*

ペーパードリップを考える。そもそも「蒸らし」って必要なの?

プロローグ

前回ペーパードリップにおいて、「蒸らし」を上手にやる為の方法を書きました。
前回の記事はこちらです。
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13949

 

そこでふと思った事が、そもそも「蒸らし」って必要なのか?と。
蒸らしをする、という自動思考からずっとやってきた事で、1度たりとも蒸らしをする事を疑った事はなかったのですが、今回蒸らしをしないペーパードリップは一体どんな味になるのか?を考えてみようと思います。

 

蒸らしをしているのと、していないものを比べるとどうなるのか、気になったので記事にまとめてみたいと思います。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島 規之です。

IMG_0703

 

まずは飲み比べ

二つのカップを並べて、同時に蒸らしをする方、しない方で淹れてみて飲み比べしようと思い支度をしました。
ふと他のことを考え事していたら、2つとも蒸らしをしてしまっていました。
「しまった・・・」

 

自動思考、習慣とは恐ろしいものです。
こういう事、皆さんもありますよね。

 

さて、気を取り直して。
蒸らしをしない方は、少しドリップしにくいなぁというのを感じました。
蒸らしをしていない分、落ち着きがない様な感じで、注湯するたびにやや暴れ、ちょっと狙いを定めにくいなぁと感じました。

 

では、お味を見てみましょう。

 

蒸らしの意味

蒸らしをしたドリップコーヒーと、蒸らしをしていないコーヒーを飲み比べる。
まずは奥様から。
温かいうちはちょっと分かりにくい様子。
冷めるまで待ってみましょう。

 

ここではっきりと違いが分かったようです。

 

僕の感想です、蒸らしをしていない方のコーヒーはドリップが終わった直後、カップに鼻を持って行った時、香りの立ち方がいつもより弱いように思いました。
味わいは、味覚の訓練している人が飲んだらはっきりとわかるくらい、味の厚みというのでしょうか、僕達は液体の質感を「ボディ感がある」と表現しますが、蒸らしをしている=ボディ感がある、蒸らしをしていない=ボディ感がない、そのような差がでました。

 

これを簡単にまとめると、蒸らしをしないと液体の厚みがなくなる、コクを感じにくくなる、という事になります。
軽い舌触りになる、という感じですね。

 

エピローグ

やっぱり蒸らしはちゃんとやった方が良い、という結果でした。
結果次第では、蒸らしをやらなくてもいいのかも、と思っていたのですが、やっぱり意味があるんですね。

 

美味しく飲む為に、「蒸らし」頑張りましょうね。

 

この記事が、貴方の楽しいコーヒーライフにとって少しでも参考なりますように。

 

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0035

 

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ドリップの時にプックーと膨れるのは、技術ではないというお話

昨日はMBSの番組の取材がありました。   catch!!という45秒の番組で

記事を読む

ドリップも焙煎もする人が変われば、味は変わる

プロローグ 昨日のツイッターで何気なく思いつき、何気なくツィートしたこと、とても反応がよかったんで

記事を読む

長い期間ディスプレイしていたペーパーで、コーヒーを淹れたらめっちゃ不味かった件

プロローグ マーケティングの師匠 藤村正宏先生 公認のブレンド スコットブレンドを島珈琲がお取り扱

記事を読む

水だしのアイスコーヒーとアイスコーヒーの味わいの違いは何?

プロローグ 水だしコーヒーはダッチコーヒーとも言います。 ダッチコーヒーとは、水の点滴をゆくっり

記事を読む

ハンドドリップの「蒸らし」は何のため?

家族旅行から帰ってから、待っていてくれたかのように通販のご注文が相次ぎ、てんやわんやの僕です。 あ

記事を読む

ペーパードリップの時、プクッーと粉が膨らむのはテクニックでできる事なのか

プロローグ ペーパードリップはほんとにいろいろな事があって面白いですよね。 世界のコーヒー文化を

記事を読む

アイスコーヒーを作ったが氷を入れたら薄くなる。どうするしまこーひー?

プロローグ さて、今回の記事はお客様から頂いた質問についてお答えする記事です。 こんにちは 焙煎

記事を読む

ご存じですか!こんなドリッパーがあったのです

先日、岡町本店での出来事。   「島さん、ブログのネタにと思って、こんなドリッ

記事を読む

ドリップの極意のうちの一つ

極意なんて書くと、柳生新陰流の必殺剣みたいな、なんかスゲー技なのかと思わせてしまうのですが、先にすみ

記事を読む

ドリッパーの違いで何が変わる?

さて今回は ドリッパーの違いで味がどう変わるのかを記事にしたいと思います こんにちは 焙煎アーティ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉

夏のコーヒー豆・粉の保存で気をつけたいこと

最近なぜか子供の頃、初めて行ったプロ野球観戦のことを思いだすんです。

アイスコーヒーは専用の豆で淹れないといけないの?

今朝はゆっくり目に起きました。 繁忙期は娘が起きる前に家を出るのです

コーヒー焙煎はどこが面白いの?

コーヒー豆屋さんは(島珈琲は)、どちらかというと夏は閑散期です。

続・ペーパーフィルターの保管方法

久しぶりにコーヒーを美味しく飲むために、基本的でとっても大事なことを書

→もっと見る

PAGE TOP ↑