*

味と香りと男と女

プロローグ

1日2杯の酒を飲み 肴は特にこだわらず マイク来たなら微笑んで 十八番をひとつ歌うだけ
妻には涙を見せないで 子供に愚痴は聞かせずに 男の嘆きはほろ酔いで 酒場の隅に置いていく

 

河島英五の「時代おくれ」好きな歌のひとつです。
お商売をしているので時代におくれるわけには行きませんが、時代を超えて大切にしていくことは大事にしたいと思っています。

 

って書いていて、しまった!タイトルをもじったのは、河島英五の「酒と泪と男と女」の方だったと気づいたのですが、消すのもったいないので続けます。笑

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

IMG_1060

 

14年コーヒー豆屋をしていて気づいた事があります

女性と男性では味覚がちょっと違うのですね。
女性が濃いと思う味わいは、男性には薄く感じたり。

 

全体的に見ていると女性の味覚の方が、やや薄味を好む傾向になっているようです。
どうやらそれは、刺激のある食事から家族を守るために備えられた女性の本能のようです。

 

酸味や苦味というのは本来食物における危険信号です。
酸味は腐敗している、苦味は焦げている、身体には良くない事ですよね。
それを敏感にキャッチ出来るように、女性は味覚が男性よりも敏感に出来ている為、女性は濃い味に男性よりも
反応する、と言うことなんです。

 

家族の食卓を守る女性は、味覚に敏感なのですね。

 

だからといって男性の味覚が鈍感なのではありません。
言いたいのは、島珈琲のコーヒーの酸味や苦味は良質のものですが、基本的に危険信号である酸味や苦味においては、女性の方が敏感に出来ているということですね。

 

さらにもうひとつ

香りと味の関係。
女性はまず香りを大事にしています。

 

お店に入って来て、第一声が「わぁー良い香りがするー♪」と言われるのは圧倒的に女性が多いです。
コーヒー豆を選ぶ時に、香りが良いのをください、と言われるのも女性の方が多いです。

 

なぜか。
これはある大学の先生が実験した結果ですが、男女差で脳がコーヒーの香りにより大きく影響されるのは女性の方だったと研究結果が報告されています。

 

男性はどちらかというと味わいの方を要求される事が多いです。
コクがあるもの、苦味があるもの、飲みやすいもの、などなど。

 

つまり 味と香りと男と女の関係は、味=男 香り=女 という感じになります。
ただし苦味や酸味には女性は敏感で、薄味の方が好みである。

 

僕の中でこうした方程式のようなもの出来上がっているのです。

 

エピローグ

このチャート頭に浮かべながらそれを基準にして、僕はお客様にどんなコーヒーをオススメすればいいか考えてます。

 

もちろんポップを作る時もそう。
誰に何を伝えてどうしてもらいたいのか。

 

女性に知って貰いたいことは、「香り」という言葉をメインにして考え、男性に知って貰いたいことは「味わい」の言葉をメインに考えています。

 

女性男性によってこんな違いがあるんですね。
これはたぶんコーヒーだけではないと思うので、よければ参考にしてくださいね。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0035

 

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒードリッパー メーカーによって何が違うのか?

プロローグ 前回の記事に続いて、今回もコーヒードリッパーのはお話です。 コーヒードリッパーにもい

記事を読む

コーヒー豆から粉へ、何分前に粉にしたらよいのか

プロローグ 今、僕が出版するコーヒー本の原稿の大詰めに入っています。 何をしているのかというと、

記事を読む

ホットコーヒーの豆(粉)を買ってきました アイスコーヒーにも使えるの?

高槻は久々の晴天となりました。   しばらく雨が続いていたので、今週から幼稚園

記事を読む

コスタリカという美味しいコーヒーの国のお話

今晩、18時30分頃からテレビの取材があるんです。 手をピックアップして、いろんな人を紹介している

記事を読む

続!合格コーヒー(ぼちぼち進んでます♪)

プロローグ どうやら胃腸炎らしきものになったようで、ここずっとお腹の調子が悪く、集中力が散漫に

記事を読む

ブレンドって均一に混ざっているの?

プロローグ ブレンド、例えば島珈琲の1番人気「ブレンド花」は、中焙煎のブラジル:コロンビア:タンザ

記事を読む

コーヒーの挽き方と味わいとかの関係

コーヒーの挽き方には一般的に、粗挽き、中挽き、細挽きと呼ばれる挽き度合いがあります。 &nbs

記事を読む

コーヒーに入れるミルク どれが美味しい?

今までは仕事に関する時間の問題は、自分が納得いくまでやる、でした。 自営業なので、時間配分は自分で

記事を読む

明日おいしくなーれ

昨日は焙煎機の掃除をしました 技術やテクニックや知識も焙煎には必要ですが 何より一番大事なのは掃除メ

記事を読む

焙煎による違いって何?焙煎でどんな味を作っているのか

プロローグ コーヒーの味わいはまず原料によって違います。ブラジル・コロンビア・グァテマラ・・・。国

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
高級コーヒーの魅力とは?~短パンコーヒーの魅力に迫る~

今日はこんなツィートをしました。    

笑顔力 それは人生をあたたかいものに変える力 かな

今朝はこんなツィートをしました。   接客をして

短パンコーヒーを美味しく飲もう!おうちで楽しむコーヒーの基本的なこと

短パンコーヒーがいよいよ全国に発送され、本日より順次皆さんのお手元に届

島珈琲の通販のお買い物をもっと便利に

島珈琲は岡町本店と高槻店があり、姉妹店にカフェBe店、この3つのお店を

変わらぬ思い コーヒーはたのしむもの

昨日の書いた記事を読み返していました。   あっ

→もっと見る

PAGE TOP ↑