*

速効性

公開日: : 日々他愛のないこと

努力には速効性はない 野村監督の本に書いていましたが
まさしくその通りだと思う
島珈琲は12年目を迎えますが 島珈琲高槻店は1年生
いろんな努力をしていますが なかなか目に見えた成果が
あがりません
これでお店を立ち上げるのは三軒目なので わかってはいるけども
現実にぶつかってから 人間は思い出すのであろう 痛みというものを
経営にはいろんな大事なことの
小さい成功が重なり合い
はじめて軌道にのっていくのだけども
とりわけ僕が大事にしているのが
接客と掃除
当たり前だよ という言葉が返ってきそうですが
この2つを人より倍 気持ちを込めて努力すれば
経営はおのずとよい方向へ行くと僕は信じています
もちろんこの2つの努力に速効性はありません
牛のよだれの如く ゆるりゆるり とです
最近は店内もそうですが お店の周りを意識して
掃除しています
お店の扉をあける その瞬間からお客様が
島珈琲でコーヒー豆を買う というドラマが始まるのなら
その舞台を整えて綺麗にしておくのが
われわれ黒子の役目です
そうあくまでもお客様が主役なのです
お客様の名脇役でありたい
生涯 一名脇役を目指してがんばりたいと思います
明日は休日を頂きますので 郡家本町カフェBe店はスタッフにおまかせします!
すみません!
焙煎はアートだ!
たぶん日本で唯一人の
焙煎アーティスト 島 規之
障がい者支援施設とコーヒー専門店のコラボカフェ
カフェBeのブログ ぼちぼち書いてます! 
コチラからどうぞ
http://cafe-be.jugem.jp/
島珈琲 フェイスブックページはこちら
http://www.facebook.com/shimacoffee2002

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

わっと!交流会

  という 島珈琲が入っている組合の大阪府下の自営業者青年組が 集まって異業種交流会を4月

記事を読む

考える人生

 「考えない人生は生きるに値しない」 ソクラテスはそう言ったそうだ お商売とは常に何かを考

記事を読む

no image

がんばりなはれ

 先日 待ち合わせまでに時間があったので  目的地まで40分ほどの道のりを歩いてみた 歩く

記事を読む

今週も笑顔で!

さて今日は高槻店が終わったあと 社会貢献部の会議です はる遊食堂プロデュース フライ専門ソースを 障

記事を読む

一見アバウト

 戦闘機のパイロットに向いていないのはどういう人間かというと 一点集中タイプだと言う と本

記事を読む

さてさて

さてさて あーさて 二月です 早いですね ご機嫌いかがでしょうか? 実は今日 北摂ウエスト イースト

記事を読む

no image

あの頃の話

 僕のあの頃ではないのですが 16年前の産経抄を集合させた本を よんでいるのでいます あの

記事を読む

no image

ランランラン・・・

 長渕剛の歌に「run」というのがあった ランランラン・・ ということで 何が 「というこ

記事を読む

メインテナンス

 今日は 早朝から出発して 丹波篠山にお墓まいり 帰ってきてから 久々のランニング 猪名川

記事を読む

no image

ジャネーの法則

 今日の毎日新聞の「余録」に僕にとって興味深い文があった 以下拝借 ----------

記事を読む

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
教えて!グァテマラコーヒーの魅力とは

昨日は休日。 午前中で終了する娘の幼稚園の送り迎えをして、そのあとは

どうなる?週1回の営業でお店は出せるの

今までも沢山ご相談に乗りましたが、現在でも時々カフェ開業に関するご相談

ブレンドコーヒーの味わいは、どこに目を向けるともっと楽しくなるか

ブレンドコーヒーと言えば、皆さん何を想像しますか? いろんなコーヒー

焙煎機をメンテナンスをすると、コーヒーの味わいがどう変わるの?

昨日、一昨日と高槻店業務終了後、焙煎機のメンテナンスをしました。 1

ミルクと相性のいいコーヒーの焙煎度合いは、どれ?

コーヒーにミルクを入れて飲むなんて邪道ですよね、とよく聞かれるのですが

→もっと見る

PAGE TOP ↑