*

10年前より仕入れのコーヒー豆が2倍高くなった、この先をふと未来を思ってみる

超アナログの僕です、こんにちは焙煎アーティスト 島規之です。

 

今朝、僕のパソコンが勝手ウィンドウズ10に変更してしまい、ちょっと待ってよセニョリータ!おいおい!の状態になってしまいました。
慌ててウィンドウズ7に戻し、事なきを得ましたが勝手にやめてくださいよー。

 

アナログな僕はそんな事をされると、止まってしまうのです。
熨斗ソフトとかダメになるんじゃないかとドキドキしましたよ、まったく、島プンプン丸です。

 

IMG_2068

 

さて、12年くらい前でしょうか、スペシャルティコーヒーという高品質コーヒーが僕たちのような個人で営む小さなお店でも仕入れが出来るようになり、取り扱い出来るようになったのは。

 

その頃より以前は高品質コーヒーを仕入れることは、なかなかどうして難しかったのを今でも記憶しています。
まだ高品質コーヒーの流通が頻繁ではなかったのですね。

 

その当時の価格表が先日、整理をしているとひょっこと出てきて、よく見ているとある豆は今の価格の2倍にもなっていました。

その豆とは、エチオピアモカです。

エチオピアモカが高価な豆になりました。

 

なぜか?個性のある味わいを持ったコーヒーだからです。
近年、高品質コーヒーが世界でブームになっています。

 

今まで、参入していなかった国のバイヤーさんも様々な生産国に訪れ買い付けをしています。
これによって価値あるコーヒーは取り合いの状況になり、結果高値が付き、その価値はどんどん上がっている そんな傾向に僕は見ています。

 

個性のある高品質コーヒーは、高級豆となってきました。
当たり前と言えば当たり前です、その価値があるんですからね。

 

ただ僕が思うのはコーヒー豆を購入し家で淹れて飲む人は、嗜好品というよりも日常品に近い存在です。

 
日常品で気軽に飲んでリラックス、それから寛ぎの時間に貢献できてかつ、家庭で飲むことを持続できる価格を提案することが使命と考えます。

 

安売りはしませんよ。
ただ継続するためにどの値段で価格設定するのがよいか、ここはしっかり考えて見極めて行きますからね。

 

こうしてコーヒー豆の仕入れ価格も上がってくると、今の自分の立ち位置から未来がどうなるのか少しだけ予想した上で、コーヒーの仕入れや価格、それからクオリティなど考えていかないとなぁ、とぼんやり昔の価格表をみて思いました。

 

ブレンドで新しい味を想像し創る、これも技術。
考える事はいっぱいあるなぁ、お客様の笑顔を見られるのなら、ね。

 

「5年前、誰がここまでスマホが生活浸透すると予測していましたか?」

 
マーケティング師匠、藤村正宏先生が言った言葉を思いだしながら、5年後はコーヒー豆を取り巻く世界の状況はどう変化していいるだろうか、ちょっとの不安とちょっとのドキドキが交錯した心の動悸を、すぐそこにあるコーヒーを一口飲んで落ち着かせ、ぼんやりと目を閉じ未来を想像してみる。

 

娘はその時どんな成長をしているかなぁ、と瞼裏には違うことが映っていた。
5年後も一緒に皆さんと笑顔でいる、それを目指して。

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーシロップ加糖 仕込み完了!

 コーヒーシロップ 無糖も加糖も 仕込みに関しての内容は 実は一緒なんです 焙煎止めの温度

記事を読む

コーヒーミルの価格 高い、安いは差はなんだろう?

プロローグ コーヒーの味わいって、コーヒーミルの性能もかなり左右するのは事実です。 &nbs

記事を読む

壁にぶつかれば、その時に考えればいい

プロローグ 昨晩、寝る前に本棚から、野茂英雄の本を何となく手にとってパラパラめくっていた。 野茂

記事を読む

カツが先か、カレーが先か、どっちだカツカレー

プロローグ 昨夜、カレーライスでした。 おかずはトンカツで、2きれ余してカツカレーにして食べまし

記事を読む

粉の挽き目で変わるコーヒーの味わいの濃さのお話

実は時代劇が割と好きで、今はあまり見ていないですが以前はよく見ていました。  

記事を読む

結婚をお手伝いした、ちょっとイイ話

プロローグ 「先日はありがとうございました。おかげ様で上手くいくことができました!」 満面の笑み

記事を読む

ドリップコーヒーをティファールで美味しくいれること考えた vol.1

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   今回はティファールでドリップコー

記事を読む

お店によって贔屓にしているコーヒー豆の銘柄ってあるの?

島珈琲のような個人店の場合のお話。   大手などはあまりこういうことはないかと

記事を読む

ドリップでアイスコーヒーを淹れる時のちょっとしたコツ

今、僕は真田太平記を読んでいます。 12巻あるうちの6巻を終了し、7巻に入ったところ。 &n

記事を読む

ペーパーフィルターを濡らすのに意味はあるのか?

日曜日に先日テレビ取材を受けた放送が、近畿圏内でオンエアーされました。 知り合いや友人など見てくれ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒーの香りをドリップで引き出す方法はあるのか?

昨日、母から電話がありました。   少し先ですが

考えよう、障がい者の働くを

昨日は久しぶりの島珈琲社会貢献部の活動でした。  

こんな方法でコーヒーを味わうのはいかが

料理も人もええところを伸ばす、というのが僕が思うところです。 数年前

美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

福祉の島珈琲 今年は動きます!

さぁ今年は動こうか、と奥さんに話していました。 その前の晩に一人お酒

→もっと見る

PAGE TOP ↑