*

アイスコーヒーはなぜ深煎りのコーヒー豆なのか?

プロローグ

先日、こんなツィートをしました、僕の中では皆さんからとっても反応があったツィートです。

 

 

これはバーテンダーズマニュアルという、バーテンダーさんの読む本に書いてあったことなんですが、皆さんは美味しいと思う温度帯、ご存じでしたか?

 

さてアイスコーヒーは一般的には深煎り=深焙煎 のコーヒー豆を使用して淹れます。
なぜか?そして深焙煎じゃないといけないの?というところを今回はまとめていきますね。

 

IMG_2163

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。
ちなみに氷を入れた冷水を計ると4.8℃でした。

IMG_2162

 

なぜアイスコーヒーは深焙煎なのか

アイスクリームを頭に想像して下さい。
カキーンと冷たいときに食べたら、美味しいですよね。

 

ゆっくり食べているとアイスクリームは溶けてきますよね。
それを舐めるとどうでしょう、そうです、結構甘いですよね。

 

冷やして食べたり飲んだりするものは、温度帯により味がぼけてしまうのですね。
ですので、冷やして食べるとき、飲むとき、それにあわした味作りをするので常温でそれを口にした時、濃い味になっている事が大半です。

 

コーヒーの場合は深煎りのコクのあるコーヒーで、濃い目に抽出するとそれができます。
夏は特に味覚が酸味を感じやすくなり、普段なら少量に感じる酸味も、夏はややきつく感じます。

 

ですので、苦味の効いたコーヒーの方が清涼感があって、のどごしが気持ちいいから、それも一つの理由です。

 

古今のアイスコーヒー

昔は更にコクを出すために、ロブスタというコーヒー豆をブレンドしていました。
もちろん今でもあります。

 

ロブスタというコーヒーはブレンドすると何とも言えないコーヒーの質感を生むことができますが、しかし味わいの品質はどうかな、と僕は思っています。

 

後口にピリピリ感を残し、いつまでも口の中に苦味を残します。
これを隠すためにミルクや砂糖を入れるのですが、ブラックコーヒーで飲んだ時は味わいにおいては僕の中では疑問符が付いています。

 

一般に大手が流通するアイスコーヒーにはこのロブスタは多用されますが、最近のコンビニコーヒーなど飲んでいるとこのロブスタを使っていないコンビニもあります。

 

ロブスタは低価格のコーヒー豆の為コストダウンの目的でよく使われるのですが、こうした事が近年ひっくり返るというか、一般消費者の方も美味しいコーヒーを理解されており、事実僕が耳にしている限りそのロブスタを使用していない会社のコンビニコーヒーが皆一様にあそこのは美味しいと言っています。

 

ですので、今のアイスコーヒーの美味しい主流は昔と変わってきている、どちかというとあっさり傾向かな、と感じています。

 

エピローグ

味わいの多様化もあり、別に深焙煎のコーヒー豆でアイスコーヒーを作るのがベストだ、ということでもなくなってきた、そう感じています。

 

現に島珈琲高槻店では、店内で飲むアイスコーヒーは3種類、酸味のあるコスタリカ、カフェインゼロ、そして深焙煎の苦味のもの、があります。

 

酸味のコスタリカはなんかコーヒーというよりかはフレッシュジュースみたいな感じもして、コーヒーらしくないのですがこれはこれで美味しく、結構人気があります。

 

今までの常識では、アイスコーヒーには「深焙煎」でしたが、いろんな焙煎度合いのコーヒー豆を使ってアイスコーヒーを作るのもまた新しい味わいがあっていいと思います。

 

もしかしたら、新しい出会いがあるかも知れませんね!

 

それでは、また次回。

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

中煎りとか深煎り、煎りの違いって何の違い?

コーヒー豆の焙煎度合いを表す言葉が、浅煎り=浅焙煎 中煎り=中焙煎 深煎り=深焙煎 となります。

記事を読む

プロでもびっくりするようなお客様がいるんです

朝6時頃 店に向かうため自転車のペダルをこぎながら 街には醤油を焦がしたような甘いにおいが漂う そう

記事を読む

コーヒー豆 ストレートとシングルオリジンの違いってなんだ?

さぁ今回もちょっとマニアックな話になりますが、コーヒー好きな方なら知っておくとコーヒーの楽しみが増え

記事を読む

コーヒー焙煎と煙とニオイ

プロローグ ご存じですか?コーヒー焙煎の時に出る煙は結構スゴイということを!? ということで、今

記事を読む

どれがいい?手挽きコーヒーミルの選び方

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 昨日 お客様から手挽きミル どれがいいのか分からない

記事を読む

結婚をお手伝いした、ちょっとイイ話

プロローグ 「先日はありがとうございました。おかげ様で上手くいくことができました!」 満面の笑み

記事を読む

ハンドボールじゃないよ ハンドピックだよ

プロローグ コーヒーはコーヒーノキの種子で、つまり農産物です。当然収穫の時には、未成熟の豆や、異物

記事を読む

島さん!!これで子供が牛乳を飲めるようになりました!

プロローグ 「これを使って牛乳を飲ませたら、牛乳嫌いな息子がガブガブ飲み始めたんですー ありがとう

記事を読む

ミルクや生クリームなどコーヒーに何か入れるとき、どんな種類がいいのか?

プロローグ 昨日は京都太秦映画村へ家族で行ってきました。幼い頃に何度か親に連れて行ってもらったのが

記事を読む

コーヒーを1杯淹れるのに、コーヒー豆は何グラムがベストなのか?

エピローグ コーヒーを一杯作るのに、コーヒー豆、コーヒーの粉はどれだけ使うのがベストか? 基本的

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
こんな方法でコーヒーを味わうのはいかが

料理も人もええところを伸ばす、というのが僕が思うところです。 数年前

美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

福祉の島珈琲 今年は動きます!

さぁ今年は動こうか、と奥さんに話していました。 その前の晩に一人お酒

後口が紅茶のようなコーヒー

昨晩はおうちで家族揃って、夕食を。   五歳の娘

冬は濃いコーヒーが欲しいもの アイスコーヒー用の豆をホットで飲む

8月6日、夏生まれの僕です。 最近の暑さにはめっぽう弱くなりましたが

→もっと見る

PAGE TOP ↑