*

勘違いしてませんか?本当のコーヒーの苦味は焦げではありません!

プロローグ

僕、ぶりかまが好きなんです。
ぶりかまにゆっくり火を通して、箸をいれるふわっとしてジューシーでとろけそうなお魚の白身を頂く、とても幸福な時間です。

 

結婚してから、独り吞みはしなくなったので一杯吞み屋に行く事はなくなりましたが、豊中岡町にいた頃は、店主がリタイアされお店は今はもうありませんが、「鮨八」さん、高槻ではたまに行く、高槻 いし川さん、この2つのお店のぶりかまは最高で、お魚に焦げもなく、非常に丁寧に焼き上げてくれて、美味しく召し上がりました。

 

美味しいには、焦げがない、僕の持論でもあります。
今回はコーヒー豆の焦げについてです。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

IMG_0765

 

コーヒーの苦味には2種類ある

コーヒーは苦い飲み物、これは皆さん認識されている事ですね。
口にまとわりつき、いつまでも残る苦味。
なんかよく分からないけど、受け付けない苦味。

 

そんな苦味を感じた経験ありませんでしょうか?

 

苦味には2種類あるんですね。
まず、不快感が残りやすいのはコーヒー豆の「焦がした」苦味。
コーヒー豆ってそもそも焦がしたものじゃないの?いいえ違います。

 

コーヒー豆を焦がさずに焙煎し、コーヒー豆の持つ本来の優しい苦みと、焦げた苦味は別物なんですね。

 

その焦げはどうしてできるのか?

これは焙煎で、出来てしまいます。
コーヒー生豆をコーヒー焙煎機の釜に投入した時、釜が熱すぎると表面が焦げてしまいます。
例えば目玉焼きを作ろうとしてフライパン加熱し、タマゴを割ってフライパンに置きますよね。

 

そのフライパンを加熱しすぎるとどうでしょうか、置いたタマゴの表面の一部は焦げてしまいますよね。
コーヒー豆も同じなんですね。

 

そしてもう一つ単純に焙煎する火がきつい時。
そうした要因からコーヒー豆は焦げる事があります。
しかも目にはわかりません、これがやっかいです。

 

焦げているか、焦げていないか、コーヒーにおいては味覚の訓練をしないとかなりわかりにくいです。
でも、分からないけども苦味に不快感を持った時、それは間違いなく「焦げ」による可能性が大きいです。

 

ここまでコーヒー豆の「焦げ」についてお話をしました。
そうすると焦げていないコーヒー豆はどこで買えばいいのか、どう見抜けばいいのか、となります。

 

とりあえず、僕はコーヒー豆を焦がさないように丁寧に焙煎しています、自信もってます。
ですが、焦げてないコーヒー豆は島珈琲でお買い求めください!なんて、厚かましくて僕の口からは言えません!

 

エピローグ

島珈琲のコーヒー豆で淹れているお客様は、皆さん実感していると思います。
苦味にしても酸味にしても、優しい味わいだと。

 

これが本来コーヒーの持つ、苦味であり、酸味なんですね、どぎついものでは決してありません。
コーヒーが嫌いだった人が飲める様になった、とよく感想を頂けます。
コーヒーの本質を楽しんで頂きたい、僕はそう思ってますので、日々焙煎を考えています。

 

最後は自分の売り込みになっちゃったね、なんかおさまりが上手くいかなかったなぁ、あはは。

 

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0035

 

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

まとめ・ペーパードリップとフレンチプレスの違い

プロローグ 島珈琲のお客様を見ていると、ペーパードリップ(コーヒーメーカー・ハンドドリップ)かフレ

記事を読む

no image

手作りパン 手作り焼き菓子 or?

  まだ計画の段階ですが しまこーひーの手づくり製パン製菓部 少しずつゆっくりと歩を進め動

記事を読む

コーヒーシロップの新しい使い方。お湯で割ってホットコーヒーができる!

プロローグ 先日、お客さまから電話がありました。 「島さんところのコーヒーシロップ、お湯で割って

記事を読む

【保存版】プロおすすめの「コーヒー豆(粉)の保存方法」

【保存版】プロおすすめの「コーヒー豆(粉)の保存方法」を丁寧に記事にしました! コーヒー豆の保存方

記事を読む

なぜコーヒー豆は購入する都度に挽くのか?

プロローグ コーヒー屋、コーヒー専門店にとって基本中の基本であり、その都度挽かないってどうなん?と

記事を読む

ある失敗をしてから心に決めました 売り込みはしないと

プロローグ 先日、島珈琲をお使い頂いている茨木市松ヶ本町にある美容室ヘアーポテンシャルNOAHさま

記事を読む

長い期間ディスプレイしていたペーパーで、コーヒーを淹れたらめっちゃ不味かった件

プロローグ マーケティングの師匠 藤村正宏先生 公認のブレンド スコットブレンドを島珈琲がお取り扱

記事を読む

知ってますか?コーヒーの苦味には2種類あることを

プロローグ コーヒーの味わいって何?と聞かれれば、酸味と苦味が頭に浮かぶと思います。 そのコーヒ

記事を読む

ブレンドコーヒーとストレートコーヒー 何がどう違うの?

野球のピッチャーの球種で例えると、ブレンドコーヒーは変化球、ストレートコーヒーはまさしく直球ストレー

記事を読む

水だしコーヒー用のコーヒー豆はどれがいいの?

プロローグ 最近、娘が甘えてくるのが嬉しい僕です。 娘と遊んでいて、その笑う声、笑う顔に癒されて

記事を読む

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ドリップ?焙煎?コーヒーの香りはどこで決まるのか?

コーヒーは香りのものですよね。 特に女性はコーヒーにおいて、味わいと

甘みのあるコーヒー豆をください

最近、このブログのタイトルにあるように言われ、コーヒー豆をお買い求めに

何をするにもカクゴっているよね

さて、久しぶりにブログを書くネタが思いつきませんでした。 &nb

ブレンドのネーミングはどんなふうに決めているのか

娘はなぜかテレビの天気予報が好きで、大阪は晴れくもりやなぁとか、花粉状

教えて!グァテマラコーヒーの魅力とは

昨日は休日。 午前中で終了する娘の幼稚園の送り迎えをして、そのあとは

→もっと見る

PAGE TOP ↑