*

1500回まであと少し!

公開日: : 日々他愛のないこと

 このブログをこつこつ書き続けて
1500回目に もうすぐのところに来ました

書くことで売り上げがググーンとアップしました!
てなことはありませんし 
書いたことで ものすごくええ話がきたんですよ!
てなこともありません

でも 島規之と島珈琲が どんなやつで どんなお店なのかは
ゆっくりとアピールできたかなぁ と思います

これからも僕の考えてること 思っていること
なんとなく伝わればいいなぁ と思ってます

続けることによって 何か飛躍してよくなることは
今後もないと思いますが
続けようと決めた意志とその習慣は
僕にとってものすごくプラスになっているはず

そして いつも読んでくださっている皆様にも
心から感謝し 1500回目を通過点として これからも
自然体でがんばりたいと思いまーす

今年中には到達できそうです!
次は目指せ2000回

2000本安打で名球会入りのように
2000回書いたらなんかないんかなぁ・・・笑

いつもありがとうございます!

日本で唯一人 焙煎アーティスト

先日 万博公園で太陽の塔を真下から見たんですが
これをつくるのにどれだけのコンクリがいったんだろ?
なんて馬鹿なこと思ってしましました
でかいなぁー

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

お金で買える信用

世の中で 信用を得るには お金で買えないものの方が多いと信じたいしかしお金で買える信用もある島珈琲オ

記事を読む

あと少しじゃあないか

そうです あと少しです 幾多の忘年会を乗り越え 幾多の新年会の最中なので 血中アルコール度は高いか

記事を読む

言葉の力

僕の1週間は 日曜日が岡町本店で仕事 月曜日が高槻郡家本町カフェBe店で仕事 火曜日から土曜日が島珈

記事を読む

大手の研究 やっぱりすごい!

 昨日はパソナハートフル様に見学に行って参りました本日 午前中は障がい者支援施設サニースポ

記事を読む

no image

ぐわっと

書きたいことがあると ぐわっと書きたい文が津波のように 頭の中をどどっーんと押し寄せてくるが ない時

記事を読む

ぞくぞくと

ありがたいことで取材が重なって入りまして まだまだ島珈琲の存在を知らない方に アピールできる機会をい

記事を読む

no image

消した・・・

 今 長々と日記を書いて さぁできた と思って訂正していたら ミスして全て闇に消してしまっ

記事を読む

no image

初売り

 今年 豊中の島珈琲 初売りです 最近だったらパソコンに向かうと 手が勝手に動くかの如く

記事を読む

おうちにかえろう

 ということで 今日は奇跡的にはやく仕事が片付きました! 年末の追い込みでバタバタばたこさ

記事を読む

作る時の気持ちって大事

美味しく作る、最強のコツはそのことを楽しむこと。 美味しくなれ、と愛情を込めること。 &nb

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
料理は心やで

昨晩は中学時代の友達とご飯を一緒にしました。  

アイスコーヒーに向くコーヒー、向かないコーヒー

昨晩は仕事で遅めの帰宅。 僕以外の家族はご飯が終わり、一人で晩酌をし

障がいのある方から学びを得る

障がいのある方と関わり、こうしたところで何かを記事にする時にいちいち「

焙煎技術を高め、味わいを良くしたの方法は実は○○だった

なんとなくこいうタイトルを付けるのは嫌なんです。 なんか思わせぶりで

ブログを書くというリスク

高校生の時だったかな。 FMラジオから尾崎豊が唄うLOVE WAYが

→もっと見る

PAGE TOP ↑