*

勘違いしてませんか?本当のコーヒーの苦味は焦げではありません!

プロローグ

僕、ぶりかまが好きなんです。
ぶりかまにゆっくり火を通して、箸をいれるふわっとしてジューシーでとろけそうなお魚の白身を頂く、とても幸福な時間です。

 

結婚してから、独り吞みはしなくなったので一杯吞み屋に行く事はなくなりましたが、豊中岡町にいた頃は、店主がリタイアされお店は今はもうありませんが、「鮨八」さん、高槻ではたまに行く、高槻 いし川さん、この2つのお店のぶりかまは最高で、お魚に焦げもなく、非常に丁寧に焼き上げてくれて、美味しく召し上がりました。

 

美味しいには、焦げがない、僕の持論でもあります。
今回はコーヒー豆の焦げについてです。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

IMG_0765

 

コーヒーの苦味には2種類ある

コーヒーは苦い飲み物、これは皆さん認識されている事ですね。
口にまとわりつき、いつまでも残る苦味。
なんかよく分からないけど、受け付けない苦味。

 

そんな苦味を感じた経験ありませんでしょうか?

 

苦味には2種類あるんですね。
まず、不快感が残りやすいのはコーヒー豆の「焦がした」苦味。
コーヒー豆ってそもそも焦がしたものじゃないの?いいえ違います。

 

コーヒー豆を焦がさずに焙煎し、コーヒー豆の持つ本来の優しい苦みと、焦げた苦味は別物なんですね。

 

その焦げはどうしてできるのか?

これは焙煎で、出来てしまいます。
コーヒー生豆をコーヒー焙煎機の釜に投入した時、釜が熱すぎると表面が焦げてしまいます。
例えば目玉焼きを作ろうとしてフライパン加熱し、タマゴを割ってフライパンに置きますよね。

 

そのフライパンを加熱しすぎるとどうでしょうか、置いたタマゴの表面の一部は焦げてしまいますよね。
コーヒー豆も同じなんですね。

 

そしてもう一つ単純に焙煎する火がきつい時。
そうした要因からコーヒー豆は焦げる事があります。
しかも目にはわかりません、これがやっかいです。

 

焦げているか、焦げていないか、コーヒーにおいては味覚の訓練をしないとかなりわかりにくいです。
でも、分からないけども苦味に不快感を持った時、それは間違いなく「焦げ」による可能性が大きいです。

 

ここまでコーヒー豆の「焦げ」についてお話をしました。
そうすると焦げていないコーヒー豆はどこで買えばいいのか、どう見抜けばいいのか、となります。

 

とりあえず、僕はコーヒー豆を焦がさないように丁寧に焙煎しています、自信もってます。
ですが、焦げてないコーヒー豆は島珈琲でお買い求めください!なんて、厚かましくて僕の口からは言えません!

 

エピローグ

島珈琲のコーヒー豆で淹れているお客様は、皆さん実感していると思います。
苦味にしても酸味にしても、優しい味わいだと。

 

これが本来コーヒーの持つ、苦味であり、酸味なんですね、どぎついものでは決してありません。
コーヒーが嫌いだった人が飲める様になった、とよく感想を頂けます。
コーヒーの本質を楽しんで頂きたい、僕はそう思ってますので、日々焙煎を考えています。

 

最後は自分の売り込みになっちゃったね、なんかおさまりが上手くいかなかったなぁ、あはは。

 

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0035

 

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーの香りは3つある だから楽しみも3つある

プロローグ 先日、僕のブログを見て「本を書いてみませんか?」と商業出版でのお話がありました。 お

記事を読む

焙煎じゃないよ冷却だよ!

   冷却機でぐるぐるしているところを よく焙煎していると思われている方が多

記事を読む

コーヒードリッパー 陶器とプラスチックどっちがいいの?

プロローグ 先日、お休みの時に高槻にある松坂屋を奥さんと2人でぶらぶらしていました。 何と言って

記事を読む

コーヒーの持つ天然の甘さについて説明しようと思ふ

プロローグ コーヒーって苦味や酸味って表現をよく使って、味を言葉にしますが、甘みもあるんですね。

記事を読む

入り口がコーヒー 出口がオレンジ

 こんなん作ってみました この色合いは 皆さんどう思われますか? 下からガムシロを混ぜたオ

記事を読む

知らなかった!これが新しいペーパードリップだ

プロローグ お客様から教えてもらったんですよ。 実はかくかくしかじかで、この方法で注意すべき事は

記事を読む

コーヒーを濃い味か薄味にドリップする、基本的な方法

ご存じでしたか、カフェインは水(お湯)の温度が高いと溶けるけども、温度が低いと溶けにくいのです。

記事を読む

バッテリー

 野球選手で例えるなら かつて阪急と阪神で活躍した 「星野伸之」のような投球術をつかって

記事を読む

なんでそんなに種類があるの?コーヒー計量カップの種類

プロローグ コーヒーを1杯淹れるのに必要なコーヒー豆、粉は島珈琲では10グラムとお伝えしています。

記事を読む

島珈琲のコーヒー豆のラインナップはどのクラスか

前回のブログでは、TANPAN COFFEEのスペックをお伝えしました。 高品質コーヒーでも選ばれ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
僕がどうしてブログを書き続けるのか、考えた

10月なのに雨の多い大阪です。 お客さんとお話することは、雨の多さこ

コーヒー豆を冷凍保存にするときに注意すること

前号では東京での短パンコーヒーツアーのブログを書きました。 &n

あの芸能人のコーヒー TANPAN COFFEE テイスティングでOKを頂きました!

10月18日は高槻店臨時休業を頂き、そうですあの芸能人こと短パン社長 

コーヒーのハナ茶って ご存じですか?

昨日は東京へ行きまして、あの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さんプロデ

再販開始です!スコットブレンド・ドリップバッグ2グラム増えました

明日10月18日水曜日は、高槻店臨時休業します。  

→もっと見る

PAGE TOP ↑