*

儲かるから?なぜ僕は喫茶店ではなくコーヒー豆屋を選んだのか

プロローグ

日曜日は、日曜日だけが営業のお店、岡町本店で営業です。
こちらのお店はコーヒー豆の量り売りのみで、高槻店のように喫茶コーナーはありません。

 

岡町本店でもやりはったらいいのに、とよく言われますがスペースのこともあり実現することは限りなく低いです。

 

変な話ですが、喫茶があるかないかで緊張感がちょっと違うのですね。
喫茶はオーダーを作り提供する以外に、配膳や洗い物もあるので、野球で言うと常にボールが飛んでくるように待ち構えておく必要があるんです。

 

お商売は水物で、ある時間に一気集中してお客さんが来られることもしばしば。
常に良いスタートを切れるように、出来ることはすぐやっておく、すぐに片付けておく、こんな意識を持ち、緊張感を持っています。

 

豆販売のみですとそこまではないので、日曜日はちょっとゆとりを持って営業しております。(笑)

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

img_3750

 

 

なぜ豆売りを選んだか

島さんがカフェや喫茶店をやったら流行るのにー、と有難いお言葉を良く頂きます。

 

なぜコーヒー豆売りを選んだかというと、1番はじめの理由はお金が無かったから。
岡町本店が僕の第一歩のお店で、開業は26歳の時。
コーヒー豆売りのみか、喫茶も併設するかで投資する金額も全然違ったんです。

 

最初は喫茶を併設できるほどの資金が無かったから。

 

高槻店ではなぜ喫茶コーナーはおまけに?

今もお金はありませんが(笑)、島珈琲に信用ができて銀行さんがお金を貸してくれるようになりました。

 

なぜ高槻店は喫茶はサブで、喫茶(カフェ)をメインにしなかったのか。
コーヒー豆販売をメインにしたのか。

 

それは、焙煎が大好きだからなんです。
このコーヒーの焙煎が死ぬほど好きです。

 

島珈琲では喫茶1杯480円、コーヒー豆100グラム約10杯分で490円です。
同じくらいの売り上げでもね、喫茶は1杯10グラム、コーヒー豆100g。

 

どっちがより多くコーヒーを使っていますか?そして焙煎できますか?というと豆販売の方ができますよね。
同じような金額でも豆の量が多いから。

 

コーヒー豆が減れば、焙煎ができる!

これが理由です。

 

エピローグ

もちろん、これだけが理由ではありませんが、なにせ大好きな焙煎をしてたいのです。

 

そんなに楽しいのかと聞かれると、一般的な目線で見れば、それは地味な作業なので楽しいと思う人は多くないと思います、でも僕にはめちゃめちゃ面白いです。

 

焙煎って、シンプルな作業ですので、ごまかしがきかないんですね。
それが楽しいというか、スリリングというか。

 

改めて皆さんに、こんな楽しいこと毎日させてもらえて感謝です。
そして「美味しい、香りに癒される」なんて言ってもらえた時は、とっても嬉しいです。

 

そんなこんなで来週も愛情込めて焙煎しますからね!アディオス アミーゴ!

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

おおきに、いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0184

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

奥が深い

 どんなことでもそれ自体は単純な作業だが  突き詰めれば奥が深く ひとつひとつに深い意味あ

記事を読む

脳のなかは野菜とコーヒーでいっぱい

 ふと手にした手ぬぐいが自分の背中をおしている 野菜を売りたい 農家の人が大切に育てた野菜

記事を読む

決断 そして 前へ

 カフェBeは社会福祉法人北摂杉の子会が経営するカフェである その運営全般を御願いされ 島

記事を読む

この粉の量 3日くらいで飲み干してしまうけど、それでも冷凍保存がいい?

昨日は島珈琲の通信販売ができるホームページのちょっとリニューアルのため、僕のサイトを制作してくれてい

記事を読む

ペーパードリップの時、プクッーと粉が膨らむのはテクニックでできる事なのか

プロローグ ペーパードリップはほんとにいろいろな事があって面白いですよね。 世界のコーヒー文化を

記事を読む

加糖・微糖・無糖 どのコーヒーがお好き?

プロローグ コーヒーにお砂糖を入れる。 ブラックで飲むコーヒーとはまた別の顔をみせてくれますよね

記事を読む

焦げた苦味は本来持つ コーヒーの苦味ではないのだ

プロローグ 先日、お客様に「コクはあって欲しいけど、苦味はあまりいらないんです。そんなコーヒーあり

記事を読む

微調整

 僕の使う 高槻店の焙煎機はすごく繊細だちょっと動作で 微妙にコーヒーの味わいに変化が起こ

記事を読む

ドリッパーの違いで何が変わる?

さて今回は ドリッパーの違いで味がどう変わるのかを記事にしたいと思います こんにちは 焙煎アーティ

記事を読む

またやりましょう!

 迷いに迷って行って来ました 見山の郷 ついたのは15時で少しくらいは野菜が残っているだろ

記事を読む

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
中煎りと深煎りのコーヒー豆 どっちが人気があるの?

昨日は休日でしたが、午前中は障がい者支援施設とコラボしているカフェBe

コーヒー焙煎するお店にはどんな許可が必要か。

今回はちょっと趣向を変えて、お店を開業したい方むけのお話を。 カフェ

資格はいるの?コーヒー焙煎に資格はいるのかというお話

この時期になるとどうしても昔のことを思いだしてしまいます。 &n

島さんは、コーヒーの味わいはどこで決まると思ってますか?

今日は娘の保育園の卒園式です。 その後は、奥さんが娘と一緒に幼稚園の

昔のコーヒーは美味しかった!は、ほんとうなのか?

本日はこんなツィートをしました。    

→もっと見る

PAGE TOP ↑