*

ドリップバッグの試作はこうしてつくられる物語

プロローグ

出版するコーヒー本の原稿見直し、修正が思うように進まない。
僕は今年で41歳になりますが、最近身体にだるさ、目の疲れが顕著にでるようになり、おっちゃんになってきたなぁと思ってます。

 

歳の重ね方は顔にでてくるというので、良い歳の重ねた方をしたいものですね。
疲れていても、明るく元気に見えるような顔に。

 

先日、奥様がそれを気遣って、なんとかゴールドという錠剤を買ってきてくれました。
やっぱり違うものなんですね。

 

これを書いている今、身体と目、共に疲れが飛んで随分と楽になっています。

 

さて、気分が乗っていますのでさらさらと綴っていきたいと思います。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

ドリップバックの試作

この度6月22日、九州で行われるエクスペリエンスマーケティング略してエクスマのセミナーで、マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンド、スコットブレンドの初ドリップバックをそのセミナーで来られた方にプレゼントして頂ける予定で、それを試作しています。

 

IMG_2376

 

 

IMG_2375

 

前にサンプルをもらったドリップバッグの空の本体があったので、味合わせをしています。

 

最近、ものをどこになおしてしまったのか右往左往してしまうことが多々あり、ここでも歳をとったなんて感じてるわけですね。
閑話休題。

 

今回は10グラムのドリップバックを手作りします。
よってかなり大変な作業になりますが、喜んでもらえるのは間違いありません。
誰かの喜びのために仕事ってあるんですからね、僕がんばります!

 

至って簡単

その本体に10グラム計ったスコットブレンドを超細挽きにして、セットします。

 

なぜ細挽きにするのかというと、ペーパードリップの様に丁寧に淹れるのが前提ではないので、どんなお湯の注ぎ方でも味わいがきちんと表現できるように細挽きにします。

 

中挽きと細挽き。
中挽きは基本的にペーパードリップの時の挽き方です。
細挽きは中挽きよりも細かくすることになります、よって味わいがよく出て中挽きと比べると味わいは濃くなります。

 

濃くなるように思いますが、ドリップバッグのようにペーパー・ドリッパーの役目を果たす、ドリップバッグ本体がペーパードリップよりも小さいサイズになるので、味わいのコントロールが難しく、細かめに挽いているほうがちょうど良い味わいになるのですね。

 

味わいをテストした結果、ばっちりです。

 

師匠はきっと喜んでくれるでしょう。
師匠が喜べば、皆さんもきっと喜んでくれるはずです。

 

エピローグ

このスコットブレンドのドリップバッグは商品化しようと準備中です。
オシャレなカンカンにいれてギフトにできればなぁと思っています。

 

ドリップバッグの試作は思うほど難しいものではないので、いろんな話で肉付けして完成させました。
あはは。

 

スコットブレンドの初ドリップバックがプレゼントされる、九州で開催されるイベントはこちらのフェイスブックページからどうぞ。

 

https://www.facebook.com/events/451188095089149/?active_tab=highlights

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

 

焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーの香りについて調べてみた

プロローグ 僕がこうして自家焙煎珈琲店をするまでは、所謂コーヒーオタクでした。 東京の有名店など

記事を読む

知ってますか?コーヒーの苦味には2種類あることを

プロローグ コーヒーの味わいって何?と聞かれれば、酸味と苦味が頭に浮かぶと思います。 そのコーヒ

記事を読む

中煎りとか深煎り、煎りの違いって何の違い?

コーヒー豆の焙煎度合いを表す言葉が、浅煎り=浅焙煎 中煎り=中焙煎 深煎り=深焙煎 となります。

記事を読む

カフェをオープンするときのコーヒー選びも相談にのります!

今朝は奈良県奈良市より、落語喫茶 古々粋亭(ここいきてい)を近日オープンするオーナー井上雅博さんがご

記事を読む

ハンドドリップが初めて!これを知っておくと良い事

プロローグ ハンドドリップを上手にするには、テクニックがいります。 これもコーヒーを難しくしてい

記事を読む

新規立ち上げ カフェ会議

関西のお中元の時期は もともと7月15日から8月15日の 間となっています 近年早くなってる傾向です

記事を読む

焙煎すると目方が減る話から、アメリカンコーヒーの「なぜ?」を説いてみた

プロローグ 今日は焙煎をすると目方が減るという話から、アメリカンコーヒーがなぜ浅焙煎のコーヒーなの

記事を読む

僕を癒すのはあなた

  島珈琲オリジナルの コーヒーシロップの加糖 ものすごい勢いで売れてしまい 欠品してしま

記事を読む

お客様からの質問シリーズ コーヒーメーカーとドリップコーヒーはどちらが美味しくできるのか?

「ヤンキースの黒田投手 古巣広島カープに復帰」というニュースを見て 黒田さんはめっちゃ男前だ と心熱

記事を読む

商は笑なり 商いはあきない味創り

今朝 自転車で受ける風は少し湿度を含む 重たい風でした 今日も蒸し暑い一日になりそうな大阪 高槻です

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハワイ島でコーヒーの素材を「見抜くの目」が育ったというお話

先日、奥さんにある相談をしました。   島珈琲社

コーヒーの香りをドリップで引き出す方法はあるのか?

昨日、母から電話がありました。   少し先ですが

考えよう、障がい者の働くを

昨日は久しぶりの島珈琲社会貢献部の活動でした。  

こんな方法でコーヒーを味わうのはいかが

料理も人もええところを伸ばす、というのが僕が思うところです。 数年前

美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

→もっと見る

PAGE TOP ↑