*

1500回まであと少し!

公開日: : 日々他愛のないこと

 このブログをこつこつ書き続けて
1500回目に もうすぐのところに来ました

書くことで売り上げがググーンとアップしました!
てなことはありませんし 
書いたことで ものすごくええ話がきたんですよ!
てなこともありません

でも 島規之と島珈琲が どんなやつで どんなお店なのかは
ゆっくりとアピールできたかなぁ と思います

これからも僕の考えてること 思っていること
なんとなく伝わればいいなぁ と思ってます

続けることによって 何か飛躍してよくなることは
今後もないと思いますが
続けようと決めた意志とその習慣は
僕にとってものすごくプラスになっているはず

そして いつも読んでくださっている皆様にも
心から感謝し 1500回目を通過点として これからも
自然体でがんばりたいと思いまーす

今年中には到達できそうです!
次は目指せ2000回

2000本安打で名球会入りのように
2000回書いたらなんかないんかなぁ・・・笑

いつもありがとうございます!

日本で唯一人 焙煎アーティスト

先日 万博公園で太陽の塔を真下から見たんですが
これをつくるのにどれだけのコンクリがいったんだろ?
なんて馬鹿なこと思ってしましました
でかいなぁー

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

現代国語と聞いて 1つ思いだすこと

島珈琲のお客様に 高等学校で現代国語の先生を されている方がいます ある会話から ご職業は?と僕がお

記事を読む

深夜と早朝の境目

 高槻店をオープンさせてから あまり熟睡ができていない寝るとき以外 いや寝ているときも仕事

記事を読む

努力なんて無駄なもんだ

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   僕は中学の頃 陸上部で長

記事を読む

no image

寒いのでハワイアン

 あんまり寒いから 気持ちだけでも南国に と カフェBeのBGMにハワイアン ならびに カ

記事を読む

no image

このブログだけは・・・

最近 スタッフの中村はカフェBeに勤務してもらっています 木曜日は高槻店にはいってもらうので ブログ

記事を読む

アホの坂田を見て メンタルのタフネスさのこと考えた

こんにちは! 焙煎アーティスト 島規之です 昨日はカフェBeで13時まで仕事をしまして半休

記事を読む

ピッチをあげて

最近 娘がニコッと頻繁に笑うようになりました 家に帰り 娘を見ると 娘はニコッとしてくれます 僕の元

記事を読む

no image

やけました?

 しまさん やけました? いいーーーや  日中長い時間外に出ることなどないので 思い当たる

記事を読む

ファイティングエナジーに火をつけろ!

  昨晩 布団に寝転んで本棚にあった本を手に取り ウトウトするまで読んでおこうと思って読み

記事を読む

no image

あっというまの1年

娘がもうすぐ1歳になる自分の1年よりも早く感じるのはなぜか?つい先日 うまれたと思ったら はいはいし

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒーは不老長寿の万能薬と言われてたってホント?

どうせ千年もない人生さ 涙も笑え 笑いとばせ粉々に  

ハワイ島でコーヒーの素材を「見抜くの目」が育ったというお話

先日、奥さんにある相談をしました。   島珈琲社

コーヒーの香りをドリップで引き出す方法はあるのか?

昨日、母から電話がありました。   少し先ですが

考えよう、障がい者の働くを

昨日は久しぶりの島珈琲社会貢献部の活動でした。  

こんな方法でコーヒーを味わうのはいかが

料理も人もええところを伸ばす、というのが僕が思うところです。 数年前

→もっと見る

PAGE TOP ↑