*

いらち

公開日: : 日々他愛のないこと

昨日 帰宅し娘がテーブルの下をはいはいしているところを
見ながらご飯をしていたのですが
ふとテレビをつけると

「イタリア人はせっかちだった」
イタリア人と大阪人はなんとなくにている?
みたいな番組をしていまして

それを見て 僕は なるほど
イタリア人がエスプレッソを考えて
普及したのは せっかち 
大阪弁で言う イラチだからなんだと 思った

約30秒くらいで濃縮コーヒーを抽出し
それに砂糖いれてキュッと飲む
コーヒーを飲むのも きっとせっかちなんだ

昨日の番組では そのイタリア男性は朝起きてから
6分後には家をでて会社に向かっている くらい
せっかちらしい

日本にはお茶の文化があって お茶の立ち飲みや
パッと飲んでパッと出るみたいな感覚が
受け入れられにくいけど イタリアにはイタリアの
せっかちが生んだ世界に通ずる文化あるんだなぁ
とビールを飲みながら勝手に思っていました
(それが正しいかどうかはわかりません!)

すべてイタリア人がそうでないないでしょうけども
なんとなくエスプレッソのルーツを垣間見た
そんな気がする 番組でした

今日はなんだかつまらない記事で申し訳ありません

焙煎はアートだ
もしかして日本で唯一人の焙煎アーティスト 島 規之

障がい者支援施設とコーヒー専門店のコラボカフェ
カフェBeのブログ ぼちぼち書いてます! 

コチラからどうぞ
http://cafe-be.jugem.jp/

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

サービス

サービス といえばおまけ的な意味合いが強くなってきていますが日本的にいうと心遣いだとか 気遣い とい

記事を読む

ボクシングを見て 先読み力について考えた

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   年末に行われていた ボク

記事を読む

no image

週刊シマケン

今日はなんか日記のネタというネタがない 困った時の週刊シマケン! 引き出しを使わせて頂きます 4年ほ

記事を読む

no image

アンドレ・ジット

 フランスの作家 アンドレ・ジットの言葉 「平凡なことを 毎日平凡な気持ちで実行することが

記事を読む

毎日書いているブログのネタはどこから生まれてくるのか?

プロローグ Aさん「島さん、毎日ブログ更新してまめやね~」 僕「はい、豆屋ですから」って、しょー

記事を読む

no image

トイレの神様

 朝6時 白い息をすぅと吐いて 車に乗り込みエンジンをかける 寒さで身体がうずくまる 背中

記事を読む

豆からコーヒーをいれる彼の姿 にキュンとする

そんな姿に女性はキュンとするらしい男子よ 豆からコーヒーをいれようではないか!島珈琲にお手伝いできる

記事を読む

とびとびに・・・

 ブログの書くネタがないわけではなく 書く時間がないわけでないのだが パソコンをできない状

記事を読む

特に書きたいことがない

 ほぼ毎日 ブログを書いていると時々特に書くことがない と困ることがあるじゃぁ書かなければ

記事を読む

no image

40代

 今の言葉で言うと アラフォーか このフォーという文字をみると どうしても吉本新喜劇で「フ

記事を読む

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ただ ただ 感謝 ただ ただ ありがとう

    おかげ様で 島珈琲は開

中煎りと深煎りのコーヒー豆 どっちが人気があるの?

昨日は休日でしたが、午前中は障がい者支援施設とコラボしているカフェBe

コーヒー焙煎するお店にはどんな許可が必要か。

今回はちょっと趣向を変えて、お店を開業したい方むけのお話を。 カフェ

資格はいるの?コーヒー焙煎に資格はいるのかというお話

この時期になるとどうしても昔のことを思いだしてしまいます。 &n

島さんは、コーヒーの味わいはどこで決まると思ってますか?

今日は娘の保育園の卒園式です。 その後は、奥さんが娘と一緒に幼稚園の

→もっと見る

PAGE TOP ↑