。

 

改めて皆さんに、こんな楽しいこと毎日させてもらえて感謝です。
そして「美味しい、香りに癒される」なんて言ってもらえた時は、とっても嬉しいです。

 

そんなこんなで来週も愛情込めて焙煎しますからね!アディオス アミーゴ!

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

おおきに、いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0184

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ハンドドリップを上達させるために

プロローグ 8月の終わりを迎え、朝が少し過ごしやすくなっている高槻です。 焙煎が少し楽になってき

記事を読む

あなたはどっち派!朝飲むコーヒー、夜飲むコーヒーのオススメは?

プロローグ 結構、聞かれる質問です。 朝に飲むコーヒー、夜に飲むコーヒーオススメはありますか?

記事を読む

はじめてのコーヒーミル 手挽きと機械 どっちがいいの?

ある本を読んでいて、そこにはこうかかれていました。   ものがたくさんあること

記事を読む

オーダーを頂いたブレンドはその都度混ぜ合わせる、これ島珈琲流

プロローグ 日曜日は、営業日が日曜日だけの岡町本店へ、朝6時前に起き、車に乗り込み高槻店で荷物を積

記事を読む

豆と粉の違い コーヒー豆は香りのカプセル

プロローグ 最近ちょっと距離があいていた、障がいを持っている方の仕事を増やそうプロジェクト。 寒

記事を読む

改めて店舗紹介 なぜならあまり知られてないから 笑

プロローグ 昨日はお休みを頂き 梅田までセミナーを受講してきました マーケティングのセミナーでし

記事を読む

最後のコバン  ~ルーツ~

島珈琲といえば グァテマラいつもグァテマラのラインナップにはこだわったコーヒーを選んでおりますコバン

記事を読む

コーヒーを美味しく飲むために、1番大事なこと

プロローグ 最近、同じような内容のことを書いているような気がするなぁなんて思っていますが、気にせず

記事を読む

ハワイ島で過ごしたコーヒー農園を思ふ

時に香りと一緒に記憶を呼び起こすことってありますよね。 あ、この香り あの時の香りだ、記憶の一部分

記事を読む

TANPANCOFFEEを美味しく飲むためのコツ

あの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さんプロデュース TANPANCOFFEEが全国の皆さんの手に続

記事を読む

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ブレンドのネーミングはどんなふうに決めているのか

娘はなぜかテレビの天気予報が好きで、大阪は晴れくもりやなぁとか、花粉状

教えて!グァテマラコーヒーの魅力とは

昨日は休日。 午前中で終了する娘の幼稚園の送り迎えをして、そのあとは

どうなる?週1回の営業でお店は出せるの

今までも沢山ご相談に乗りましたが、現在でも時々カフェ開業に関するご相談

ブレンドコーヒーの味わいは、どこに目を向けるともっと楽しくなるか

ブレンドコーヒーと言えば、皆さん何を想像しますか? いろんなコーヒー

焙煎機をメンテナンスをすると、コーヒーの味わいがどう変わるの?

昨日、一昨日と高槻店業務終了後、焙煎機のメンテナンスをしました。 1

→もっと見る

PAGE TOP ↑