*

喫茶用のコーヒーの味、家庭用のコーヒーの味、実は微妙に変えています

プロローグ

何の事か?というと、喫茶で求める味わいと家庭用での求める味わいは微妙に違うと思っているんですね。

 

コーヒーはコーヒーで一緒じゃないの?
そうです一緒なんですけど、微妙に違うのです。

 

島珈琲のお商売のベースにしているのは、家庭用のコーヒー豆の小売りです。
家庭でどんな風に飲まれるか、ここを考えて味わいに工夫しているわけなんですが、どう喫茶用と家庭用どんな風に考えて、味わいを変化させているのか、今回はここをちょっと説明したいと思います。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

IMG_2464

 

 

喫茶用のコーヒー豆とは

基本的にこれは僕の考えなので、一般的なことかどうかはわかりません。
僕の見解ですとね、喫茶やカフェってコーヒーを飲むのはだいたい1杯ですよね。

 

おかわりする事は少ないと思います。
ということは、作り手は1杯で満足するコーヒーの味わいを目指すことになりますよね。

 

ただ単に濃い味わいのコーヒーで満たすのではなく、また飲みたいね、美味しかったね、と思うような味わい。
これを一杯のコーヒーに表現する味わいを目指します。

 

家庭用のコーヒーとは

こちらは逆に、何杯飲んでも飽きない味わいに仕立てます。
というのも、家でコーヒーを飲む方は基本的に沢山飲まれる方が多いのが肌で感じてきたことです。

 

理由の一つとして、外で何杯もコーヒーを飲むと、経済的に大変なことになってしまいますよね。
例えば高槻店の喫茶は一杯480円、コーヒー豆は100g490円。
1杯分10グラム使ったとして、10杯分が490円、喫茶で10杯飲むと4800円となりますね。

 

コンビニコーヒーと比べても、家で淹れて飲むコーヒーはそれの半額以下でできます。

もちろん喫茶で飲むコーヒーのお代金には雰囲気や、僕がドリップするという価値もついていますけどね。

 

家庭用は1日何杯(限界はありますが)飲んでも飽きない味わい、すぐにおかわりもしたくなるコーヒー、こいう味わいを全体的にイメージし目指して、焙煎をします。

 

エピローグ

これをまとめると、喫茶やカフェ用は1杯で満足するコーヒー、家庭で飲むコーヒーは何杯飲んでも飽きない味わいのコーヒー、こいうことを意識して焙煎しています。

 

業務用卸しで販売するコーヒー豆はカフェやレストランのお客様がほとんどなので、1杯で満足するコーヒーを作ることを意識して。

 

基本的に僕は、島珈琲は、家庭で飲まれる方のコーヒー豆を販売を主としていますので、どちらかというと1杯で満足するよりも何杯飲んでも飽きない、そちらの味わいをつくることを重点にし意識しています。

 

こんな感じで意識しています。

 

商いは、あきないあじつくり

これが僕のモットーです。

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

 

焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ブログのネタに困ったら僕が手に取るコーヒーの本

基本的にブログのネタはお客さんから頂戴しています。   コーヒー豆を購入しに来

記事を読む

伝家宝刀

 そうです 伝家宝刀の技を使うときがやってきたのです 島珈琲流紅葉落とし焙煎 というのは冗

記事を読む

ブレンドって均一に混ざっているの?

プロローグ ブレンド、例えば島珈琲の1番人気「ブレンド花」は、中焙煎のブラジル:コロンビア:タンザ

記事を読む

夢を持て そして危機感を抱きしめろ

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   昨日 長くお付き合いのあ

記事を読む

味覚とは

 味覚というのは記憶であり 味覚を鍛えるのは 味覚を重ね考え 記憶を重ねていくしかない と

記事を読む

ペーパードリップの時、ペーパーの違いで味わいの違いはあるのか、ないのか

プロローグ こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。 ドリッパーの話から、次はペーパードリップの

記事を読む

いつもの豆が切れた!プロはどんなふうに同じ味わいを作るのか

コーヒー豆はご存じの通り、植物のタネです。   豆と言っていますが、それは「コ

記事を読む

ナイス!島珈琲

 今日は「ナイス!島珈琲」の一員のご紹介です 島珈琲は 「コーノ式円錐ドリッパー」でのペー

記事を読む

粉の挽き目で変わるコーヒーの味わいの濃さのお話

実は時代劇が割と好きで、今はあまり見ていないですが以前はよく見ていました。  

記事を読む

20年選手の僕だって焙煎に失敗することがある

昨日は東京からPansonicの荒川さんが御来店。    

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ほんとですか?環境によって味わいも変わります

実は僕、毎食後に新ビオフェルミンS 乳酸菌のくすりを飲んでいます。

コーヒー焙煎屋の僕がミルクを入れて飲む理由

昨日は奥さんはお休み。 その奥さんから営業時間中に電話があり、それを

たった10グラムの感動

幼い頃、母がよく映画に連れってくれました。 記憶が正しかったら、見た

料理は心やで

昨晩は中学時代の友達とご飯を一緒にしました。  

アイスコーヒーに向くコーヒー、向かないコーヒー

昨晩は仕事で遅めの帰宅。 僕以外の家族はご飯が終わり、一人で晩酌をし

→もっと見る

PAGE TOP ↑