*

水だしのアイスコーヒーとアイスコーヒーの味わいの違いは何?

プロローグ

水だしコーヒーはダッチコーヒーとも言います。
ダッチコーヒーとは、水の点滴をゆくっりとコーヒーの粉にポタッポタッとゆっくりと落として抽出される、皆さんも見たことのあるあのコーヒーの事をいいます。

 

ダッチ=オランダです、何故ダッチコーヒーと呼ばれているのか。
インドネシアを植民地にしていたオランダは、インドネシアで栽培されているコーヒー、ロブスタ種という苦味のあるコーヒーを優しい味わいにするためにオランダ人が考えた抽出方法なんです。

 

だからダッチコーヒーといいます。
世間では水だしコーヒー=ダッチコーヒーとしても通用しています。

 

ただダッチコーヒーと水だしコーヒーはやや違うところがあり、本来は一括りできないところでもありますが、一般的には同じ様な取り扱いになっていますね。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

水だしのアイスコーヒーとアイスコーヒー、味わいの違いは?

さて、水だしでつくるアイスコーヒー、そしてドリップで淹れたコーヒーを冷ましたアイスコーヒー。
味わい、どちらがどうなのか、今回はここを説明していきますね。

 

IMG_3467

 

水だしコーヒー、島珈琲では水だしコーヒー用に挽いたコーヒーの粉80gを水出し麦茶などにも使うパックに入れてフタを閉め、それを1.3リッターのお水につけて8時間冷蔵庫で寝かしたら出来上がるようにしています。

 

水だしコーヒーの抽出する大きな特徴として熱を使わない、というところにあります。
一番身近な例えで言うと、野菜を生で食べるか、炒めて食べるか、かなり食感も味わいも変わってきますよね。

 

水だしコーヒーはそれでいう、生野菜の方に当たります。
そして粉をかなりの時間浸けていますので、コーヒーの粉の香りが直接、水の方へ移るということです。

 

コーヒーの液体から香る香りは、普通のアイスコーヒーよりも、水だしコーヒーの方が質感があると感じています。

 

水だしコーヒーには独特の味わいがある

かりに同じコーヒーの粉を使い、水だしコーヒーと普通にドリップして冷却したアイスコーヒーを作ったとします。

 

飲み比べるとよく分かるのですが、まるで違う飲み物のように感じることでしょう。

 

味わいにどういう違いがあるかというと、水だしのほうがコーヒーの粉を直接浸している分、コーヒーの成分がよく出て、液体に厚みを感じます。

 

但しお湯の場合でしかでないコーヒーの成分というのもあるはずです。
ドリップのアイスコーヒーにしても水だしのアイスコーヒーしても、それぞれにしかない味わいになります。

 

ワインで言うと、白がドリップ、赤が水だし。
お味噌で言うと、白みぞがドリップ、赤だしが水だし。

こんな感じです。

 

エピローグ

たまに思いついた時に、アイスコーヒー教室などするのですが、その内容の中で、水だしコーヒーとアイスコーヒーを飲み比べてもらうことをすると、初めての方はその味わいの違いにびっくりされます。

 

家ではなかなかできないですからね。

 

気が向いたらまたそんなアイスコーヒー教室もしたいと思います。(どうかな?笑)

 

ということで、水だしアイスコーヒーと普通のアイスコーヒーの味わいの違いについてでした。
島珈琲の水だしコーヒーの通販はこちらから。
http://www.shima-coffee.com/qck-0008/

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

おおきに、いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0184

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ドリップバッグの試作はこうしてつくられる物語

プロローグ 出版するコーヒー本の原稿見直し、修正が思うように進まない。 僕は今年で41歳になりま

記事を読む

ドリップするときのお湯の太さの違いで結果はどうなるの?

もうちょっとです。 僕のコーヒー本、まだかまだかと聞いてくださっている皆様に朗報です。 いよ

記事を読む

ドリップするときのお湯の細さ、太いとダメなの?

昨日は娘の幼稚園で夏祭りが開催された様子。 奥さまも準備の段階から手伝い、昨日が本番。 &n

記事を読む

変わらぬ思い コーヒーはたのしむもの

昨日の書いた記事を読み返していました。   あっ!と思ったのは、撮った写真が間

記事を読む

粉の量をいつもと同じで濃い味を作るドリップ方法

プロローグ 今日は1月2日、明日は1月3日日曜日ですが、岡町本店はお休みしまして高槻店を営業します

記事を読む

たくさんあるコーヒー器具、どれを選ぶべき?

最近、娘のはやりの遊びは神経衰弱。   今はメモリーゲームっていうんですね。

記事を読む

僕のオススメのコーヒードリッパーはコーノ式の名門 円すいタイプです

プロローグ 今やコーヒーの器具も様々なものがあって、正直どれがいいのか?わからない方も多いようです

記事を読む

ご存じですか?コーヒーは濃いのが底に溜まっていることを

プロローグ コーヒーを生業にしているプロなら超当たり前の事なんですが、案外知られていないのがコーヒ

記事を読む

ペーパードリップで1杯分を作るよりも、2杯分を作ると濃い味になるのはなぜか?

プロローグ 今回はペーパードリップで1杯分 コーヒーの粉10グラム~12グラムで140cc作る場合

記事を読む

ドリップコーヒーをティファールで美味しくいれること考えた vol.1

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   今回はティファールでドリップコー

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒーの味覚を表現するにはお酒の本が参考になる

昨晩は、障がいがある方の仕事を増やそうプロジェクト、これの打ち合わせで

気をつけて!2月18日(日)は岡町本店2月の最終営業日です!

2月25日の日曜日は高槻店の前の道路が歩行者天国となり、露店がずらりと

お店によって違うコーヒー豆(粉)の袋、違いは何?

昨日は阪急宝塚線 中山観音駅 中山寺入り口のすぐにあるカフェ カフェ・

コーヒー農園の風景 ~ちょっとした豆知識~

昨晩は帰宅するのが遅くなり、娘がもうすぐ瞼が落ちるようなタイミングに家

コーヒーの99%は水なんです、というお話

昨日は箕面スパーガーデンに行って来ました。 奥さんのお母さんに、ゆっ

→もっと見る

PAGE TOP ↑