*

ほっこりな薫り 入荷しました。

公開日: : 日々他愛のないこと

お風呂に入ってたら この言葉がぽんっと浮かんできたので
早速 表のブラックボードに書いてみました

意味はあんまりよくわかりませんが なんかホッとしませんか?

自分では けっこう気に入ってます

さて8月も二本の指で数えるだけの日数になりました
僕の頭の中のBGMは 井上陽水の 夏の終わりのハーモニーです

9月は比較的お休みをたくさん頂きまして
月曜日の祝日 16日 23日は高槻店はお休みさせて頂きます
今年 月曜日の祝日は臨時営業をしようと思っていましたが
1歳の娘のこの時は この時しかないので
しっかりと娘と遊ぼうと決めました

娘と動物園に行ったり 実家にお泊まりしたり
それから 島珈琲の常連様が 実は高槻の原のほうで
川魚料理店を営んでおられているのをつい先日知りまして
そちらのお店では川遊びもできて料理も食べれる
ナイスなお店なんだそうで
9月のお休みに行ってみようと予定をたてています

忙しくなる秋口のために 娘と遊んで感性を磨き
島珈琲 さらなるパワーアップをはかりたいと思います

だから この時 今をがんばろう

高槻 原にある川魚料理店のHPはこちら
http://www.hara-yougyojoh.com/

障がい者支援施設とコーヒー専門店のコラボカフェ
カフェBeのブログ ぼちぼち書いてます! 

コチラからどうぞ
http://cafe-be.jugem.jp/

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

mendoくさい!

 めんどくさい と書くよりも mendoくさい と書く方が いくぶんソフトに見えたのでそう

記事を読む

今日の一言

このタイトルのとき 島はお疲れで書くことが浮かばないか ブログのネタがうまくまとまらないか ネタがな

記事を読む

草抜き

 今日はお昼頃  手隙になったので カフェBeから見える 近くの公園の草抜きゴミ拾いをしま

記事を読む

ヤング アット ハート だ!

いろいろな情報を見ているとカフェやコーヒー自家焙煎店の新規出店がめざましい僕がはじまたころはどちらか

記事を読む

今日こそは!

 日記を書くぞ!と意気込みました 書けないのではなく パソコンが身近にない状態で 日記を毎

記事を読む

口はひとつ 耳はふたつ なぜか?

 口がひとつで 耳がふたつあるのはどうしてか? 喋るよりも2倍 多くの人たちの話を聞くため

記事を読む

イベント効果

 イベントとは 大きな宣伝みたいなもので 宣伝のために より認知度をアップするために行うも

記事を読む

ふたたび しまノート

 人の一生とは問題とぶつかることの連続である しかし問題と直面し格闘することによって 人は

記事を読む

島珈琲も売れないときがありました、そんな時こうしてました

家に帰りお風呂に入っていると突如、明日のブログのネタが浮かぶときがあるんです。  

記事を読む

あつい想い

大阪は梅雨に入り 気分的に少し重たいような 何か肩にのっているような 身体の重さを感じるこのごろです

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー焙煎屋の僕がミルクを入れて飲む理由

昨日は奥さんはお休み。 その奥さんから営業時間中に電話があり、それを

たった10グラムの感動

幼い頃、母がよく映画に連れってくれました。 記憶が正しかったら、見た

料理は心やで

昨晩は中学時代の友達とご飯を一緒にしました。  

アイスコーヒーに向くコーヒー、向かないコーヒー

昨晩は仕事で遅めの帰宅。 僕以外の家族はご飯が終わり、一人で晩酌をし

障がいのある方から学びを得る

障がいのある方と関わり、こうしたところで何かを記事にする時にいちいち「

→もっと見る

PAGE TOP ↑