*

ハンドドリップでグルグル回しながら淹れるのはなぜか?

プロローグ

ペーパードリップなど、ハンドドリップしてコーヒーを淹れる時「の」の字を書くようにお湯を注ぎますよね。
僕の中ではそれは当たり前の事として20年近く来たわけですが、なんでグルグル回すんだろ?と突如疑問がわき起こりました。

 

当然の事と思っていたので、何一つ疑う事はなかったのです。
何も疑っているわけではありません。

 

どうして「の」の字を書きながらが良いのか、ここで一つ整理してみたいなぁと思い、今回のブログはそれをまとめることにしました。
よろしくお付き合いくださいね。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

IMG_1948

 

どうして「の」の字に注ぐのか?

単純に考えて均一にコーヒーのエキスを抽出したいから、ということになりますね。
ドリッパーにペーパーをセットし、軽く揺すって粉を平らにします。

 

平らにして真ん中から、「の」の字を描くようにお湯を注ぎます。
この時、外側の縁のギリギリまでお湯をかける必要はありません。

 

コーヒーの粉の層をちゃんと通らずに下へ落ちていきますので、そうするとコーヒーのエキスが十分に抽出されません。
縁から5ミリくらい手前のところまでで大丈夫です。

 

こう書いていますと、コーヒーの層をちゃんと通る、ここがポイントになりますね。
お湯はコーヒーの層を通り、下へ落ちて行きます。

 

この時にどれだけコーヒーの層とお湯が接触していたか、できるだけ多く接触するようにお湯を注げるか、が美味しいコーヒーを抽出するポイントとなります。

 

回すときに僕がイメージしていること

お湯を注ぐというよりも、粉の上にお湯を置くようなイメージでお湯を注いでいます。
そしてお湯を置きながら、その回す緩い遠心力で粉を混ぜるようなイメージです。

 

置くように優しく注ぎ、その回しているお湯で優しく混ぜている、これが僕のイメージしているものです。

荒っぽく置いて荒っぽく混ぜるのはNGです。

 

こうすることによって、コーヒーの粉の層をより多くお湯が通り、コーヒーのエキスを抽出できると思っています。

 

さて、なぜ「の」の字を描く様に回すのか、まとめますのコーヒーのエキスをお湯に十分に含ませるためにまず均一にコーヒーの層を通る事が大事になります。
回すことにより表面全体に行き渡り、そうして下に落ちていくので、ロスのないやり方になる、こういう事になりました。

 

6秒動画、淹れ方を参考にしてくださいね。

 


 

 

エピローグ

コーヒーのエキスを十分に抽出するためにロスのないやり方が、「の」の字を描く様に回す事がベストである、となります。

 

円を描く意外に効率の良さそうな動作が今のところ思いつかないので、やっぱり回すやり方で良いということで落ち着きました。

 

今回は当たり前をちょっと深く掘ってみよう、そんなブログでした。
やっぱり先人はすごいなぁ、と改めて思ったことでした。

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

産地によるコーヒーの味の違い

たまには コーヒー屋さんらしくコーヒーの記事を 書こうと思い みんなどんな事が知りたいのだろうか と

記事を読む

お客様にとんでもないドリップの秘密兵器を教えてもらいました!

ブログネタどうしようかなぁーと、悩んでいたタイミングにお客様が御来店。 コーヒー豆を渡した時に、お

記事を読む

夏のコーヒー豆・粉の保存で気をつけたいこと

最近なぜか子供の頃、初めて行ったプロ野球観戦のことを思いだすんです。   小学

記事を読む

ハート

 昔から 人より不器用で まず頭で理解しないと体に入っていかなく とにかく出来るようになる

記事を読む

どうなるの?フレンチプレスでペーパードリップみたいに初め蒸らしてみた結果

プロローグ 最近「蒸らし」にはまっています。 というのも、こうしなければならない、という業界の当

記事を読む

それぞれのコーヒーにあうケーキってありますか?

結婚するまでは家でコーヒーを飲む、ということはあまりありませんでした。   お

記事を読む

コーヒーの香りを閉じこめて・・・

 今日は平日の仕事がお休みなので ドリップバッグの仕込みをしまして パックにしてもらう工場

記事を読む

麻袋の使い方だよ!コーヒー生豆の袋の使い道

プロローグ 麻袋と書いて、僕たちは「マタイ」と呼んでいます。 僕は普通と思っていましたが、マタイ

記事を読む

しまこーひー夏の陣 アイスコーヒー達が出揃いました!

プロローグ さてさてさて、関西は梅雨入りしぼちぼち夏モードになりました。それにあわせて島珈琲の夏の

記事を読む

知ってますぅ?歯周病対策にコーヒーが効果的なことを!

今朝は6時過ぎの家を出て 高槻店に車で向かい 岡町本店でも使う荷物を積みこんでいましたが 半袖

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー豆の大きさは美味しさに比例するのか

ブログを書くときはその時の気持ちも随分と影響するモノで、嬉しいことがあ

コショウの挽き方とコーヒーの挽き方を比べる

コショウについてはあまり詳しくないので、知ったようなことは書けないので

古材に囲まれてコーヒーを愉しむ

毎日が割とリラックスして過ごせるのは、これはコーヒー屋の特権かもしれな

背面カウンターにした結果は

背面カウンターとは。 カウンターは普通に考えると、オープンキッチンに

お店のBGMを考える BGMの目的は?

昨日はお休みで、午後からは実家に遊びに行きました。 娘はおじいちゃん

→もっと見る

PAGE TOP ↑