*

ドリップするお湯の温度は何℃が美味しいの?

プロローグ

どうして、いつもいつもブログのネタがあるのか。
僕自身も時々不思議に思いますが(笑)、続けていると観察力とか、あと脳が何かネタを探す脳になってしまっているのですね。

 

朝起きたら顔洗って歯磨きをする、みたいな毎日の習慣にしてしまうとそうなるようです。
でも、ネタがなくて困ってしまうこともあり、野球で言うスランプみたいな状態は年に数回ありますね。

 

あとは有り難いことで、お店でお客様がいろいろとコーヒーのことをご相談してくれます。
おうちで美味しいコーヒーを淹れるにはどうしたらいいの?それに関しての様々な内容です。

 

それをブログでお答えする、そのこともブログのネタとして活用させてもらっています。
さて、昨日はこのブログのタイトルにある、ドリップのお湯の温度は何℃が美味しいのですか?と質問がありました。

 

これを書いていきますね。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

何℃が美味しいのか?

僕がドリップするとき、ペーパードリップで1杯を淹れますが、この時お湯の温度は94℃にしています。
それはなぜか?

 

IMG_3517

 

 

お湯の温度は80℃くらい~97℃くらいの幅でコーヒー屋さんによって言うことがバラバラなんですが、この間の温度で湯温が低いほど、良い味も出にくいけど悪い成分もでにくい、高温になるとその逆になります。

 

味わいはドリップする湯温が低い方がまったりし、湯温が高い方がシャープになる、そんなふうに感じています。

 

湯温が低いと出来上がりの温度も低いわけで、沸かし直しをしないと「熱いコーヒー」にはなりません。

 

僕は沸かし直しが好きでないのと、94℃淹れるシャープな味わいが好きなのと、ミルクや砂糖を入れて飲むとしてもコーヒーの飲み頃の温度が保たれること、この3つの理由でお湯の温度を94℃に設定し、ドリップしています。

 

87℃じゃダメですか?

お客様のご質問はこうでした。

 

87℃がダメなのかというとそうはありません。
そのお客様はコーヒーに何も入れずブラックで飲むとのことでした。

 

その温度で淹れたコーヒーが美味しいと言われていました。
ブラックで飲むなら出来上がりの温度も冷めはしませんね。

 

僕の考え方は何℃じゃないと美味しいコーヒーは出来ない、というものではありません。
そのやり方で美味しければ、それが正解です。

 

何が正しいではなく、どのやり方が美味しかったか、これが一番重要なのです。
コーヒーの本やインターネットを見ると様々なことを説明されていますが、その中でどのやり方がご自身にとって美味しかったか、これが一番大事です。

 

その「美味しい」と思ったやり方に、得た知識などをまた取捨選択しながら枝葉をつけて行けば良いのですね。

 

エピローグ

人がどう言おうと、あなたの「美味しい」が正解です。

 

味には人それぞれ好みがありますので、ご自身の感じる「美味しい」を大事にしてもらったら、きっと迷わないと思います。

 

ただ昨今、様々な情報があまりにも多いので迷ってしまいますよね。
基本的なところでこのやり方があってるのかなぁと思う方は、直接僕に聞いて下さいね。
喜んで説明します!

 

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

おおきに、いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0184

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

スィート コロンビア

  今年のコロンビア アンデスコンドル 甘い とにかく甘い 特に中焙煎のマイルド焙煎 ミデ

記事を読む

麻袋の使い方だよ!コーヒー生豆の袋の使い道

プロローグ 麻袋と書いて、僕たちは「マタイ」と呼んでいます。 僕は普通と思っていましたが、マタイ

記事を読む

どんどん上がるコーヒー豆 どうする島珈琲?

プロローグ 今日はどんどん上がるコーヒー豆の価格について、今後僕はどう考えているのか。 どうした

記事を読む

カフェオレベース動き出す

JUGEMテーマ:おすすめカフェスイーツ  牛乳で4倍に割ったら 懐かしいミルクコーヒーが

記事を読む

コーヒー豆から粉へ、何分前に粉にしたらよいのか

プロローグ 今、僕が出版するコーヒー本の原稿の大詰めに入っています。 何をしているのかというと、

記事を読む

チェンジ

昨日は早朝にチラシをポスティングしてきました焙煎アーティスト流 美味しいアイスコーヒーのいれ方DVD

記事を読む

コーヒーの味わいの「フルーティ」を考える

コーヒーの味わいでフルーティと言われるとどう思う? 先日、ご近所のチーズ専門店のフロマジュリー&a

記事を読む

「いい加減」じゃなく 「良い加減」のいい加減

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   昨日 島珈琲の高槻店で近々「チー

記事を読む

アイスコーヒー用のコーヒー豆の用途は、アイスコーヒーだけなのか

プロローグ 島珈琲のメニュー表に、アイスコーヒーのブレンドというブレンドがあります。 これはドリ

記事を読む

実はアイスコーヒーにも色々種類があるんです

プロローグ 今日はアイスコーヒーもいろいろな種類があって、それぞれに個がある味について書いていこう

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
短パンコーヒーを美味しく飲もう!おうちで楽しむコーヒーの基本的なこと

短パンコーヒーがいよいよ全国に発送され、本日より順次皆さんのお手元に届

島珈琲の通販のお買い物をもっと便利に

島珈琲は岡町本店と高槻店があり、姉妹店にカフェBe店、この3つのお店を

変わらぬ思い コーヒーはたのしむもの

昨日の書いた記事を読み返していました。   あっ

カップとスプーンの置き方に決まり事はあるのか

最近、嬉しいことに娘が「お店」に興味を持っているようで、しきりに「大き

ブラックコーヒーを飲むきっかけは何か

僕がコーヒーに興味を持ったのは、高校生の時。 チェーン店であった珈琲

→もっと見る

PAGE TOP ↑