*

参考にしてみて、ドリップするときの小技集

プロローグ

基本、プロというのは手の抜くところを知っているものだと思います。

 

というのも、マラソンを走るのにずっと全力は無理ですよね。
ボクシングも12ラウンドを全力で行くことは、相当なスタミナの持ち主以外は無理ですよね。

 

僕たちも一緒。
お店に立ち、コーヒーのドリップを1日しておりますが、良い意味でここは手を抜くところ、集中するところ、肌でわかっています。

 

楽するというと聞こえが悪いかも知れませんが、効率を上げて1の仕事を0.8の力でするということなのですね。
頭を使い、どうしたら楽にできるか、というのを突き詰めていきます。

 

昔、中華料理店で勤めていた時に副料理長から
「島よ、仕事ってなぁ1つの物事においては、ある程度のレベルになると皆そんなにスピードはかわらへん。
でも次に移るスピードが早いねん。
できるヤツはなぁ、次の仕事に移るスピードが違うねん。」
と言われました。

 

関係ないですが、ブログを書いていてそんな言葉を思いだしました。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

ドリップの小技集

前号はペーパーを濡らすことについて書きました。
フェイスブックのコメントで濡らすときは回す方が良いのですか?と質問がありましたので、まず解答を。

 

ペーパーを濡らすのは全体を湿らせればオーケーなので、一点に注いでもゆっくりとお湯は染みていきますが、回した方が早いし直ぐです。

 

ですので、かるく1回転くらい回しながらお湯をかけ、ペーパー全体に湿らすのが良いでしょう。
その方が楽です。

 

ドリップするとき、脇を締めると安定して楽になります。
腕だけで回そうとせず、身体全体でポット回すような感じです。

 

IMG_3233

 

小技集2

螺旋を描く様にドリップするのが良いですね。
コーヒーの粉の上に、蚊取り線香のグルグルをイメージしてなぞる感じで。

 

で、端っこまでお湯をかけるとNGなので、ペーパーから内側5ミリくらいからは逆に中心に戻るようにぐるぐるしていきます。
中心に戻れば、それが1回です。

 

お湯を注ぐというよりも、お湯を置くような感じしてみてください。

 

最後に、肩の力を抜いて楽に。

 

蒸らし・1回目・2回目くらいでだいたいコーヒーの良い成分はでてしまっているので、あとは3回目、4回目は濃度合わせ2回目まではしっかり集中して、その後はちょっと気を抜いても大丈夫です、楽にしてください。

 

エピローグ

とまぁ、こんな感じです。
楽して出来るところは楽してください。

 

但し集中するときは集中して。
このメリハリがわかってくると、長時間キッチンにいても安定して美味しいコーヒーをドリップが出来るんですね。

 

上に書いたことをちょっと意識して、楽してくださいね。

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

おおきに、いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0184

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

花は生き方を迷わない

最近 寝れない 目が覚めれば考え事をしてしまう そうなんです 1年に1度くらいの頻度でくるアイ

記事を読む

フレンチプレスでアイスコーヒーを作ったところ、こうなった。

プロローグ 先日、お客さまにフレンチプレスでアイスコーヒーを作るにはどうしたらいいですか?というご

記事を読む

ある失敗をしてから心に決めました 売り込みはしないと

プロローグ 先日、島珈琲をお使い頂いている茨木市松ヶ本町にある美容室ヘアーポテンシャルNOAHさま

記事を読む

コーヒー焙煎に資格はあるのか、ないのか?

プロローグ 焙煎アーティスト島規之です、こんにちは。 焙煎アーティストのあの人ね、と最近どこかで

記事を読む

コーヒーにおける 「えぐみ」について考えた

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 写真は本文と関係ありませんが 生産国でコーヒー生豆の

記事を読む

ドリップをしていていつもと違う!その原因は何?

プロローグ このブログはお客さまに質問を受けたことを取り上げることが多いです。その場だとどうしても

記事を読む

コーヒーの挽き方と味わいとかの関係

コーヒーの挽き方には一般的に、粗挽き、中挽き、細挽きと呼ばれる挽き度合いがあります。 &nbs

記事を読む

コーヒーのブレンドは交響曲だ!

プロローグ   そもそもブレンドとはなんなのか?例えばブラジルはまろやかだ

記事を読む

時間が経って味わいが深まるコーヒーもある というお話

両親に温泉旅行をプレゼントし大阪池田・不死王閣の旅館に一昨日から昨日と泊まり、おかげ様でゆっくりとさ

記事を読む

ペーパードリップの時、プクッーと粉が膨らむのはテクニックでできる事なのか

プロローグ ペーパードリップはほんとにいろいろな事があって面白いですよね。 世界のコーヒー文化を

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲の通販のお買い物をもっと便利に

島珈琲は岡町本店と高槻店があり、姉妹店にカフェBe店、この3つのお店を

変わらぬ思い コーヒーはたのしむもの

昨日の書いた記事を読み返していました。   あっ

カップとスプーンの置き方に決まり事はあるのか

最近、嬉しいことに娘が「お店」に興味を持っているようで、しきりに「大き

ブラックコーヒーを飲むきっかけは何か

僕がコーヒーに興味を持ったのは、高校生の時。 チェーン店であった珈琲

なぜコーヒーは身体に悪いとされたのか

初めてコーヒーを飲んだ記憶、皆さんは覚えておられますか? &nb

→もっと見る

PAGE TOP ↑