*

初めて選ぶハンドドリップで使うドリッパーの選び方

プロローグ

もうすぐ4歳になる娘と話していると、面白い。
昨晩、娘と話をしていると「空からはチョコレートの雪が降ってくるんだー」と僕に言う。

 

僕はすごい発想だ、と娘の言うファンタジーな世界を想像する。
こういった想像って大人になるとなかなかできないですよね。

 

空からチョコレートの雪、現実にあったらいろいろ問題がありそう、なんて思うのはきっとダメなんだな。
もっとロマンチックに考えよう。

 

チョコレートを飽きるほど食べたいから、そんな発想になるんだね、きっと。
何がと言われると困るけど、娘と会話して勉強になるなぁなんて思った時間でした。

 

どうでもいい話でしたね。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

コーヒーの器具を選ぶ時に頭の隅において欲しい事

昨日、お客さまがコーヒー器具を選ぶのに、僕にいろいろと相談をされました。
コーノ円錐ドリッパーを使いたいなぁって思っています、と。

 

僕はいつもはハンドドリップされてコーヒーを淹れていますか?とお尋ねしたところ、いいえ 初めてです、とのことでした。

 

初めてのハンドドリップ。
まずここでドリッパーのメーカーを選ぶ事になります。
写真は左からコーノ式・カリタ3つ穴・メリタ1つ穴のドリッパー。
IMG_3126

 

僕のおすすめはコーノ式の円すいタイプですが、こういうお話をさせてもらいました。

 

メリタの1つ穴、カリタの3つ穴はどちらかというと安定して味わいを抽出できるようなドリッパーの形状になっています。
下に落ちる穴が小さく、抵抗があるためにドリップのスピードが安定していなくてもある程度、再現性(同じ味わいになる)のある味つくりができます。

 

コーノは下に落ちる穴が大きく、早くすれば早く、ゆっくりすればゆっくり、いわゆるレスポンスが良いのですね。
お湯の落とすスピードにすぐに反応するということになり、味わいはメリタ・カリタに比べると安定性においてやや難易度がある、ということなんです。

 

スタートはどっちがよいか

最終的には選ぶ人の判断ですが、メリタ・カリタでハンドドリップに慣れてからコーノ式に行く場合、例えば車でいうと自転車からバイクに乗り換えるような感じです。

 

自転車を経験してバイクを乗ると、いろんな気づきや、わかる事があるじゃないですか、景色が見え方も変わるように。

 

何が言いたいのかというと、違いがよりはっきりわかるのですね。
なので、初めは安定性のあるメリタ・カリタでして慣れてから、コーノ式に行くのもひとつの手段ですよ。
とお伝えしました。

 

もちろん初めからコーノ式でも問題ありません。
コーノ式ですと、はじめ同じ味わいにならないと悩むことがあるかもしれませんが、慣れてくれば毎回同じ様に出来るようになるはずです。

 

エピローグ

コーヒーの器具選び、ドリッパーでもそう、ミルでもそう、まずは身近なものから入り、そうしてステップアップすると味わいの出方の違いとか、なぜ「良い」とされているのか、その意味がもう一つよくわかり、楽しいと思います。

 

器具選びにおいて、そうした楽しみかたもあるよーというお話でした。

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

おおきに、いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0184

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

ナックルボールを風に

 山際淳司のそのタイトルの本を 今日読んだ 代表作は「江夏の21球」 実況中継を見ている気

記事を読む

カラダがあたたかくなるコーヒーをください

プロローグ 先日、喫茶をご利用のお客様にオーダーを取りに行った時に、こう言われました。 「身体が

記事を読む

業務用卸

 島珈琲は家庭用のコーヒー豆のはかり売り 挽き売りだけでなく ショップで使われるコーヒーも

記事を読む

コーヒーの苦味には2種類あって、焦げた苦味も存在する

プロローグ ブリュレのキャラメリゼ つまり焦がしアメですね、これを作っている時にふとコーヒーに置き

記事を読む

コーヒーの抽出温度

 毎日当たり前のように接しているコーヒーだけど コーヒーはほんとに繊細でデリケートだ(同じ

記事を読む

実はコーヒーとワインって似てるんです

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のエクスペリエンス・マーケティング塾で繋がっているお友達がいており

記事を読む

この焙煎機、おいくら万円?

プロローグ 島珈琲の様にその場でコーヒー焙煎をしているお店を自家焙煎とか、ロースターとか、そんな風

記事を読む

コーヒーの香りは3つある だから楽しみも3つある

プロローグ 先日、僕のブログを見て「本を書いてみませんか?」と商業出版でのお話がありました。 お

記事を読む

店舗デザイン

  ありがとうございます 皆様からたくさんのお祝いのお言葉を頂きまして 感謝感謝です さて

記事を読む

長い期間ディスプレイしていたペーパーで、コーヒーを淹れたらめっちゃ不味かった件

プロローグ マーケティングの師匠 藤村正宏先生 公認のブレンド スコットブレンドを島珈琲がお取り扱

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉

夏のコーヒー豆・粉の保存で気をつけたいこと

最近なぜか子供の頃、初めて行ったプロ野球観戦のことを思いだすんです。

アイスコーヒーは専用の豆で淹れないといけないの?

今朝はゆっくり目に起きました。 繁忙期は娘が起きる前に家を出るのです

コーヒー焙煎はどこが面白いの?

コーヒー豆屋さんは(島珈琲は)、どちらかというと夏は閑散期です。

続・ペーパーフィルターの保管方法

久しぶりにコーヒーを美味しく飲むために、基本的でとっても大事なことを書

→もっと見る

PAGE TOP ↑