*

コーヒー焙煎をお肉の焼き方で味わいを例えてみる

プロローグ

どうもここ2,3日頭がぼぉーとしていて困ってます。
春だからか、もともとか、花粉だからか、ちょっとわからないけどもそんな時は、そんな状態を否定せず受け入れ、言い方が悪いけどもだましだましでその日を過ごします。

 

例えばプロ野球のピッチャーでも、毎回完璧な調子ではないと思います。
それでもチームの勝利へと導くために最善の仕事をするわけで、調子が悪いときは調子の悪いなりにそのベストを探して投げきる、そんなイメージです。

 

力のストレートで三振を取りにいくのではなく、技の変化球で低めに丁寧に投げて打たせて取る、こんな時はそんな感じで営業しています、ってなんの話や!ですね。

 

僕の調子の悪いときの気持ちの持ちようなんて、どうでもいいですね。
こんにちは!焙煎アーティスト島規之です。

 

IMG_1170

 

コーヒーの焙煎の味わいをお肉の焼き方で比較して表現してみる

お肉の焼き方を見てみると、ベリーレア・レア・ミディアムレア・ミディアム・ミディアムウエルダン・ウエルダンという順番で、後になるほど良く火が入っている状態ですね。

 

コーヒーの焙煎機。
お肉を焼くのに、網焼きかフライパンかで味わいが変わりますよね。
すごく雑な分け方ですが、コーヒーの焙煎機にも網焼きかフライパンかのタイプがあり、まずここで作られる味わいがわかれます。

 

次にコーヒーの焙煎は、浅焙煎・中焙煎・深焙煎と大きく3段階に焙煎度合いがわかれます。

 

お肉の焼き加減であわせてみると、
浅焙煎=ベリーレア・レア、
中焙煎=ミディアムレア・ミディアム、
深焙煎=ミディアムウエルダン・ウエルダン、焼き加減を比べるとこんな感じですね。

 

良く火を通すとどうなるか?

お肉は味わいもさることながら、焼き加減は食感にあるのかなぁと思います。
コーヒーは食感ではなく、味わいですね。

 

火を通す、つまりよく焙煎するとコーヒー豆は薄い茶色から濃い茶色に変化し、最後は黒っぽい色になります。
味わいは焙煎が深くなるほど苦味を増していきます。

 

単純な味わいの表現として、浅焙煎=優しい酸味マイルド 深焙煎=苦味とコク、中焙煎がその真ん中、となります。

 

ただし浅焙煎、中焙煎向けのコーヒー豆があったり、深焙煎向けのコーヒー豆などあります。
例えば、カリブ海系と僕は呼んでいますが、キューバ、ジャマイカ(ブルーマウンテン)、パナマなどは、コーヒー豆の育った環境から深焙煎にはあまり向いていません。

 

というのも、深焙煎にしてしまうと味が平坦になり味わいの個性が見えなくなるのですね。
これらの産地のコーヒー豆は浅焙煎、もしくは中焙煎で焙煎される事が僕の中ではもっぱらです。

 

逆に浅焙煎、中焙煎だと酸味がきつすぎるのですが、深焙煎でその酸味が甘みに変化して、優れた味わいの個性を発揮するコーヒー豆も存在します。

 

エピローグ

焙煎度合いの味わいの違いは、お肉で例えるとこんな感じです。
なんとなく、浅焙煎とか中焙煎、深焙煎の違いが伝わったでしょうか。

参考になれば嬉しいです。

 

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0035

 

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

またやりましょう!

 迷いに迷って行って来ました 見山の郷 ついたのは15時で少しくらいは野菜が残っているだろ

記事を読む

コーヒーにはどんな水がいいのか?コーヒーと水の関係

プロローグ セミナーを開催するといいことがあります。さて、なんでしょう? そうです!いろんな質問

記事を読む

味覚って 年齢や性別で違うんです

 このブログで何回も取り上げてきたんですが島珈琲を立ち上げて12年 お客様の嗜好を知ろうと

記事を読む

コーヒー豆を冷凍保存にするときに注意すること

前号では東京での短パンコーヒーツアーのブログを書きました。   ほんとにね、や

記事を読む

花は生き方を迷わない

最近 寝れない 目が覚めれば考え事をしてしまう そうなんです 1年に1度くらいの頻度でくるアイ

記事を読む

焙煎機をメンテナンスをすると、コーヒーの味わいがどう変わるの?

昨日、一昨日と高槻店業務終了後、焙煎機のメンテナンスをしました。 1日は焙煎機をバラし、内側につい

記事を読む

カッターマン!

  気がつけば自分が保持するコーヒーカッター  (グラインダーとも言うし ミルともいいます

記事を読む

切っても切れない、コーヒーと水の関係

ブログをほぼ毎日書いております、ってどうしたの急に。   書き方としては、序破

記事を読む

理由は後付でもいい まずはやってみること

またちょっとコーヒー教室でのお話したことを詳しく書きますね。   コーヒーのペ

記事を読む

コーヒー豆を購入する量は1回でどれくらいがいいのか?

プロローグ コーヒー豆の販売を専門にして島珈琲を立ち上げ、もうすぐ14周年を迎えようとしています。

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
笑顔力 それは人生をあたたかいものに変える力 かな

今朝はこんなツィートをしました。   接客をして

短パンコーヒーを美味しく飲もう!おうちで楽しむコーヒーの基本的なこと

短パンコーヒーがいよいよ全国に発送され、本日より順次皆さんのお手元に届

島珈琲の通販のお買い物をもっと便利に

島珈琲は岡町本店と高槻店があり、姉妹店にカフェBe店、この3つのお店を

変わらぬ思い コーヒーはたのしむもの

昨日の書いた記事を読み返していました。   あっ

カップとスプーンの置き方に決まり事はあるのか

最近、嬉しいことに娘が「お店」に興味を持っているようで、しきりに「大き

→もっと見る

PAGE TOP ↑