*

まとめ・ペーパードリップとフレンチプレスの違い

プロローグ

島珈琲のお客様を見ていると、ペーパードリップ(コーヒーメーカー・ハンドドリップ)かフレンチプレスをお使いの方が多いようです。

 

どちらが良いではなく、どちらが使いやすいか便利か、好みの味わいか、ですのでどちらにも一長一短ありますが、気に入った器具を使ってもらえば良いと僕は考えます。

 

要は楽しく飲めたらそれでいいと、ここを重要としていますのでドリップのテクニックが難しそうだと思うなら抽出がカンタンなフレンチプレスを。

 

いやいやこのドリップに奥行きがあってコーヒーの面白さが凝縮されているんだ、と思う方はペーパードリップを。

 

家庭では片付けにちょっと面倒なところがあるけども、雰囲気のあるサイフォンだってオーケーです。
家で楽しくコーヒーを飲むことをお手伝いするのが僕の仕事です。
お困りの事があれば聞いてくださいね。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

IMG_1916

 

ペーパードリップとフレンチプレスの最大の違いは?

濾されているか、というのが最大の違いですね。
ペーパーまたはネルドリップは専用の紙、布で濾されています。

 

ですので抽出したコーヒーの液体が澄んでおり、濁りがありません。

 

フレンチプレスは金属の細かい目になったフィルターを通りますが、布や紙で濾されているわけではありません。
ですので細かく挽かれたコーヒーの粉、これを微粉といいますがこれが金属のフィルター内を通過し、液体に混ざり飲み干した最後、カップの底に細かい粉がドロッとして溜まってます。

 

フレンチプレスを使わない理由は、この最後のドロッとしたのが残る、これを敬遠している方がお聞きしていると多いようです。

 

エスプレッソも金属のフィルターなので、コーヒーの液体における共通点はフレンチプレスのものだいたい同じになります。

 

味わいの違いは

味わいがクリアーなのが、ペーパードリップ。
味わいというか液体に重みがあるのが、フレンチプレス。

 

一長一短なところは、ハンドドリップによるペーパードリップはちょっと技術がいると道具がいるのに対して、フレンチプレスはそれがあればOK、そして特に抽出においてはテクニックを要さないことです。

 

但し後片付けはペーパードリップは楽ちんです、比べるとフレンチプレスは後片付けちょっと手間がかかり、器具もきっちり洗っておく必要があります。

 

コーヒーの持つ脂が器具に付着したままだと、次回使用するときにその脂が乾いてニオイがコーヒーに付きます。
それは味わいに影響を及ぼします。

 

違いはこういったところです。

 

エピローグ

ハンドドリップにはいろいろな遊びがあって面白いです。
フレンチプレスはコーヒーそのものの味わいがストレートに出て、これも面白いです。

 

どっちを使おうか迷ったら、どっちが楽しそうか、面白そうかで選んでいいと思います。
どっちも面白そうと思ったら、どっちもやってみてね。

 

同じコーヒーを器具の違いで飲み比べてみるのも面白いですからね。
それでは、また次回。
薫る島珈琲をもう一杯。

 

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

1+1=2以上になる 経営とか結婚とかブレンドとか 相乗効果の話

プロローグ 島珈琲を立ち上げた当初は一人で経営をしていました 一人で長く経営していると一人の力は所

記事を読む

パートナーシップ を考えてみた

これは仕事だけに関わらず 私生活面でもいえることかなぁ なんて思っています パートナーシップ この言

記事を読む

ペーパーは濡らす派、濡らさない派、あなたはどっち?

プロローグ 先日こんなツィートをしたところ反応がよかったんですね。   ペーパー

記事を読む

中煎りとか深煎り、煎りの違いって何の違い?

コーヒー豆の焙煎度合いを表す言葉が、浅煎り=浅焙煎 中煎り=中焙煎 深煎り=深焙煎 となります。

記事を読む

寝る前にコーヒー飲んで大丈夫?

連日、違うお客さんから同じ質問を受けました。 コーヒーを寝る前に飲むとよくないと言いますけど、

記事を読む

続 ナイス!島珈琲!

 ということで 続編です 続編の今日は ナイス!島珈琲!の一員である メリタ社コーヒーメー

記事を読む

ご存じですか!コーヒーをドリップした直後 濃いのは底の方にたまってる事を!

プロローグ 春、麗らかですね。 タンポポやチューリップ、菜の花、街の至る所で花は咲き、心の色を豊

記事を読む

みんなの知ってるブラジルコーヒー 味わいの特徴ってどんな感じ?

コーヒーと言えば、ブラジルが有名ですよね。 コーヒー大国ブラジル、コーヒーの生産地として世界で1番

記事を読む

コーヒー焙煎はどんな事を考えて、焙煎しているのか

プロローグ コーヒーの焙煎とはコーヒー生豆を火で(熱で)焙る作業のこと言います。 コーヒー生豆は

記事を読む

おつかれでっしゃろ

  今日はいつも頑張っている島珈琲の戦艦 焙煎機のベアリングの グリスアップをしました コ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲のコーヒーが飲めるカフェ 芦屋編 ~ブックカフェ三日月と太陽~

先日、お休みを利用して芦屋に行って来ました。 芦屋には僕の友達が経営

コーヒーの味わいにおける「からい」ってなんですか?

昨日はお休みでした。 娘の幼稚園も振替休日でお休み。 &nbs

お店が閑古鳥の時、僕はどんなことを考えているのか

お商売を長くしていると、季節によって流れがあるのを知り、この月は繁忙期

コーヒーの実の収穫って大変なんです!のお話

昨日ツイッターに、このツィートをしたところ興味を持ってくださった方がお

毎月の季節のブレンド どんな感じでブレンド作っているの?

体調が芳しくありません。 連休前からのバタバタで疲れが出てしまったよ

→もっと見る

PAGE TOP ↑