*

まとめ・ペーパードリップとフレンチプレスの違い

プロローグ

島珈琲のお客様を見ていると、ペーパードリップ(コーヒーメーカー・ハンドドリップ)かフレンチプレスをお使いの方が多いようです。

 

どちらが良いではなく、どちらが使いやすいか便利か、好みの味わいか、ですのでどちらにも一長一短ありますが、気に入った器具を使ってもらえば良いと僕は考えます。

 

要は楽しく飲めたらそれでいいと、ここを重要としていますのでドリップのテクニックが難しそうだと思うなら抽出がカンタンなフレンチプレスを。

 

いやいやこのドリップに奥行きがあってコーヒーの面白さが凝縮されているんだ、と思う方はペーパードリップを。

 

家庭では片付けにちょっと面倒なところがあるけども、雰囲気のあるサイフォンだってオーケーです。
家で楽しくコーヒーを飲むことをお手伝いするのが僕の仕事です。
お困りの事があれば聞いてくださいね。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

IMG_1916

 

ペーパードリップとフレンチプレスの最大の違いは?

濾されているか、というのが最大の違いですね。
ペーパーまたはネルドリップは専用の紙、布で濾されています。

 

ですので抽出したコーヒーの液体が澄んでおり、濁りがありません。

 

フレンチプレスは金属の細かい目になったフィルターを通りますが、布や紙で濾されているわけではありません。
ですので細かく挽かれたコーヒーの粉、これを微粉といいますがこれが金属のフィルター内を通過し、液体に混ざり飲み干した最後、カップの底に細かい粉がドロッとして溜まってます。

 

フレンチプレスを使わない理由は、この最後のドロッとしたのが残る、これを敬遠している方がお聞きしていると多いようです。

 

エスプレッソも金属のフィルターなので、コーヒーの液体における共通点はフレンチプレスのものだいたい同じになります。

 

味わいの違いは

味わいがクリアーなのが、ペーパードリップ。
味わいというか液体に重みがあるのが、フレンチプレス。

 

一長一短なところは、ハンドドリップによるペーパードリップはちょっと技術がいると道具がいるのに対して、フレンチプレスはそれがあればOK、そして特に抽出においてはテクニックを要さないことです。

 

但し後片付けはペーパードリップは楽ちんです、比べるとフレンチプレスは後片付けちょっと手間がかかり、器具もきっちり洗っておく必要があります。

 

コーヒーの持つ脂が器具に付着したままだと、次回使用するときにその脂が乾いてニオイがコーヒーに付きます。
それは味わいに影響を及ぼします。

 

違いはこういったところです。

 

エピローグ

ハンドドリップにはいろいろな遊びがあって面白いです。
フレンチプレスはコーヒーそのものの味わいがストレートに出て、これも面白いです。

 

どっちを使おうか迷ったら、どっちが楽しそうか、面白そうかで選んでいいと思います。
どっちも面白そうと思ったら、どっちもやってみてね。

 

同じコーヒーを器具の違いで飲み比べてみるのも面白いですからね。
それでは、また次回。
薫る島珈琲をもう一杯。

 

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ドリップするときのお湯の太さの違いで結果はどうなるの?

もうちょっとです。 僕のコーヒー本、まだかまだかと聞いてくださっている皆様に朗報です。 いよ

記事を読む

続!合格コーヒー(ぼちぼち進んでます♪)

プロローグ どうやら胃腸炎らしきものになったようで、ここずっとお腹の調子が悪く、集中力が散漫に

記事を読む

ブレンド

 昨日 四季菜フレンチ ソレイユのシェフとお話ししていまして シェフが「コーヒーはごまかし

記事を読む

no image

アフリカ チャンピオン

昨日はSCAJトレイニング委員会の副委員長でもある  カフェプントコムの 土屋氏が高槻店に東京からわ

記事を読む

焙煎カーブをえがく

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   僕は「人生とはなんぞや」というの

記事を読む

そうだったのか!喫茶店ででてくるお冷やの役割とは

プロローグ カフェや喫茶店に行くとお冷や、お水ですね、出てきますよね。 その役割について今日は記

記事を読む

なぜマンデリンコーヒーは愛されるのだろうか

昨日はお休みで、午前中は娘の幼稚園の送り迎え。 昼からは家族で公園へ行き、娘と電車ごっこ。 その

記事を読む

ご存じですか?タンザニアというコーヒー豆を

タンザニア、どこにある国かご存じですか? そうですアフリカ大陸ですね。  

記事を読む

道具は大事にするからこそ 最高のパフォーマンスを見せてくれる

プロローグ 昔から磨くことが好きで いや磨いて輝きをみるのが好きなのかなぁ 小学生の頃は自転車 青

記事を読む

コーヒーポットの選び方

今日の大阪は曇り 朝の風は涼しく 日の光がないぶん暑さは少しマシな気がしますが 今年は湿度が高いよう

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハワイ島でコーヒーの素材を「見抜くの目」が育ったというお話

先日、奥さんにある相談をしました。   島珈琲社

コーヒーの香りをドリップで引き出す方法はあるのか?

昨日、母から電話がありました。   少し先ですが

考えよう、障がい者の働くを

昨日は久しぶりの島珈琲社会貢献部の活動でした。  

こんな方法でコーヒーを味わうのはいかが

料理も人もええところを伸ばす、というのが僕が思うところです。 数年前

美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

→もっと見る

PAGE TOP ↑