*

味の変化

公開日: : coffee

高槻店の焙煎機を使い始めて10ヶ月あまりが経ちました

僕の焙煎機のシリンダーは従来の鉄製でなくステンレス製のもので
ステンレスには鉄に比べ蓄熱が少なく 伝導熱による焙煎の進行よりも
対流熱での焙煎の進行の方がウエイトが大きいので
方式としては簡易式の熱風式焙煎のような感じになっています

ちょっと専門的になりましたね

鉄でもステンレスでも使い込んでいるうちに

~お好み焼き屋さんの鉄板でもそう 使い込めば
使い込むほど 値打ちがあがるように~

焙煎機のシリンダーも使い込めば使い込んだ味になってきます

下部の写真 

上は今の状態

下は 装着する前の新しいとき

わかりにくいですが 上の方が使い込んでいて黒くなっているのが
わかると思います

この黒いもの
僕らはカーボンといっています 科学的なことは知りませんが
これがついてくると熱伝導がソフトになり 優しい味わいに
なってくるように僕は思ってます

従って 今はオープン当初の真新しい時のシリンダーの味よりも
少し優しくなり始めました
最初の頃は僕の味と言うよりも 
「ステンレスシリンダーの味」が強かったですが
月日が経つにつれて 僕のクセも浸みてきて
僕が表現するコーヒーの味になってきたなぁ と思ってます

おもしろいもんで機械が変わろうと場所が変わろうと
僕の味は僕の味で なんとなくかわらないみたいです

最近 晩ご飯の後に飲むコーヒーは
「コーヒーの神様」とも呼ばれる 神戸トアロードの樽珈屋さん
僕の焙煎のお師匠さまですが
樽珈屋さんのパナマ と 島珈琲のブラジルを1日おきに
交互に嫁さんがコーヒーメーカーで入れてくれて飲んでます

樽珈屋さんのコーヒーを飲むと 流石やなぁーおいしいなぁー
と感服しながら頂いております 勉強になります

島珈琲を飲むと やっぱり僕の味つけやなぁ~僕の焙煎の味やなぁ~
と思って飲んでいます
そうしていろいろ比べて飲んでいると 
銘柄は違うものの ほんとに勉強になりますね

ということで 年輪の数だけ島珈琲は さらに島らしいコーヒーを
作り続けて行きたいと思います 
そして人間的にも年輪を増やすたび 
ひとつまたひとつ ちょっとずつ大きくなりたいと思います

たまには コーヒー屋らしい記事を書いてみました

では また明日

月いち スタッフの中村による島珈琲のコーヒー講座

今月は9月26日に開催です 詳しくはこちら

 http://shima-coffee.jugem.jp/?eid=1416

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーの焙煎はどれくらいの時間をかけてしているの?

昨日1月6日は、12月20日から休みなしの連勤になっていましたので、臨時休業を頂戴して娘との時間と心

記事を読む

マグカップに直接ドリップして美味しく飲むコツ

今4歳の娘がいるのですが、最近なんというか気遣いができるようになってきたのですね。 「今これしたら

記事を読む

なぜ?カフェや喫茶店のお冷や(お水)が出てくるのか

プロローグ 昨晩は娘の4歳の誕生日パーティでした。   娘のリクエストを奥様

記事を読む

どうして僕がグァテマラコーヒーにこだわるのか?

プロローグ 島珈琲のメニューなどに「僕が最もこだわるコーヒー」とグァテマラのコメント欄に書いており

記事を読む

これぞ タンザニア

 タンザニアといえばキリマンジャロで高名ですよね さて 島珈琲ではレギュラーの交代を告げま

記事を読む

コーヒーチェリーの果肉ってどうなるの?

8月はどちらかというと閑散期で、お客さんの流れが緩やかです。   緩やかだなと

記事を読む

参考にしてみて、ドリップするときの小技集

プロローグ 基本、プロというのは手の抜くところを知っているものだと思います。  

記事を読む

コーヒーパワーアップ大作戦

 来る11月16日 神戸 マツモトコーヒーさんでおこなわれる エスプレッソセミナーに出席し

記事を読む

おまたせいたしました

島珈琲オリジナル コーヒーシロップ 無糖タイプ 明日早朝 此花区にある工場へ 生豆48キロ相当のコー

記事を読む

ブレンドについて考えた

今朝も自転車で受ける風は涼しく 長袖でもちょうど良い季候でした 今日から多くの方は3連休でしょう

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ブログのネタに困ったら僕が手に取るコーヒーの本

基本的にブログのネタはお客さんから頂戴しています。  

焙煎とは、引き出す作業なんです

昨日は定休日。 家族でおじいちゃん、おばあちゃんに会いに行ってきまし

今まで一番臭かったものは何?

今までで、あなたの中で「一番臭い!」と思った経験はどんなものでしたか。

あの芸能人の、あのコーヒーが再販決定しました!

あっというまのことで、息をつく間がなかったというか、再販するかどうかの

ブレンドコーヒーはいつも同じ味になるのですか?

あの芸能人の、あのコーヒーが再販されるかも?  

→もっと見る

PAGE TOP ↑