*

ハンドドリップでグルグル回しながら淹れるのはなぜか?

プロローグ

ペーパードリップなど、ハンドドリップしてコーヒーを淹れる時「の」の字を書くようにお湯を注ぎますよね。
僕の中ではそれは当たり前の事として20年近く来たわけですが、なんでグルグル回すんだろ?と突如疑問がわき起こりました。

 

当然の事と思っていたので、何一つ疑う事はなかったのです。
何も疑っているわけではありません。

 

どうして「の」の字を書きながらが良いのか、ここで一つ整理してみたいなぁと思い、今回のブログはそれをまとめることにしました。
よろしくお付き合いくださいね。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

IMG_1948

 

どうして「の」の字に注ぐのか?

単純に考えて均一にコーヒーのエキスを抽出したいから、ということになりますね。
ドリッパーにペーパーをセットし、軽く揺すって粉を平らにします。

 

平らにして真ん中から、「の」の字を描くようにお湯を注ぎます。
この時、外側の縁のギリギリまでお湯をかける必要はありません。

 

コーヒーの粉の層をちゃんと通らずに下へ落ちていきますので、そうするとコーヒーのエキスが十分に抽出されません。
縁から5ミリくらい手前のところまでで大丈夫です。

 

こう書いていますと、コーヒーの層をちゃんと通る、ここがポイントになりますね。
お湯はコーヒーの層を通り、下へ落ちて行きます。

 

この時にどれだけコーヒーの層とお湯が接触していたか、できるだけ多く接触するようにお湯を注げるか、が美味しいコーヒーを抽出するポイントとなります。

 

回すときに僕がイメージしていること

お湯を注ぐというよりも、粉の上にお湯を置くようなイメージでお湯を注いでいます。
そしてお湯を置きながら、その回す緩い遠心力で粉を混ぜるようなイメージです。

 

置くように優しく注ぎ、その回しているお湯で優しく混ぜている、これが僕のイメージしているものです。

荒っぽく置いて荒っぽく混ぜるのはNGです。

 

こうすることによって、コーヒーの粉の層をより多くお湯が通り、コーヒーのエキスを抽出できると思っています。

 

さて、なぜ「の」の字を描く様に回すのか、まとめますのコーヒーのエキスをお湯に十分に含ませるためにまず均一にコーヒーの層を通る事が大事になります。
回すことにより表面全体に行き渡り、そうして下に落ちていくので、ロスのないやり方になる、こういう事になりました。

 

6秒動画、淹れ方を参考にしてくださいね。

 


 

 

エピローグ

コーヒーのエキスを十分に抽出するためにロスのないやり方が、「の」の字を描く様に回す事がベストである、となります。

 

円を描く意外に効率の良さそうな動作が今のところ思いつかないので、やっぱり回すやり方で良いということで落ち着きました。

 

今回は当たり前をちょっと深く掘ってみよう、そんなブログでした。
やっぱり先人はすごいなぁ、と改めて思ったことでした。

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーシロップ純情物語

プロローグ 明日、今年2回目のコーヒーシロップ無糖の252本分の仕込み焙煎をします。それがどうやっ

記事を読む

入り口がコーヒー 出口がオレンジ

 こんなん作ってみました この色合いは 皆さんどう思われますか? 下からガムシロを混ぜたオ

記事を読む

まぁるくなったなぁ

 一昨年に島珈琲に入団した デッティングコーヒーグラインダー内野手 切れ味抜群のカッティン

記事を読む

no image

できてきたぞぉー!

新しいホームページがほぼ完成の段階に入った はやりプロに頼むといい仕事をしてくれはるもんだ! あと少

記事を読む

初心者必読!ペーパードリップで1杯淹れるのと2杯淹れるのとどっちが安定するか?

プロローグ 次の月曜日にコーヒーセミナーをしてほしいとご依頼がありまして、高槻上牧にあるイタリアン

記事を読む

どっちだ!電動ミル、手挽きミル、性能が良いのは!

プロローグ さて12日火曜日はセミナーに行き、勉強をしてきますので高槻店お休みを頂戴します。 島

記事を読む

味の変化

高槻店の焙煎機を使い始めて10ヶ月あまりが経ちました僕の焙煎機のシリンダーは従来の鉄製でなくステンレ

記事を読む

no image

情熱の薫りを求めて

 情熱の薫りを求めて     島珈琲 島 規之 島珈琲のコーヒーで、こころがほどけ、リラッ

記事を読む

はじめてのコーヒーミル 手挽きと機械 どっちがいいの?

ある本を読んでいて、そこにはこうかかれていました。   ものがたくさんあること

記事を読む

ドリップするお湯の温度は何℃が美味しいの?

プロローグ どうして、いつもいつもブログのネタがあるのか。 僕自身も時々不思議に思いますが(笑)

記事を読む

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ドリップ?焙煎?コーヒーの香りはどこで決まるのか?

コーヒーは香りのものですよね。 特に女性はコーヒーにおいて、味わいと

甘みのあるコーヒー豆をください

最近、このブログのタイトルにあるように言われ、コーヒー豆をお買い求めに

何をするにもカクゴっているよね

さて、久しぶりにブログを書くネタが思いつきませんでした。 &nb

ブレンドのネーミングはどんなふうに決めているのか

娘はなぜかテレビの天気予報が好きで、大阪は晴れくもりやなぁとか、花粉状

教えて!グァテマラコーヒーの魅力とは

昨日は休日。 午前中で終了する娘の幼稚園の送り迎えをして、そのあとは

→もっと見る

PAGE TOP ↑