*

焙煎アーティストだって焙煎を失敗する時はある

公開日: : 焙煎アーティスト

プロローグ

島珈琲を開業したのが2002年ですので、14年が経ち15年目に入っています。

 

もともと趣味でやっていたコーヒー焙煎がエスカレートして、仕事になり、お店を出しちゃった、つまり僕はコーヒーマニア上がりなんですね。

 

しかも高校を卒業してから畑違いの仕事ばっかりしてました、鉄工所のお仕事していたりとか。

 

なのでコーヒー焙煎においては修行という修行の経験はなく、独学で始め、途中でいろいろ教わりながら、現在に至っています。

 

そんな僕でも14年もお店を続けてこれたのは島珈琲ファンのおかげ、今でも感謝しておりますし、これからも変わりません。
ありがとうございます。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

マニアの時代も合わせて焙煎歴20年

すげぇ、改めて自分がコーヒー焙煎において何年選手なのか勘定してみたら、20年もコーヒー焙煎をしているんです。

 

コーヒー焙煎って、とってもシンプルなのです。
シンプルなだけに誤魔化しが効かないのですね、だからスリリングなのです、1回1回が。

 

焙煎機という機械は、操作自体は特に難しくもなく、焙煎している動作はハタから見ているとたぶん、ただただ焙煎機と、にらめっこしているだけの様に映ると思います。

 

しかし僕の頭の中では、コーヒー豆が焙煎機で炎に焙られている間、コーヒー豆を見て、液体になった時の味わいを想像しています。

 

味見ができない

IMG_2909

 

例えば料理の場合「塩加減はどうかしら」とお皿に出汁を救って、味の確認ができますが、コーヒー焙煎はそれが出来ません。

 

豆を見ながら、味わいを想像することしか許されません。

 

味わいの修正に置いても非常に時間がかかる作業になります。
焙煎が終わった豆をドリップして味わい、味わいの小さい修正があればチェックし、次回の教訓とする、これの繰り返しです。

 

味わいの修正に時間がかかる、だからミスを避けたい、だからスリリングなんですね。

 

で、何の話だっけ?

 

そうそうこの間、20年もやってるのにすごいミスをしたんです。
普段は12分くらいをメドに1回の焙煎を終了させるんですが、その回は14分経過しても終わりの温度が上っていなかったんです。

 

あれをおかしいなぁ、って思ったら、排気装置を半開にするべきところを全開にしており、釜の温度が排気によって抜かれていたんです。

 

そのコーヒー豆は味わう必要もなく、すべてアウト!でした。(泣)

IMG_2911

 

 

エピローグ

20年やっていて、自分でもベテランの域には足を入れてるかなぁって思う人でも、単純なミスから来る失敗なんてあるものなんです。

 

猿も木から落ちる。

 

河童の川流れ。

 

失敗はあるもんです、大丈夫、大丈夫。
問題はその後。
こけたら立てばいいし、心を開けば青空がある。

 

失敗は人の立ち直り方を教えてくれる最高の教師である、とは僕の言葉。

 

ということで、今回は失敗した自分を励ますためにブログを書きました、この号 お・し・ま・い。

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

おおきに、いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

今日から新しいブログに移転します!

今朝は5時に起き 自転車で高槻店に向かっていましたが 朝の風は冷たく 半袖半パンが寒く感じるほどで

記事を読む

コーヒーのおはじき ハンドピックとは不良豆を手選別してはじくこと 

プロローグ 今回の記事は、コーヒー豆を焙煎する焙煎屋にとってすごーく地味な作業である「ハンドピック

記事を読む

焙煎による違いって何?焙煎でどんな味を作っているのか

プロローグ コーヒーの味わいはまず原料によって違います。ブラジル・コロンビア・グァテマラ・・・。国

記事を読む

コーヒーのプロが教える「コーヒー種類」3つのヒント

「コーヒー種類」はいろいろありすぎてわからない!「コーヒー種類」によって味わいはどうちがうの?そんな

記事を読む

良い習慣は人生を豊かにする

今朝 高槻店で荷物を積んで岡町本店に来るときは 寒いくらいでしたが 日中は暑く ここは外国か?と

記事を読む

迷えば、その「迷い」はモノに移る

プロローグ 今まで結構迷って生きてきました。笑 特に焙煎のことは何度となく迷っては負のスパイラルに

記事を読む

コーヒーが好きなあなたへ 僕がブログを書きたい理由

日曜日は、日曜日だけが営業の岡町本店へ。 ここに来ると、開業して駆け出しの時のことをよく思い出しま

記事を読む

ご存じですか?焙煎機は掃除しないといけないことを!

プロローグ そんなんしらんやん!と突っ込みを入れられるお題ですね。今日は焙煎機ってこんな感じで掃除

記事を読む

焙煎アーティスト流 フレンチプレスの美味しい使い方

プロローグ たまに自分のコーヒーを淹れるのに、ハンドドリップするのが面倒くさいなぁと思う僕です。笑

記事を読む

乾杯から愛を語る

かたい絆に 思いをよせて 語り尽くせぬ 青春の日々 時には傷つき 時には喜び 肩をたたきあった

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉

夏のコーヒー豆・粉の保存で気をつけたいこと

最近なぜか子供の頃、初めて行ったプロ野球観戦のことを思いだすんです。

アイスコーヒーは専用の豆で淹れないといけないの?

今朝はゆっくり目に起きました。 繁忙期は娘が起きる前に家を出るのです

コーヒー焙煎はどこが面白いの?

コーヒー豆屋さんは(島珈琲は)、どちらかというと夏は閑散期です。

続・ペーパーフィルターの保管方法

久しぶりにコーヒーを美味しく飲むために、基本的でとっても大事なことを書

→もっと見る

PAGE TOP ↑