*

コーヒー豆をプレゼントしたい!でも先様の好みがわからない!そんな時のこの話

プロローグ

コーヒー屋をはじめまして、この間の3月に15年目に入りました。
こうして続けていけるのもお客様が応援してくれているおかげです。

 

美味しいコーヒーを売ってたら、自然にお客様が来てくださる!なんて鼻息荒くして開業しましたが、ところがどっこいそんな高飛車になった人のコーヒー豆なんて誰が買うもんですか、ね。

 

見事に鼻を折られた14年前、あそこで気づかなかったらどこまでも落ちていたと思います、感謝です。

 

島珈琲を続けていけているのもお客様というファンがあってこそ、サポーターがあってこそ。
これからも笑顔の為に、美味しいコーヒー豆を焙煎したいと思います。

 

そう、15年目なんです。
その長い期間を通じてわかったことですが、女性、男性、老若男女により味の好みにある一定の似た傾向があることを接客しながら学び、そして蓄積してきました。

 

コーヒー好きなあの人にコーヒー豆などをプレゼントするときは、このお話を参考にしてくださいね。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

IMG_2076

 

 

味の好みの傾向

男性と女性、ざっくり言うと男性の方が濃い味を好む方が多いです。
女性はどちらかというと濃い薄いというよりかは、刺激のないの味わいを求められます。

 

以前にも書きましたが、女性は子供を産みそして育てることから「食の中で子供を守る」という無意識が働いているそうです。
コーヒーの醍醐味である酸味や苦味というのは、基本的には食べ物においては危険信号です。

 

大人の味のコーヒーですが、苦味酸味がきついコーヒーにおいて、女性は刺激をキャッチする能力が男性よりもあるので、一般的に酸味苦味が際立った味わいは好まない傾向にあります。

 

老若で見ると、これは食事でわかりますよね。
若い時は脂っこいものでもバンバンいけましたが、歳を重ねるごとにお肉よりも野菜、魚などに徐々に好みが移行していきますよね。

 

ですので、どちらかというと歳を重ねる事にコーヒーもあっさりした味わいを好む、そうした傾向があります。

 

あとタバコをお吸いの方。
僕も以前は吸っていたのでよくわかるのですが、タバコを吸われる方は濃い味を好む方が、過去見てきた比率を思いだしてみると多いと記憶しています。

 

この上の基本軸にして、食事を見て聞いて判断する

プレゼントを贈るためにコーヒー豆を買われる時、贈る先様の好みが分からない時はお食事をことを聞きます。
僕の経験上、調味料をよく使う方、マヨネーズ、ソース、ケチャップなどなどは濃い味派。

 

サラダとかお肉でも基本的に素の味わい、つまり調味料をあまり使わずに食べられる方、もしくは塩を使うくらいだとかだと、あっさり派です。

 

SNSでも濃い料理の写真をアップしている方、ハンバーグとか肉とか脂ものとかが多い方は、濃い味派です。
同じく刺身とか野菜とか、シンプルな料理の写真を多くアップしている方は、あっさり派です。

 

濃い味派=深焙煎(深煎り)のコーヒー あっさり派=中焙煎(中煎り、浅煎りのコーヒー)
こんな感じで覚えておくと、コーヒーだけでなく食べ物、飲み物を贈るときに便利だと思います。

 

エピローグ

女性と男性の味覚が違うのを知ったのは、コーヒー豆屋をはじめてからのことでした。
このことを知っていろんな場所、いろんな人と一緒にご飯を食べている時に観察していると「ふーん、なるほど」と思うことが多かったです。

 

あくまでも傾向ですが、だいたい合っていると思ってますので、よろしければ活用してくださいね。
その先のもう少し詳しいことをお聞きしたいときは、僕に聞いて下さいね。

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

プロとは

 どんなときでも  いつも必ず90点以上の味で コーヒーをいれれること と コーヒーをた

記事を読む

僕がブログを始めた理由は○○だった

朝、目覚めると僕は黒い虫になっていた。   昨晩は奥様も娘もお疲れの様子、早く

記事を読む

僕がハワイ島のコーヒー農園で得た大事なこころ

プロローグ 僕がハワイ島のコーヒー農園へ働きに行ったのは、2001年1月のこと。 ボランティアと

記事を読む

きめ細やかさだよ 人生は

プロローグ 今朝のツイッターにこんなことを書きました 「生き残る生物は強い生物ではなく 環境の変化

記事を読む

僕はこんな事を考えて、お店に立つ

プロローグ 僕は職人にもなりたかったし、商売人にもなりたかった。 接客しているのが好きだけど、モ

記事を読む

あっなるほど!ブレンドを音楽を使って例えるとこうなった

プロローグ ブレンドとはそもそも何かというと、ある味とある味を足して新しいコーヒーの味を創ることで

記事を読む

コーヒーの香りは3つある だから楽しみも3つある

プロローグ 先日、僕のブログを見て「本を書いてみませんか?」と商業出版でのお話がありました。 お

記事を読む

コーヒーの香りの一番強いときはどの状態のときなの?

コーヒーは香りのものですよね。 コーヒーの香りと聞いてあなたは何を想像しますか?  

記事を読む

ナチュラル と ウオッシュ コーヒーの精製法

プロローグ コーヒー生豆が日本に届くまで ほんとにいろんな行程があり 様々な人の手がかかっています

記事を読む

no image

ディスカバリー

 今日 前職でお世話になりました(株)マツモトコーヒーの社長に 注文の電話があったので 電

記事を読む

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ただ ただ 感謝 ただ ただ ありがとう

    おかげ様で 島珈琲は開

中煎りと深煎りのコーヒー豆 どっちが人気があるの?

昨日は休日でしたが、午前中は障がい者支援施設とコラボしているカフェBe

コーヒー焙煎するお店にはどんな許可が必要か。

今回はちょっと趣向を変えて、お店を開業したい方むけのお話を。 カフェ

資格はいるの?コーヒー焙煎に資格はいるのかというお話

この時期になるとどうしても昔のことを思いだしてしまいます。 &n

島さんは、コーヒーの味わいはどこで決まると思ってますか?

今日は娘の保育園の卒園式です。 その後は、奥さんが娘と一緒に幼稚園の

→もっと見る

PAGE TOP ↑