*

好きこそものの上手なれ

公開日: : 日々他愛のないこと, 日記 , ,

岡町本店がオープンしたのは2002年、平成14年3月29日でした。
現在は高槻店を火曜日から土曜日までを営業し、日曜日は岡町本店を営業。
2店舗を一人で、二足わらじしている状態です。

 

スタートは岡町本店ですので、こちらにいるとふと時間があるとき、目に入る懐かしいモノから、いろんな事を思い出します。

 

あんな事があったよなー、そうそうこんなこと企画したりしてた。
仕入れのコーヒーの価格表を見て、10年でこんなにコーヒーの相場が変わるのか、なんて思ったり。

 

岡町本店を勢いでオープンさせた、といっても過言ではありません。
当時26歳、今思えばコーヒーの事も経営の事も何もわかっていませんでした。

 

ですので、当然コーヒー豆は売れることなく、お店の売り上げだけでは何ともならなかったので、早朝3時に起きて産経新聞の朝刊配達のバイトをしてました。

 

その販売所でも一番広く配達が多いエリアが僕の担当でした。
1度で配達を終わらせたい、途中販売所に戻るのが面倒だったので、むりくりに荷台に新聞を積み、坂にバイクを止めた時、バランス崩してよくバイクをこかしていたことは今になれば笑いばなしです。

 

配達が終わると少しだけ仮眠して、10時から開店するお店へ。

 

19時に店を閉めて、次の日も3時起きなので早めに床につく、そんな毎日。
その生活の中での楽しみは、朝刊を配るときエレベーターの中で産経抄のコラムを読む時間。

 

その当時は菊池寛賞を受賞した石井英夫さんが書いており、その季節感の表現や、風刺、世論などコラムという限られたスペースに上手くまとめ、そして伝える文章に毎日の展開を楽しみにして読んでいました。

 

毎日書くってどんな気持ちだろう、どんな感じだろう、言葉をどうやって見つけているのだろう、毎日ってすごいなぁって思いながら、読んでいたこと思いだします。

 

今こうしてブログを書いているのも、コラム好きが生じて、って所が実は大きいですね。

 

コラムニストでご飯を食べて行きたい、とは思わないけどもコラムみたいなブログを書いて、読んでいる人がちょっと幸せになったり、コーヒーのことで何かのヒントになったりして貰えたら嬉しいなぁって、なんて想いながら、いつも書いています。

 

IMG_3545

 

たまにこうして石井英夫さんの過去の産経抄を読み直すと、綺麗な日本語とか、表現とかもっともっと吸収したいなぁと思ったり。

 

これがコーヒー屋にとって売り上げや経営に関わる勉強かというと、そうではないかもしれないけど、感性を磨く為には必要なことかなと。

 

そしてブログを書く理由は、自分が好きで楽しいと思っているから。
好きこそものの上手なれ。
楽しい事をしながら、誰かに貢献できたら、貢献できる形として理想の形ですよね。

 

そんな感じでこれからもブログを続けて行きたいなぁと思う、島珈琲14年目の半ばに辿り着いた午後。

今日はそんな他愛のないことでした、たまにはね。

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

おおきに、いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0184

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

まいど!

 あいさつで まいど1号! と叫んでも ほとんど反応がないくらい知名度の低い 人工衛星だっ

記事を読む

no image

いこかもどろか

 聞かれれば  呑むために生きるのか 生きるために呑むのか 甲乙つけがたい 僕はビール党

記事を読む

嫁のひとこと

朝が寒い 手荒れがひどくなるので 朝 顔を洗うとき お風呂に入るとき以外はお湯を使わない 外の

記事を読む

no image

謙虚でありたい

  僕の周りには とても謙虚な方がたくさんいる 今日はそのうちの一人の方と たくさんお話を

記事を読む

心穏やかになるために 心がけていること

プロローグ 職人に憧れてコーヒー焙煎屋を選びましたが、もちろんお商売をしているので商人でもあります

記事を読む

よびすてか

 今日も ぷれいすBeの利用者のK君が 実習を13時から15時まで はいってもらいました

記事を読む

コーヒーはどんなときに飲みますか?

プロローグ 島さんはいつブログを更新しているのですか? と、先日お客様に聞かれました。だいたい朝

記事を読む

岡町本店を改装したい!

 先日 高槻店を設計 施工して頂いた カーブアーキテクツの明木さんに 表の看板の修理に来て

記事を読む

温顔無敵

 高槻店を出店するにあたり 本店の機能を高槻店に移動させます しかし 岡町店は我が島珈琲の

記事を読む

職人だからこそ、「のほほん」と心穏やかに

プロローグ 僕は火を扱える職人になりたい、という願望と、お客さまと直接お話して販売やサービスをする

記事を読む

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ただ ただ 感謝 ただ ただ ありがとう

    おかげ様で 島珈琲は開

中煎りと深煎りのコーヒー豆 どっちが人気があるの?

昨日は休日でしたが、午前中は障がい者支援施設とコラボしているカフェBe

コーヒー焙煎するお店にはどんな許可が必要か。

今回はちょっと趣向を変えて、お店を開業したい方むけのお話を。 カフェ

資格はいるの?コーヒー焙煎に資格はいるのかというお話

この時期になるとどうしても昔のことを思いだしてしまいます。 &n

島さんは、コーヒーの味わいはどこで決まると思ってますか?

今日は娘の保育園の卒園式です。 その後は、奥さんが娘と一緒に幼稚園の

→もっと見る

PAGE TOP ↑