*

加糖・微糖・無糖 どのコーヒーがお好き?

プロローグ

コーヒーにお砂糖を入れる。
ブラックで飲むコーヒーとはまた別の顔をみせてくれますよね、装いを変えて。

 

僕は基本ブラックで飲みますが、砂糖を入れるならミルクもいれてキャラメルのような味わいを楽しむのが好きです。
特に暑い時など身体が疲れているときは、自然と甘いものに手が伸びますよね。

 

皆さんはいかがですか?
コーヒーはどんなふうに飲むのがお好きでしょうか。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

IMG_3296

 

 

どのタイプのコーヒーが売れているのか

リキッドタイプでは、加糖・微糖・無糖の砂糖が入っている、入っていない、もしくはちょびっと、の種類がありますね。

 

島珈琲での結果でお話するので、これが一般的な話がどうかはちょっと分かりませんが、砂糖入りと砂糖なしのニーズはどんなふうなのか、今回はここを書いていきますね。

 

島珈琲のコーヒーシロップ無糖タイプと加糖タイプがあります。
一番初めは加糖タイプのみのスタートでした。

 

加糖がそこそこ認知されてくると、次に「無糖はないの?」と聞かれるようになり、経営的に売れるか売れないかを判断し販売しました。

 

作ってる量、どっちが多い?

1回にオーダーする量が720ml入で252本。
コーヒー焙煎豆約40キロを必要とします。

 

これを1年で数回作ることになりますが、現在の段階では3:2の割合で無糖の方が多く作っています。
販売ペースから見ても、はやり無糖の方がよくでています。

 

微糖はというと、今までに2,3回「微糖はないのですか?」と記憶しているくらいですので、そんなにニーズはないと見ています。

 

無糖を購入して好きな甘さにして貰う方がよいと考えています。

 

ということでやはり無糖の方がそのニーズは多いです。
以前に比べ、健康志向やダイエットなどのことを含めて砂糖を入れない、もしくはちょびっとだけ入れる方が増えて来たように見ています。

 

これは高槻店の喫茶を見ていても感じています。

 

だからコーヒーはブラックの方が良くて、ミルクや砂糖を入れるのは邪道です、とは僕は思いません。
好きな飲み方で飲むのが一番の美味しいです。

ただ一般的には無糖タイプの方の流れになっているなぁと感じています。

 

エピローグ

夏の暑い時などは、僕は甘いのが欲しくなります。
これは皆さんも同じで、猛烈に暑い夏たけなわの時は、加糖の方がやや優勢に動きます。

 

まぁ最終的には好みの問題なので、加糖でも無糖でも好きな方を選んで、好きな場所で楽しく飲む、これが一番美味しいのかなぁと思います。

 

何の参考になるかは分かりませんが(笑)加糖・微糖・無糖に関するニーズはこんな感じです。
それでは、また。

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

おおきに、いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0184

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

一刀両断できない!切っても切れないコーヒーと水の関係

プロローグ コーヒーと水は切っても切れない関係です。 水に流して・・・と言いますが、コーヒーはそ

記事を読む

ドリップするコーヒーポットを選ぶとき、あったら便利なもの

家に帰ると「とうちゃん、おかえりー!」と4歳の娘がだっこをせがみます。   な

記事を読む

焙煎カーブをえがく

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   僕は「人生とはなんぞや」というの

記事を読む

深煎りと中煎りと同時にドリップをすると、どちらが早いか?

プロローグ 今回の記事は、けっこうどうでもよい記事なのかもと思っておりますが、まぁそんなこともある

記事を読む

何か意味があるの?コーヒー豆に付けられている名前とは

プロローグ モカ、キリマンジャロ。 どちらも大抵の方は知っていると思います。  

記事を読む

フレンチプレスで水出しコーヒーをつくったよ!

プロローグ 先日、お客様から「フレンチプレスで水出しコーヒーって出来ますか?」と聞かれ、ボクシング

記事を読む

スコーンだよーん♪

   できましたプロタイプのスコーンです! かわいいですね~♪ ついうっかり・

記事を読む

コーヒーを淹れるのに一番難しいと思うところはどこ?

昨日は娘の幼稚園の入園式でした。 年中さんで、今日から幼稚園がスタート。  

記事を読む

時間が経って味わいが深まるコーヒーもある というお話

両親に温泉旅行をプレゼントし大阪池田・不死王閣の旅館に一昨日から昨日と泊まり、おかげ様でゆっくりとさ

記事を読む

コクのあるコーヒーはどうしてつくられるの?

昨日、奥さんと月曜日のお休みの日、何をするか会議しておりました。 というのも、娘の幼稚園が午後まで

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉

夏のコーヒー豆・粉の保存で気をつけたいこと

最近なぜか子供の頃、初めて行ったプロ野球観戦のことを思いだすんです。

アイスコーヒーは専用の豆で淹れないといけないの?

今朝はゆっくり目に起きました。 繁忙期は娘が起きる前に家を出るのです

コーヒー焙煎はどこが面白いの?

コーヒー豆屋さんは(島珈琲は)、どちらかというと夏は閑散期です。

続・ペーパーフィルターの保管方法

久しぶりにコーヒーを美味しく飲むために、基本的でとっても大事なことを書

→もっと見る

PAGE TOP ↑