*

ヤング アット ハート だ!

公開日: : 日々他愛のないこと

いろいろな情報を見ていると
カフェやコーヒー自家焙煎店の新規出店がめざましい

僕がはじまたころはどちらかというと
焙煎屋は日陰で バリスタに光があたっていた
そんな印象がありましたが

今では バリスタ&ロースターの方
そして今後出店を考えているかたを含め
ほんとにずいぶんと増えたように思います

大手や外資系 コンビニやマクドなども含めて
コーヒーという大局を眺めてみると 競争激化が
目に見えてわかるようになってきました

島珈琲 12年目にはいりましたが
長くやっているから安泰 そんなわけはありません
状況を把握して危機感をいつも常備し
いつふるいにかけられるかわからない 
いつ淘汰されるかわからない
その覚悟をもって 仕事に取り組まないといけないなぁ
と思い毎日を一所懸命しております

とにかく変化することを恐れずに
新しい物を受け入れる柔軟性
古くからあるものを大事すること 温故知新
失敗を恐れない勇気
そしてその失敗を今後の糧にする反省の心

来年の春には消費税も増税し 個人商店にも
さらに厳しくなる環境が待ち受けています

ヤング アット ハート

心はいつも若く持って 

いついかなる時も挑戦者のつもりで
万事物事にあたりたいと思います

それでは明日は岡町本店でお会いしましょう

焙煎を究めるアーティスト

焙煎アーティスト 島 規之

今月のコーヒー講座のご案内はこちらからどうぞ
 http://shima-coffee.jugem.jp/?eid=1427

こちらはちくちくさんの人気作家さんのバッグチャーム
これ手書きなんだそうです!
島珈琲 高槻店にて展示中です!

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ボクシングを見て 先読み力について考えた

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   年末に行われていた ボク

記事を読む

すべてはその笑顔に

 35才 独身 心身それなりに良好 プライベートのことはあまり書かないようにしていますが

記事を読む

経営とは

 まさに 走りながら考え 考えながら走る そういうことなんだ ということを10年目にしてわ

記事を読む

no image

サタデー カフェ

 カフェBe は ぷれいすBeという障害者支援施設のレストランホール(食堂)と 兼用してい

記事を読む

罪悪感とは

 最近 カフェBeのスタッフが皆 優秀さんなので 週に1度か2週に1度 お休みをとれるよう

記事を読む

no image

さて明日は

明日は祭日の月曜日   島珈琲 ならびにカフェBe店も全店 休業となります 僕にとっても久々のお休み

記事を読む

no image

唐突食物

 古い原田宗典のエッセイに 「唐突食物」と書いた題があり ふむふむ読んでいると 突然 食べ

記事を読む

no image

燃えろいい女 燃えろナツコ!

 あんまり暑いので 世良さんの歌を歌ってみた 今日 看板を下ろすことにしました でもお店を

記事を読む

ひさびさのホリデーです

 今年にはいってから 走り続けてきました 休みもなく 休みのない生活をおくっていると思うこ

記事を読む

no image

僕 おこっちゃうよ

 ということで 今日はなにがし理不尽に思えたことがあったので 普段あまり怒りを表現しない僕

記事を読む

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
教えて!グァテマラコーヒーの魅力とは

昨日は休日。 午前中で終了する娘の幼稚園の送り迎えをして、そのあとは

どうなる?週1回の営業でお店は出せるの

今までも沢山ご相談に乗りましたが、現在でも時々カフェ開業に関するご相談

ブレンドコーヒーの味わいは、どこに目を向けるともっと楽しくなるか

ブレンドコーヒーと言えば、皆さん何を想像しますか? いろんなコーヒー

焙煎機をメンテナンスをすると、コーヒーの味わいがどう変わるの?

昨日、一昨日と高槻店業務終了後、焙煎機のメンテナンスをしました。 1

ミルクと相性のいいコーヒーの焙煎度合いは、どれ?

コーヒーにミルクを入れて飲むなんて邪道ですよね、とよく聞かれるのですが

→もっと見る

PAGE TOP ↑