*

中煎り(中焙煎)と深煎り(深焙煎)の決定的な違いとは

プロローグ

もちろん味わいの違いもあります。
中焙煎は爽やかな酸味と僅かに感じる苦味のコントラスト、深焙煎は苦味の中に隠された甘み、少し時間が経ったときチョコレートかと思うような味わい。

 

国による味わいの違いはあれど、それぞれにある程度の共通した焙煎度合いの味わいがあります。

 

その差が決定的にわかるものがありますので、良かったらちょっと見てみてくださいね。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

ドリップバックのマイルドとビターを仕込みました

島珈琲の主力の商品の一つでもあるドリップバック。

 

IMG_1612

 

以前までは片がけでしたが、次ロットから両がけタイプに変更になります。
ちょっと淹れにくいなぁと思っていた方、お待たせしました。
これで随分と使い勝手が良くなるはずです。

 

IMG_1605

 

さて、このドリップバックには2種類あってマイルドとビターがあります。
マイルドは中焙煎、ビターは深焙煎です。

 

いつも10キロのコーヒー生豆を焙煎し、出来上がったコーヒー豆を九州の工場へ送り、そしてパック詰めしてもらってまた帰ってきます。

このドリップバックの仕込み焙煎をしていて、あっこれわかりやすいなぁと思ったのでお見せしますね。

 

決定的な差それは・・・

こちらの写真、汚い字で申し訳ありませんが見てください。

IMG_1611

 

 

上の赤枠がドリップバックマイルド、下がビターです。
赤枠の右から2つめの数字が焙煎後の数字です。

 

上マイルドが計10キロのコーヒー生豆を焙煎して、出来上がりが8454g。
下ビターが、同じく8176g。

 

ほぼ同じ条件で焙煎をして、出来上がりに約300gほどの差がでます。
深焙煎の方が焙煎時間が長いため、熱にさらされている時間が長い事になり、豆に含まれる水分がより多く蒸発する、ということになるんですね。

 

昔、なぜアメリカンコーヒーが浅い焙煎のものだったかというと、アメリカは独立戦争か何かの時にコーヒー豆の輸入が制限された、でもそれを多くの人に飲んでもらいたかった。
つまり深焙煎よりも中焙煎、浅焙煎の方が水分消失量が少ない為により多くの杯数が取れるから、という理由があったからなんですね。

 

エピローグ

これを知った上で、中焙煎、深焙煎、それぞれのコーヒー豆をかじってみると、中焙煎はウエットな感じで固め、深焙煎はドライでサクッって感じの歯ごたえを認識して貰えると思います。

 

豆知識として知っておくと面白いかなぁと思って書きました。
それでは、また次回。

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

初めてのコーヒーミル 何を買えばいい?

プロローグ 秋です。ホットコーヒーの美味しいシーズンがやってきました。 おうちで飲むコーヒー、一

記事を読む

蒸らしを終わらせるタイミングとは

ここ数回、蒸らしに関係するブログが多いような気がしております。 ではおさらい、「蒸らし」とは何か。

記事を読む

カフェオレベース動き出す

JUGEMテーマ:おすすめカフェスイーツ  牛乳で4倍に割ったら 懐かしいミルクコーヒーが

記事を読む

ペーパーでコーヒーの味は変わるの?

以前にも書いたことですが、昨日お客さんに聞かれたので、もう一度書きなおしたいと思います。 リライト

記事を読む

変わらぬ思い コーヒーはたのしむもの

昨日の書いた記事を読み返していました。   あっ!と思ったのは、撮った写真が間

記事を読む

ミルによって違うコーヒーの味わいをカンタンに書いてみた件

プロローグ コーヒーの味わいは、ほんとにいろいろな事で変化します。実にデリケートです。 コーヒー

記事を読む

ドリップバッグの試作はこうしてつくられる物語

プロローグ 出版するコーヒー本の原稿見直し、修正が思うように進まない。 僕は今年で41歳になりま

記事を読む

ないよね 信用はお金で買えるのか?

今日はめまぐるしく、通販の発送、ご近所さんの配達、それから業務用卸のコーヒーとてんやわんやで、有難い

記事を読む

どう使う?ドリップした後のコーヒーの粉

プロローグ 日本ではドリップした後のコーヒーの粉の二次利用について、結構興味を持たれている方、知り

記事を読む

アイスコーヒーはなぜ深焙煎のコーヒーを使うのか?

プロローグ アイスコーヒーはなぜテカテカに光る深焙煎の苦めのコーヒー豆がいいのか? 深焙煎でない

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
高級コーヒーの魅力とは?~短パンコーヒーの魅力に迫る~

今日はこんなツィートをしました。    

笑顔力 それは人生をあたたかいものに変える力 かな

今朝はこんなツィートをしました。   接客をして

短パンコーヒーを美味しく飲もう!おうちで楽しむコーヒーの基本的なこと

短パンコーヒーがいよいよ全国に発送され、本日より順次皆さんのお手元に届

島珈琲の通販のお買い物をもっと便利に

島珈琲は岡町本店と高槻店があり、姉妹店にカフェBe店、この3つのお店を

変わらぬ思い コーヒーはたのしむもの

昨日の書いた記事を読み返していました。   あっ

→もっと見る

PAGE TOP ↑