*

島珈琲カッター

公開日: : coffee

コーヒーという飲み物は ほんとに繊細で
いろんな条件で味の出方がずいぶんと変わってくる

コーヒー豆の原料選び 焙煎 粉砕 抽出
どれかひとつだけをこだわっていても
抜群に美味しいコーヒーはできないと思います

すべてのバランスがとれたとき 
アロマとセピアの素晴らしい一杯のコーヒーが
できあがるのでは と思ってます

ただご家庭でコーヒーをたてるとき
そんな完璧にこだわってしまうことは難しいと思います

コーヒーという飲み物が生活の癒しになるものなら
完璧を求めれば求めるほど 癒しを得るものではなく
かえって窮屈な飲み物になるのでは
なんて思います

が でもできるだけご家庭で飲まれるコーヒーは
美味しい状態でコーヒー豆を届けたい

ということで 島珈琲はコーヒー豆を砕くカッター
ミルですね はドイツ製の高速カッターを使用し
粉でお買い求めになるお客様には 最高の状態で
お渡しできるように勉めています

何がすごいか!ということを書き始めると
オタクっぽく(僕も自他ともに認めるコーヒーオタクですが・・・)
なるのでやめときます!が とにかく
コーヒーの味の出方が明らかにおいしいです

さぁだから今日も明日も ばんばん砕くぞー おー!

明日は豊中 岡町本店でお会いしましょう!

PS

昨日 社会貢献部 えびバーガーのバンズが決まり
製作は佳境にはいりました
サニースポットの今井施設長さんは僕に移動販売の車の
カタログを見せてくれました!

 

焙煎を究めるアーティスト

焙煎アーティスト 島 規之

今月のコーヒー講座のご案内はこちらからどうぞ
 http://shima-coffee.jugem.jp/?eid=1427

コーヒー豆を粉にするのがスーパー早い
コーヒーカッター界のカールルイス! (古っ!)
美味しくする島珈琲カッター ドイツ マールクニック 社VTA-6

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

島珈琲のブレンドは音楽でいうと生演奏

プロローグ ヒントとというのは案外、誰かとしゃべっている時に発見するものなんだなぁとつくづく思う。

記事を読む

コーヒーのプロが教える「コーヒー種類」3つのヒント

「コーヒー種類」はいろいろありすぎてわからない!「コーヒー種類」によって味わいはどうちがうの?そんな

記事を読む

疲れた時には、砂糖を入れたミルクコーヒーがいいよね

以前の僕なら、疲れがなんだ、なんだ坂こんな坂で馬力を生かして乗り切るのですが、最近では疲れているのな

記事を読む

コーヒー豆、コーヒーの粉を家で保存する時に勘違いしている1つの事

袋を開けなければ常温で置いてても大丈夫? 答えはNOです!大丈夫ではありません!  

記事を読む

喫茶用のコーヒーの味、家庭用のコーヒーの味、実は微妙に変えています

プロローグ 何の事か?というと、喫茶で求める味わいと家庭用での求める味わいは微妙に違うと思っている

記事を読む

隠しブレンド 鱗雲(うろこぐも)

 前の日曜日 岡町本店の焙煎機 桜号の温度計がなにやら変だと書いた わからないことは わか

記事を読む

センス抜群!

  手前味噌ですみません めっちゃいいラベルができました! じゃあねピース

記事を読む

820ブレンド カフェラテ

  820ブレンド カフェラテ 黄金比8:2 牛乳8に対してカフェラテ小町2で割ると とっ

記事を読む

島さんが、美味しいと思う大手のコーヒーはどれ?

プロローグ 家族でコーヒーを飲んでいました。島家の家族構成は、嫁の母、僕、奥さん、娘の4人家族です

記事を読む

ハンドドリップでグルグル回しながら淹れるのはなぜか?

プロローグ ペーパードリップなど、ハンドドリップしてコーヒーを淹れる時「の」の字を書くようにお湯を

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー豆も生きている

昨日はお休みでした。 お昼までは少し仕事を。  

始めは小さい焙煎機からのスタートだった

日曜日は岡町本店へ。 僕は高槻市に住んでいますので、早朝に出発し高槻

コーヒー豆の大きさは美味しさに比例するのか

ブログを書くときはその時の気持ちも随分と影響するモノで、嬉しいことがあ

コショウの挽き方とコーヒーの挽き方を比べる

コショウについてはあまり詳しくないので、知ったようなことは書けないので

古材に囲まれてコーヒーを愉しむ

毎日が割とリラックスして過ごせるのは、これはコーヒー屋の特権かもしれな

→もっと見る

PAGE TOP ↑