*

何か意味があるの?コーヒー豆に付けられている名前とは

プロローグ

モカ、キリマンジャロ。
どちらも大抵の方は知っていると思います。

 

モカというのは名前の由来は、現在はありませんが世界に向けて一番初めにコーヒー豆が輸出された港がモカ港で、そこからモカと名前が付きました。
今やコーヒーの代名詞になっていますよね。

 

キリマンジャロ、こちらは山の名前。
国はタンザニアになります。

 

コーヒー屋さんに行くと世界の国のコーヒーが並んでいます。
そこでコーヒーにいろんな名前が付いていますが、その名前の意味などを今日はちょっと説明しますね。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

名前の意味

国によってコーヒー豆の等級分けがあります。
中南米産ではSHBと記されたコーヒー豆をよく見ますが、これは生産地の標高が高い所で採れたものですよ、という記号。

 

ナンバーが付いているのはコーヒー豆のサイズが多いです。
コロンビアはスプレモ、エキセルソ、という言葉でコーヒー豆の大きさを表しています。

 

国によって違うので、全部説明しきれませんのでめちゃくちゃ曖昧な説明になりましたが、コーヒー豆の採れた標高、コーヒー豆の大きさ、コーヒー豆の中の欠点豆の混入比率による格付け、これらを記号に表しています。

 

IMG_1566

 

~~農園と記されているコーヒー豆

日本でいう作った農家さんまでわかる、○○さんが作った野菜と同等で栽培した方がわかるものが多いです。

島珈琲の取り扱うコーヒー豆は、農園ものと地区のものとあります。

 

例えばグァテマラ。
アンティグア地方のクラシコ農園で栽培されたコーヒー豆を使用しています。

 

ブラジルはセラード地方という、過去不毛の土地だったところを日本とブラジルが共同開発した土地で栽培されたコーヒー豆を使用しています。
こちらは複数の農家で採れたコーヒー豆をその地区で栽培されたコーヒー豆をブレンドしたものです。

 

お米の地区のブレンド米とほぼ一緒です。
僕はこのコーヒーを農協ものと呼んでいます。

 

農園ものこれが単一のもので、農協ものこれが地区でブレンドされたものです。

農園ものは農園の名前が付き、農協ものは地区の名前もしくは地区と品種の名前がついていたります。

 

IMG_1579

 

島珈琲のコーヒー豆のメニュー表はこんな感じで、国名しか入れていません、なぜか。
農園ものは採れる量の関係で安定供給できない事が多いです。

 

年の半ばでショート(切れる)したりします。
ですので、入れ替わりが激しいのですね。
そのため国名だけにしてその都度説明させてもらってます。

 

エピローグ

近年、本当にいろんな国の、いろんな農園のコーヒー豆が手に入るようになりました。
ですのでラインナップにあれこれ悩んでしまします。

 

あんまり種類がありすぎるとかえって選べなくなるので、島珈琲はこのくらいにしています。

 

コーヒーっていろいろ難しそうなところがありますが、1つ1つ、あっそういう意味なんだと理解してもらいより身近なものになれば嬉しいです。

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

勘違いしてませんか?本当のコーヒーの苦味は焦げではありません!

プロローグ 僕、ぶりかまが好きなんです。 ぶりかまにゆっくり火を通して、箸をいれるふわっとしてジ

記事を読む

コーヒーシロップの新しい使い方。お湯で割ってホットコーヒーができる!

プロローグ 先日、お客さまから電話がありました。 「島さんところのコーヒーシロップ、お湯で割って

記事を読む

エビのロブスターではなく、コーヒーのロブスタのお話

プロローグ 先日、家族三人でお出かけしまして、ショッピングモールでお買い物。娘が歩き回るのに疲れベ

記事を読む

コーヒーのおはじき ハンドピックとは不良豆を手選別してはじくこと 

プロローグ 今回の記事は、コーヒー豆を焙煎する焙煎屋にとってすごーく地味な作業である「ハンドピック

記事を読む

挽き方で味が変わるの?粗挽き・中挽き・細挽き 正解はどれ?

プロローグ お店でコーヒー豆を購入し、お店で粉に挽いて貰う方はお店の方にお任せになりますが、おうち

記事を読む

伝家宝刀

 そうです 伝家宝刀の技を使うときがやってきたのです 島珈琲流紅葉落とし焙煎 というのは冗

記事を読む

続・ペーパーフィルターの保管方法

久しぶりにコーヒーを美味しく飲むために、基本的でとっても大事なことを書きます。 といっても、このタ

記事を読む

焙煎したてのコーヒーをドリップするとどうなるか?

プロローグ 昨日の月曜日はお休みを頂きまして、娘と公園で遊んだりし家族でゆっくりと時間を過ごしまし

記事を読む

コーヒーを飲む事でダイエットはできるのですか

プロローグ さて、ダイエット。 大変申し訳ございませんが、僕にとってほんとに無縁なんです。

記事を読む

なぜマンデリンは人を魅了するのか

モカ・マンデリン・キリマンジャロ。 日本のコーヒーの三本の矢、みたいな感じで多くの人がその名を知っ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉

夏のコーヒー豆・粉の保存で気をつけたいこと

最近なぜか子供の頃、初めて行ったプロ野球観戦のことを思いだすんです。

アイスコーヒーは専用の豆で淹れないといけないの?

今朝はゆっくり目に起きました。 繁忙期は娘が起きる前に家を出るのです

コーヒー焙煎はどこが面白いの?

コーヒー豆屋さんは(島珈琲は)、どちらかというと夏は閑散期です。

続・ペーパーフィルターの保管方法

久しぶりにコーヒーを美味しく飲むために、基本的でとっても大事なことを書

→もっと見る

PAGE TOP ↑