*

僕が好きなコーヒーの抽出方法はなんだと思います?

プロローグ

だいたいブログのネタは、書くその日の前日お風呂を入りながら閃くことが多いのですが、友達などで飲みに行ってしまうとご機嫌なままお風呂に入り、ブログのことを考えないので、朝起きて「あっ!」と思うのです。

 

ブログのネタを仕込むの忘れてた。
その場合はお店に自転車で行っていますので、朝、自転車のペダルを漕ぎ風に吹かれながら、ブログを読んでくれている方が、何か知りたい事ないかなぁといろいろ探すわけです。

 

で、ブログのネタが決まってないことを忘れて、また思いだしての繰り返し。

 

ネタのある時は全然問題ないけども、ない時ほど困った問題はない。
でも、書くと決めたし、楽しみにしていてくれる方もいますので、なんとか絞って今回はこれを題にしました。

 

って、どうでもいい話ですね。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

僕の一番好きな抽出方法、それはネルドリップ

ネルドリップとは布をフィルターにしてコーヒーを濾し、抽出する方法です。
昔ながらの方法ですね。

 

ペーパーフィルターがまだあまり普及してなかった頃は、ネルが主流だったと思われます。
ネルドリップ、一昔前「粗挽きネルドリップ」と缶コーヒーの宣伝でしていたのが広まって、ネルというのが再認識された、そんな風に感じていました。

 

今はどうなんでしょうか。
知らない人は知らないかもしれませんね。

 

ネルドリップは布で濾すのですが、味わいがペーパーと違いコクがでるというか、独特の丸みのある味わいを醸しだしてくれます。
ペーパーがシャープな味わいなら、ネルは質感のある味わいでしょうか。

 

IMG_2486

 

コーヒーの抽出では一番美味しいと思う

これは僕の個人的意見であり、好みもありますが、ネルドリップで淹れるコーヒーが好きです。
いろいろなコーヒー抽出器具を使いましたが、ネル味わいが僕にとって一番美味しい味わいと思ってます。

 

では、なぜ僕がお店などネルでコーヒーを抽出しないのか。

 

それは管理が大変なのですね。
ネルは何十回か使います。
ペーパーのように一回一回使い捨てではありません。

 

ネルは乾かしたらダメなんですね。
なぜかというと、コーヒーの脂分がネルに吸収されているので、乾かすとそれがカピカピになり、ニオイをだします。
そのニオイが次回使用する際、抽出するコーヒーに移り、不味くします。

 

ですので、使い終わったらお水で綺麗に洗い、お水の入った器にその綺麗にしたネルをいれて、常に水に浸しておかないといけません。

 

それとお店で使うには、アイドルタイム(お客様の流れがはやい時間帯)の時にオーダーをつくるのに、ペーパードリップよりもひとつひとつの動作に時間がかかってしまい、お客様を待たせすぎる事になります。

 

ですので、今のところは保留にしていますが、いつか高槻店でネルドリップで淹れたコーヒーをお出しできるように、いろいろ考えております。

 

エピローグ

手間暇がかかるから、美味しい。

 

おうちでもなかなかできない、ことはないけど、管理が大変なので手が出ないというのがいいのかな、なのでいつか皆様にネルドリップで淹れた美味しいコーヒーを、高槻店で飲んで喜んでもらいたいので、もうしばらくお待ち下さいね。

 

僕はネルドリップが好き、今回はそんなブログでした。

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

 

焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

コーヒーを1杯淹れるのに、コーヒー豆は何グラムがベストなのか?

エピローグ コーヒーを一杯作るのに、コーヒー豆、コーヒーの粉はどれだけ使うのがベストか? 基本的

記事を読む

コーヒーの99%は水なんです、というお話

昨日は箕面スパーガーデンに行って来ました。 奥さんのお母さんに、ゆっくりしてもらおうという企画。

記事を読む

ハンドドリップのちょっとしたコツ

2016年も最後のブログとなりました。 少しずつ読者さまも増えて、とても嬉しく思っています。

記事を読む

コーヒーシロップ加糖 仕込み完了!

 コーヒーシロップ 無糖も加糖も 仕込みに関しての内容は 実は一緒なんです 焙煎止めの温度

記事を読む

知ってますぅ?歯周病対策にコーヒーが効果的なことを!

今朝は6時過ぎの家を出て 高槻店に車で向かい 岡町本店でも使う荷物を積みこんでいましたが 半袖

記事を読む

水だしコーヒー用のコーヒー豆はどれがいいの?

プロローグ 最近、娘が甘えてくるのが嬉しい僕です。 娘と遊んでいて、その笑う声、笑う顔に癒されて

記事を読む

なぜマンデリンコーヒーは愛されるのだろうか

昨日はお休みで、午前中は娘の幼稚園の送り迎え。 昼からは家族で公園へ行き、娘と電車ごっこ。 その

記事を読む

結婚をお手伝いした、ちょっとイイ話

プロローグ 「先日はありがとうございました。おかげ様で上手くいくことができました!」 満面の笑み

記事を読む

コーヒーにおけるクリーンな味わいって何なのか

高槻店の業務が終了すると、バイクで移動して同じ高槻、郡家本町にあるカフェBeへ向かいます。 &

記事を読む

甘酸っぱいスィーツとコーヒーの組み合わせを考えてみた

プロローグ 昨日は1ヶ月はやい結婚記念日を僕がプロポーズした場所、高槻センター街にあるフレンチレス

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
たった10グラムの感動

幼い頃、母がよく映画に連れってくれました。 記憶が正しかったら、見た

料理は心やで

昨晩は中学時代の友達とご飯を一緒にしました。  

アイスコーヒーに向くコーヒー、向かないコーヒー

昨晩は仕事で遅めの帰宅。 僕以外の家族はご飯が終わり、一人で晩酌をし

障がいのある方から学びを得る

障がいのある方と関わり、こうしたところで何かを記事にする時にいちいち「

焙煎技術を高め、味わいを良くしたの方法は実は○○だった

なんとなくこいうタイトルを付けるのは嫌なんです。 なんか思わせぶりで

→もっと見る

PAGE TOP ↑