*

まとめ・ペーパードリップとフレンチプレスの違い

プロローグ

島珈琲のお客様を見ていると、ペーパードリップ(コーヒーメーカー・ハンドドリップ)かフレンチプレスをお使いの方が多いようです。

 

どちらが良いではなく、どちらが使いやすいか便利か、好みの味わいか、ですのでどちらにも一長一短ありますが、気に入った器具を使ってもらえば良いと僕は考えます。

 

要は楽しく飲めたらそれでいいと、ここを重要としていますのでドリップのテクニックが難しそうだと思うなら抽出がカンタンなフレンチプレスを。

 

いやいやこのドリップに奥行きがあってコーヒーの面白さが凝縮されているんだ、と思う方はペーパードリップを。

 

家庭では片付けにちょっと面倒なところがあるけども、雰囲気のあるサイフォンだってオーケーです。
家で楽しくコーヒーを飲むことをお手伝いするのが僕の仕事です。
お困りの事があれば聞いてくださいね。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

IMG_1916

 

ペーパードリップとフレンチプレスの最大の違いは?

濾されているか、というのが最大の違いですね。
ペーパーまたはネルドリップは専用の紙、布で濾されています。

 

ですので抽出したコーヒーの液体が澄んでおり、濁りがありません。

 

フレンチプレスは金属の細かい目になったフィルターを通りますが、布や紙で濾されているわけではありません。
ですので細かく挽かれたコーヒーの粉、これを微粉といいますがこれが金属のフィルター内を通過し、液体に混ざり飲み干した最後、カップの底に細かい粉がドロッとして溜まってます。

 

フレンチプレスを使わない理由は、この最後のドロッとしたのが残る、これを敬遠している方がお聞きしていると多いようです。

 

エスプレッソも金属のフィルターなので、コーヒーの液体における共通点はフレンチプレスのものだいたい同じになります。

 

味わいの違いは

味わいがクリアーなのが、ペーパードリップ。
味わいというか液体に重みがあるのが、フレンチプレス。

 

一長一短なところは、ハンドドリップによるペーパードリップはちょっと技術がいると道具がいるのに対して、フレンチプレスはそれがあればOK、そして特に抽出においてはテクニックを要さないことです。

 

但し後片付けはペーパードリップは楽ちんです、比べるとフレンチプレスは後片付けちょっと手間がかかり、器具もきっちり洗っておく必要があります。

 

コーヒーの持つ脂が器具に付着したままだと、次回使用するときにその脂が乾いてニオイがコーヒーに付きます。
それは味わいに影響を及ぼします。

 

違いはこういったところです。

 

エピローグ

ハンドドリップにはいろいろな遊びがあって面白いです。
フレンチプレスはコーヒーそのものの味わいがストレートに出て、これも面白いです。

 

どっちを使おうか迷ったら、どっちが楽しそうか、面白そうかで選んでいいと思います。
どっちも面白そうと思ったら、どっちもやってみてね。

 

同じコーヒーを器具の違いで飲み比べてみるのも面白いですからね。
それでは、また次回。
薫る島珈琲をもう一杯。

 

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

どら焼きとコーヒーとわたし

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 先日 あるお客様に「どら焼きの美味しいお店っ

記事を読む

世界各国にあるコーヒーの産地、味の違いはどうしたらわかるの?

昨日は、あの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さんがブログで島珈琲のことをめちゃくちゃ素敵に書いてくだ

記事を読む

厚手のカップ、薄手のカップ、どっちがコーヒーは美味しいの?

プロローグ 今回はカップついてのお話です。 陶器のカップ、いろいろとオシャレなデザインのもの、沢

記事を読む

手提げバッグ

 最近 忙しいのは忙しいのですが 忙しいだけが理由でなく 日記が書けてない毎日なのですが 

記事を読む

コーヒーシロップの新しい使い方。お湯で割ってホットコーヒーができる!

プロローグ 先日、お客さまから電話がありました。 「島さんところのコーヒーシロップ、お湯で割って

記事を読む

最初から道具なんて揃えなくていい!

プロローグ 高槻は桜が咲きとっても綺麗な季節になりました。 道ばたには花がところどころで顔をだし

記事を読む

コーヒーとミルクの相性学

関西ではコーヒーに入れるミルクをフレッシュと言いまして、フレッシュと言って通じなかった時に???とな

記事を読む

どうして僕がグァテマラコーヒーにこだわるのか?

プロローグ 島珈琲のメニューなどに「僕が最もこだわるコーヒー」とグァテマラのコメント欄に書いており

記事を読む

コーヒーを粉にして1年間冷凍保存したものをドリップした結果

プロローグ 島珈琲では、お客様が家で飲む為のコーヒー豆をご購入の際、都度計り、都度お聞きして粉にし

記事を読む

無糖 無糖 無糖!!

さて 今季2度目のコーヒーシロップ無糖の新ロットが明日到着しますそうです 4倍の牛乳で割るととても美

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉

夏のコーヒー豆・粉の保存で気をつけたいこと

最近なぜか子供の頃、初めて行ったプロ野球観戦のことを思いだすんです。

アイスコーヒーは専用の豆で淹れないといけないの?

今朝はゆっくり目に起きました。 繁忙期は娘が起きる前に家を出るのです

コーヒー焙煎はどこが面白いの?

コーヒー豆屋さんは(島珈琲は)、どちらかというと夏は閑散期です。

続・ペーパーフィルターの保管方法

久しぶりにコーヒーを美味しく飲むために、基本的でとっても大事なことを書

→もっと見る

PAGE TOP ↑