*

スワンベーカリー茨木店さん

公開日: : 社会貢献部

 10月になってばたばたバタコさんな島珈琲です
ご機嫌いかがでしょうか?

さて 今週急遽 
社会貢献部 障がいを持った方の働く場所を増やそうプロジェクト
えびバーガー大作戦で使用するバンズ パンですね
こちらの打ち合わせをすることになりました

もちろんパンも このプロジェクトに入りますので
このプロジェクトの主旨にあったものをするべきに
ヤマト福祉財団が運営するスワンベーカリーさんグループから
調達を考えて進めています

スワンベーカリーについてはこちらからどうぞ
http://www.swanbakery.jp/swan/index.html

その打ち合わせですが まずは代表の方とお話ができれば・・
と僕は思っていたのですが
なんと!スワンベーカリー茨木店のスタッフさんも総出で
打ち合わせに来てくださることになり 
僕はとってもうれしく感じてます

えびバーガーかなり進展していきそうですね!

あっちゃこっちゃ大変ですが 誰かの役に立てることは
島珈琲の本望 さぁまだまだやることはあるぞー
なんだ坂こんな坂!

焙煎はアートだ
日本で唯一人の焙煎アーティスト 島 規之

 

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

えびバーガー 試作の巻

昨日おうかがいさせて頂きましたHair Potential NOAH  ヘアーポテンシャル

記事を読む

えびバーガー プロジェクト

明日の晩 急遽 えびバーガーのバンズ会議になりヤマト財団グループのスワンベーカリー 茨木店さんよりサ

記事を読む

40近いおっちゃんが「若手」なんておこがましいですが

昨日 高槻店をクローズさせた後 放課後活動で 北摂若手福祉従事者 まぁ簡単に言うと 福祉業界で 仕事

記事を読む

「社会貢献 コーヒー」 でググってみた

 昨日 ふとグーグルで 「社会貢献 コーヒー」 の2つのキーワードいれて 検索してみたらあ

記事を読む

コーヒーの計量スプーンは1杯△gは豆・粉用 どっち?

プロローグ コーヒーの計量スプーン、僕たちはメジャーカップと呼んでいます。 コーヒー豆や粉をいち

記事を読む

個人店がコンビニ100円コーヒーに対抗できるのか

昨日、インターネットのニュースサイトを見ていると、この記事が目にとまりました。  

記事を読む

ラボロの3本の矢

島珈琲が活動している社会貢献部は 障がい者支援サービス LAVOROという団体の一部分として活動して

記事を読む

ソーシャルネットワークの力って すごいね

朝が早く 夜も帰るのが最近 遅くなっています ですから 起きてる娘に会えてません! 寂しー 悲し

記事を読む

ソース会議

 日本人がポリフェノールを含む飲料を一番飲んでいるのは何かご存じでしょうか?ポリフェノール

記事を読む

ファーマーズマーケット と 障がいを持った方の働く場

僕は2009年4月から2012年9月頃まで 障がい者支援施設とのコラボカフェ カフェBe店の現場に毎

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー豆も生きている

昨日はお休みでした。 お昼までは少し仕事を。  

始めは小さい焙煎機からのスタートだった

日曜日は岡町本店へ。 僕は高槻市に住んでいますので、早朝に出発し高槻

コーヒー豆の大きさは美味しさに比例するのか

ブログを書くときはその時の気持ちも随分と影響するモノで、嬉しいことがあ

コショウの挽き方とコーヒーの挽き方を比べる

コショウについてはあまり詳しくないので、知ったようなことは書けないので

古材に囲まれてコーヒーを愉しむ

毎日が割とリラックスして過ごせるのは、これはコーヒー屋の特権かもしれな

→もっと見る

PAGE TOP ↑