*

知らなかった コーヒー豆にもグレードがあったのか!

プロローグ

コーヒー豆には各国の格付けがありまして、それがコーヒー豆の大きさだったり、採れた場所の標高だったり、欠点豆の混入比率であったり、と様々です。

 

もうひとつあるのが、コーヒー豆の味わいを点数にした評価、これのグレード分けです。
最近よく耳にされるスペシャリティコーヒーだとか、マイクロロット、高品質コーヒー、これらが所謂、「味わい」で高得点で評価されたものが多いです。

 

点数を付ける人は有資格者で、僕は持っていません。
でも何となく、これは何点くらいだろうなくらいは分かります、だってコーヒーのプロですもの。

 

というわけで、今回はこの事をかみ砕いて書いていきますね。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

コーヒー豆の点数とは

ワインのテイスティングみたいな感じで、コーヒーを飲むというか、口に含む様な感じで、沢山のコーヒーの味を確認していきます。

 

僕がブラジルに行ったときは、こんな感じでズラッと並んだコーヒーをテイスティングしました。

 

IMG_0280

 

スプーンですくい、口に含んで甘みとか酸味はどうか、嫌な味わいがないかどうか、飲み終わった後の口に残る味わいはどんなものか、香りはどうか、こういった事をシートに得点を記入し、トータルの得点がそのコーヒーの評価となり、その評価がそのコーヒー豆の価格に直結していくわけです。

 

それは資格をもった鑑定士さんが基準に従って、評価をだします。
ただ僕がブラジルに行ってテイスティング勉強をしていた時もそうでしたが、人の好みによって意見が別れる事もあります。

 

欠点の風味か良質な風味か、そのギリギリのラインのところは人の好み味覚によって多少左右される事もあると思います。

 

80点以上がライン

高品質コーヒーというのが何点以上からそう呼ばれるのか僕は知りませんが、スペシャルティコーヒーは80点以上がその冠を付けることができます。

 

その下はプレミアムコーヒー、その下がコマーシャルコーヒーといって一般に沢山流通しているコーヒー豆、その下がインスタントコーヒーなどに使われる工業用と呼ばれるコーヒー豆、ピラミッドの形のように下に行くほど大きくなり生産量も多い、という図式になります。

 

プロローグ

島珈琲は全てスペシャルティコーヒーですが、全て点数の飛び抜けて良いものを使っているわけではありません。
良いものだけだと、価格があまりにも高価になりすぎてしまいます。

 

コーヒーは嗜好品、家庭で飲むのは高級品のような感じがありますが、毎日飲む人にとっては日常品です。
飲み続けていける価格設定が大事かなというのが、僕の考えです。

 

あっ安売りすることではありませんよ。

 

得点80点くらいのコーヒー豆を焙煎やブレンドなので創作し、それ以上の価値があるものにする事も僕の使命だと思っています。

 

何よりもお客様の笑顔が僕にとっての一番の宝ですからね。
頑張ります!

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0035

 

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーシロップ加糖 仕込み完了!

 コーヒーシロップ 無糖も加糖も 仕込みに関しての内容は 実は一緒なんです 焙煎止めの温度

記事を読む

写真入りメニュー

今日もめちゃくちゃ忙しくさせていただきました ありがとうございます 今月の課題は写真入メニューをつく

記事を読む

ブレンドのネーミングはどんなふうに決めているのか

娘はなぜかテレビの天気予報が好きで、大阪は晴れくもりやなぁとか、花粉状況が沢山やなぁとか、独特の関西

記事を読む

マグカップに直接ドリップして美味しく飲むコツ

今4歳の娘がいるのですが、最近なんというか気遣いができるようになってきたのですね。 「今これしたら

記事を読む

ハンドドリップの途中で、お湯が入っている粉をまぜまぜした結果

プロローグ ペーパードリップをする時、コーヒーポットを使いドリッパーの上に濾紙であるペーパーを敷き

記事を読む

深焙煎と中焙煎 同じグラムでも見た目の量が違うのはなぜ?

こんにちは!焙煎アーティスト 島規之です   昨日はお休みを頂き 家族と友人の

記事を読む

カフェインは本当に刺激物だけなのか?

プロローグ 怒濤のゴールデンウィークが終わり、溜まった事務作業に追われている僕です。 こんにちは

記事を読む

コーヒーの美味しい飲み方講座

さぁ今日はここで美味しいコーヒーの飲み方講座を 行いましょう! 美味しいコーヒーの飲み方のコツ それ

記事を読む

儲かるから?なぜ僕は喫茶店ではなくコーヒー豆屋を選んだのか

プロローグ 日曜日は、日曜日だけが営業のお店、岡町本店で営業です。 こちらのお店はコーヒー豆の量

記事を読む

ご存じですか?焙煎機は掃除しないといけないことを!

プロローグ そんなんしらんやん!と突っ込みを入れられるお題ですね。今日は焙煎機ってこんな感じで掃除

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
あの芸能人の、あのコーヒーが再販決定しました!

あっというまのことで、息をつく間がなかったというか、再販するかどうかの

ブレンドコーヒーはいつも同じ味になるのですか?

あの芸能人の、あのコーヒーが再販されるかも?  

コーヒー豆を贈り物にするときに僕が気をつかっていること

どうでもいいことですが、今週から休肝デーを設けることにしました。 実

ドリップする時に端までお湯をかけるのをオススメしない理由

さて、昨日こんなツィートをすると沢山の方が見てくださりました。

今更ですが、水だしコーヒーポットの美味しい作り方を調べます

昨日は休日でして、家族で市民プールに行ってきました。 9時半から12

→もっと見る

PAGE TOP ↑