*

いつ混ぜてるの?コーヒーのブレンドはいつ行われるか

プロローグ

ご存じですか?ブレンドのルールを。

 

例えばモカブレンドやブルマンブレンド、モカやブルマンなどのある銘柄を冠につけたブレンドは、その冠になる銘柄が30パーセント以上入れる事になったルールがあるですね。

 

余談ですが、極端な出来事でこんな事も昔はあったそうです。
上記ブレンドのルールがある以前、ブルマンブレンドでもブルマンを3粒だけ混ぜて、あとは他の安価のコーヒー豆を混ぜて合わせ、ある程度の高値で売っていた、などという聞き捨てならない話を何かの本で読んだ事があります。

 

今の時代もしこんな事をしていたら、お客様からきっとそのお店は認められないでしょうね。

ブレンドも皆様にとって分かりにくいものかと思いますが、今回はその辺をちょっとかみ砕いて説明したいと思います。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島 規之

IMG_0806

 

まず一番目は産地

お米でもブレンド米というのがありますよね。
○○県○○地区で採れたお米。
小農家さんは販路をもっていないと思うので、JA= 農協ですよね、農協にそれを持っていき、JAはその地域のものをブレンドし、その地域のブレンドのブランド米として市場に販売される、たぶんこんな形だと思うのですが、コーヒーにも同じ様にそうしたコーヒーの生豆の段階でブレンドしているものがあります。

 

逆に大農家などは、ブレンドせず単一農園のものとして販売しています。
グァテマラ・クラシコ農園などと農園の固有名詞が入った名前のものがそうです。
お米で言う、島さんの田んぼで採れたお米(実在しませんよー)、など個人名が入った商品と同じ様なものと考えてください。

 

僕はこれらどちらかを選んで仕入れしています。

 

次にブレンドが行われるのが、焙煎前のコーヒー生豆の段階です。
これはメーカーや焙煎する人により、する人しない人に別れます。
島珈琲はほとんどこの手法は使いません。

 

焙煎の前の計量で例えば4キロの焙煎を行うとき、ブラジル50%コロンビア25%モカ25%など、あらかじめブレンドして焙煎する方法です。
これは業界用語でプレミックスと言われておりまして、焙煎後にブレンドする手間を省け、作業の部分で時間短縮ができる事が長所です。

 

3番目は焙煎後にブレンドする

プレミックスと呼ばれるものに対して、アフターミックスと呼ばれるものがあります。
これは焙煎後にブレンドする方法です。

 

ブラジル50%コロンビア25%タンザニア(キリマンジャロ)25%など、焙煎したコーヒー豆を計り合わせて混ぜます。

プレミックスとアフターミックス、ブレンドの方法はこの2つに別れます。

 

行程を楽にし時間を短縮出来るところが長所のプレミックスですが、そのブレンドとして商品としか活用する以外あまり道がないという、短所があります。

 

逆にアフターミックスは必要なだけブレンドの調合をしたら良い、というロスが少ないという長所があり、いちいち計ってブレンドを作らないといけない、プレミックスよりも手間がかかるという短所がります。

 

しかし、どちらもお店の都合が大きい事で、お客様にあまり関係ない話ですね。

 

エピローグ

これに関してはお客様に全く選択の余地がないので、知っていてもお役に立ちません。
役に立たない、つんまんないブログ書いてしまったなぁ~と終わりに近づくに従って、その思いは強くなりました。

 

今日の記事は、予備知識的な感じですね。あはは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0035

 

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒー焙煎はどんな事を考えて、焙煎しているのか

プロローグ コーヒーの焙煎とはコーヒー生豆を火で(熱で)焙る作業のこと言います。 コーヒー生豆は

記事を読む

これを知ればブレンドの楽しみ方が広がるお話

今日2月25日、そして明日の26日は高槻天神祭です。   毎年2月25日26日

記事を読む

ドリップする時のポットの特徴を書いてみた件

プロローグ 明けましておめでとうございます。 本年も更なるコーヒー馬鹿を目指し、皆さまにコーヒー

記事を読む

豆乳ラテ ぬる燗

  ぷれいすBeを利用するHさん 障害特性からなんでもイッキで飲んでしまうため あったかす

記事を読む

挽き方で味が変わるの?粗挽き・中挽き・細挽き 正解はどれ?

プロローグ お店でコーヒー豆を購入し、お店で粉に挽いて貰う方はお店の方にお任せになりますが、おうち

記事を読む

コーヒー豆を売っているが、売っているのはコーヒー豆じゃない

プロローグ なんか禅問答みたいなブログタイトルになってしまいました。   昨

記事を読む

買う気スイッチ

 今日はお知らせです 島珈琲がお薦めするコーヒーメーカー メリタJCM-512のお得なご案

記事を読む

コーヒー好きな方へ贈りたい、コーヒーギフトに役立つちょっとしたヒント

プロローグ 島珈琲はコーヒーギフトにも力を入れています。 始めた頃は、折り紙が嫌いだったので包装

記事を読む

コーヒー豆は保存食品じゃない!だから保存法が大事なんです!

プロローグ 定期的にリライト、書き直しですね、している記事です。 というのもコーヒー豆は保存食品

記事を読む

プロでもあるの?味覚を正しくキャッチ出来ないとき

大阪は朝晩がだいぶ涼しくなり、過ごしやすくなってきました。 日中はまだ暑いですが、朝晩が涼しいので

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ほんとですか?環境によって味わいも変わります

実は僕、毎食後に新ビオフェルミンS 乳酸菌のくすりを飲んでいます。

コーヒー焙煎屋の僕がミルクを入れて飲む理由

昨日は奥さんはお休み。 その奥さんから営業時間中に電話があり、それを

たった10グラムの感動

幼い頃、母がよく映画に連れってくれました。 記憶が正しかったら、見た

料理は心やで

昨晩は中学時代の友達とご飯を一緒にしました。  

アイスコーヒーに向くコーヒー、向かないコーヒー

昨晩は仕事で遅めの帰宅。 僕以外の家族はご飯が終わり、一人で晩酌をし

→もっと見る

PAGE TOP ↑