*

知ってますか?コーヒーの苦味には2種類あることを

プロローグ

コーヒーの味わいって何?と聞かれれば、酸味と苦味が頭に浮かぶと思います。
そのコーヒーの代名詞でもある苦味について。

 

今回はこの苦味について、実は2種類あることを書いていきますね。

 

ど、どいうことだ!2種類あるだなんて!

 

まぁ聞いておくんなせぃ、って何で時代劇語になってんねん!
こんにちは、拙者 焙煎アーティスト 島規之でござる。

 

IMG_2960

 

苦味に種類があるってどいうことか

コーヒー豆を焙煎することとは、熱によって化学変化を起こすことです。
コーヒー豆が熱によって化学変化して、苦味や酸味そしてあの芳香なコーヒー香りが生まれます。

 

焙煎というの熱を使う作業です。
熱を使うとは、お魚を焼いたり、お肉を焼いたりすることと同じ事でもあります。

 

お魚を焼いているとき、ちょっと焦がしたりしませんか?
火の当たりが部分的に強かったりすると、お魚の表面が焦げたりしますよね。

 

その焦げを食べた時、どんな味がしますか?
苦いですよね。

 

そうです、焦げたら苦いですよね。
実は見た目ではほとんどわかりませんが、コーヒーも焦げるのです。
コーヒーの苦味には、焦げた苦味も存在します。

 

もう一つの苦味とは

コーヒー豆を焙煎するときに焦がさないようにします。
そうして出来上がったコーヒー豆は、苦味はありますが、それはソフトなモノで焙煎されたコーヒー豆の持つ純粋な苦味です。

 

この苦味は、後口に爽やかさを残します。
焦げた苦味は、後口にトゲのあるような味わいを残します。

 

後口にどちらも特徴がでます。
但し、訓練されていないとそれが焦げているのかどうかすら判断できないような難しいものでもあります。

 

僕でもたまに「これは焦げた苦味か否か」で迷うときがあります。
それくらい微妙なものでもありますが、焦げた苦味は後味に刺すようなピリピリ感を残します。

 

コーヒー豆の焦げた、焦げてない、の味わいについては正直プロでも知らない人もいるんじゃないかと思っています。

 

コーヒーのほんとうの良い苦味は、焦げによって作られるものではないと、僕は思っています。
ですので、島珈琲では余計な苦味が付かないように、丁寧に焙煎してコーヒー豆を焦がさないようにして焙煎しております。

 

エピローグ

特に女性は酸味・苦味においては男性よりも敏感です。
後口に不快感の残る苦味においては、焙煎に置いて焦がしてしまったか、もしくは鮮度に問題があるか、だと考えられます。

 

コーヒー豆を焦がさず焙煎するにはそれなりにテクニックが必要で、そして何をよりもそれをキャッチする鋭い味覚が必要です。

 

島珈琲はそれがちゃんと出来ています!焦がしていません!味覚もテクニックもきっと上等です!
という、今回の記事は自慢しているブログでした、わっはっはー。

 

不必要な苦味がいらない、純粋な苦味を楽しみたい方、島珈琲の通販はこちらからどうぞ。

http://www.shima-coffee.com/item/itemgenre/deep-roast/
薫る島珈琲をもう一杯。

 

おおきに、いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

無糖コーヒーシロップ 仕込み完了!!

 暑い やっぱり暑い  焙煎がたった今終りました ということで コーヒーシロップの仕込みに

記事を読む

焙煎機 焙煎人

コーヒー屋をやっているのは コーヒーの焙煎が楽しいから他ならない 仕事であり 楽しみであり 喜びであ

記事を読む

コーヒー豆の保存方法と真空パックのお話

最近、ほんとうに多くの方が遠方から、岡町本店や高槻店へコーヒー豆を買いに来てくださります。 &

記事を読む

no image

情熱の薫りを求めて

 情熱の薫りを求めて     島珈琲 島 規之 島珈琲のコーヒーで、こころがほどけ、リラッ

記事を読む

焙煎を数字で説明した!中焙煎・深焙煎はつまりコーヒー豆の温度差

プロローグ 先日、お客様に中焙煎と深焙煎は温度でいうと10℃の差なんです、とお話をしていたら「知ら

記事を読む

ハンドドリップを上達させるために

プロローグ 8月の終わりを迎え、朝が少し過ごしやすくなっている高槻です。 焙煎が少し楽になってき

記事を読む

コーヒーの起源、生豆を煮沸させて飲んでみた結果

プロローグ 何気なくブログのネタ探しに読んでいたコーヒーの本に、コーヒーの起源の事が書いてありまし

記事を読む

no image

スチーミング

 エスプレッソマシンで昨日くらいから スチーミングが 急にうまくいかなくて「なんでだろ?」

記事を読む

昨日はアイスコーヒー塾、一番反応があったアイスコーヒーは?

プロローグ 昨晩はアイスコーヒー塾の開催日でした。3名と少人数でアットホームなコーヒー教室、質問に

記事を読む

焙煎機をメンテナンスをすると、コーヒーの味わいがどう変わるの?

昨日、一昨日と高槻店業務終了後、焙煎機のメンテナンスをしました。 1日は焙煎機をバラし、内側につい

記事を読む

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ドリップ?焙煎?コーヒーの香りはどこで決まるのか?

コーヒーは香りのものですよね。 特に女性はコーヒーにおいて、味わいと

甘みのあるコーヒー豆をください

最近、このブログのタイトルにあるように言われ、コーヒー豆をお買い求めに

何をするにもカクゴっているよね

さて、久しぶりにブログを書くネタが思いつきませんでした。 &nb

ブレンドのネーミングはどんなふうに決めているのか

娘はなぜかテレビの天気予報が好きで、大阪は晴れくもりやなぁとか、花粉状

教えて!グァテマラコーヒーの魅力とは

昨日は休日。 午前中で終了する娘の幼稚園の送り迎えをして、そのあとは

→もっと見る

PAGE TOP ↑