*

これを知ると島珈琲のブログを10倍楽しく読める

基本的に僕のブログはコーヒーの事をメインに書いています。

 

お客様から質問のあったこと、会話の中で僕がハッと気づいたこと、自分のやっていることから「こんな事知らないだろうなぁ」と思うことなどなど、リライトを含めながら、月曜日を定休日にして週6日書いています。

 

知らなくてもいいことなんですが、僕がブログを書くときに、読み手の皆様が読みやすいようにこんな工夫をしてますよーってことを今回は書きたいと思います。

 

それを知ることでさらにブログが楽しくなったりするのではーと何となく思ったのと、ブログを書いている方の何かの参考になったら嬉しいなぁと思っています。

 

僕のブログは1000文字くらいを目指して書き上げています。
読む方がだいたい1分で読める程度の文字数です。

 

日々忙しいうちの1分なら読む時間が惜しい、とは思わないかぁと思っております。

 

基本的に検索エンジンのことはわからないので意識しておりません。

 

主題に対し構成はプロローグ・副題・副題・エピローグと4つに分けて構成しています。
主題の内容が長くなりそうなときは、エピローグから主題に入っていきます。

 

主題の内容が3つの構成で書き上がりそうな時は、プロローグは日記を書いてます。

 

日常のちょっと感じた事、主題とは全く関係ないことを書いて、島規之ってこんなことを感じたり、時間を過ごしたりしてるよーと個人的な事を書きまして島規之の近況を報告し、こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です、と毎回いらない自己紹介を書き(笑)、そこから主題に踵を返します(内容を180度向きを変えます)。

 

そして残りの3部の構成は、序破急です。

 

序 静かにゆっくり事が始まる。

破 突然「事」が広がりドラマティックな展開になる。

急 急速に完結していく。

 

僕のブログの構成は、4部構成で、日記のあとに主題に入り、序・破・急という感じです。

 

このパターンで大抵のブログ文章を組み立てます。
意識しているのは映画の予告のような感じですね。
映画の予告って短いけども、なんか凄く惹きつけますよね、そんな感じですね。

 

そしてなぜ4部構成にするのかというと、パターンがある方が分かり易いでしょ。
時代劇でも、そろそろ水戸黄門の紋所がでてくるころだなぁ、みたいな感じで、ある一定のパターンがある方が読みやすいかなぁと考えています。

 

基本的にはこんな感じです。
長くなりそうな話、短い説明ですみそうな話の判断は、これは長くやっていると書く前に判断できるようになります。

 

なので、最初に日記をはさもうか、それともいきなり本題に入っていった方がいいのかは、ここは長年のカンになりますね。

 

こんな感じで皆さんが楽しんで、僕のブログを読んでもらえたらなぁと思っております。
今後ともよろしくお願いしまこーひー。

 

それでは、また明日、ちゃお!

 

IMG_3692

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

おおきに、いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0184

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

焙煎

最近 奥歯が痛い痛いというか 痛かゆいなんで歯が痛いと集中力をそがれるのだろうかしかし それくらいで

記事を読む

島珈琲の野望2017

親父は公務員でした。 コンピュータが好きで、まだあまり一般家庭にはない時にも僕の家には新しいパソコ

記事を読む

コーヒーにおける 「えぐみ」について考えた

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 写真は本文と関係ありませんが 生産国でコーヒー生豆の

記事を読む

人は悲しかったことや つらいことの方が記憶している

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   最近まで娘が風邪をひいて

記事を読む

開業してから12年間守り抜いているもの

今月10月23日木曜日は勉強会(のようなもの)に出席するため その日は臨時休業を頂きますね 何回も休

記事を読む

なぜ僕がカフェじゃなくて、コーヒー豆屋を選んだのか

プロローグ 岡町本店は2002年3月29日にオープンしました。 カフェを開業しようと思えば、設備

記事を読む

中煎りとか深煎りは つまり 焙煎時間の差

プロローグ 「人生はチャンスだ!」この言葉好きです 人生そのものがチャンスなんですよね 限られた時

記事を読む

過度に落ち込まないために

プロローグ 先日、フェイスブックだけにですがテレビに出るかもしれません!決まったら報告します!と意

記事を読む

深焙煎に向く豆、中焙煎に向く豆、それとも二刀流?

コーヒーの焙煎度合いは一般的に、ライト・シナモン・ミディアム・ハイ・シティ・フルシティ・フレンチ・イ

記事を読む

島さんにとってコーヒーとは何ですか?

さて1月17日火曜日は高槻店、臨時休業を頂きます。   16日月曜日と17日の

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
短パンコーヒーを美味しく飲もう!おうちで楽しむコーヒーの基本的なこと

短パンコーヒーがいよいよ全国に発送され、本日より順次皆さんのお手元に届

島珈琲の通販のお買い物をもっと便利に

島珈琲は岡町本店と高槻店があり、姉妹店にカフェBe店、この3つのお店を

変わらぬ思い コーヒーはたのしむもの

昨日の書いた記事を読み返していました。   あっ

カップとスプーンの置き方に決まり事はあるのか

最近、嬉しいことに娘が「お店」に興味を持っているようで、しきりに「大き

ブラックコーヒーを飲むきっかけは何か

僕がコーヒーに興味を持ったのは、高校生の時。 チェーン店であった珈琲

→もっと見る

PAGE TOP ↑