*

コーヒーの未来はどうなる!?これからのコーヒーのこと

プロローグ

最近、お客様とこれからのコーヒーついてのお話をすることが多い僕です。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

先日は、3年前までは日本でおられましたが、今は香港でお仕事しているお客様が御来店。
3年ぶりに中国の旧正月でお休みの期間に日本へ来られ、そしてわざわざ島珈琲岡町本店来てくださり、爆買いして行ってくださりました(笑)ありがとうございます。

 

その時にお話をしていたのですが、香港では米国のコーヒーチェーンが連なるように出店し、ほんのちょっとしか離れていない様な場所で、そのチェーン店が乱立している状況だそうです。

 

でも、各店は人が一杯で、コーヒーの需要がますます盛んになっているとの事でした。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

需要と供給のバランスが変わる?

この事は一部分に過ぎず世界規模で見た時、世界各国で同じような光景が見られていると報告されています。
今の状況から判断し、2020年には今のコーヒーの需要が供給、つまり作っている量、供給の方が足らなくなってしまうと、言われてるとか言われてないとか。

 

コーヒー生産国のある地域では、病気が蔓延していたりしています。
さび病という、コーヒーの木を全滅させる力を持っている病気ですが、これは実は人手不足からも発病させている事があります。

 

コーヒーの実を取る人をピッカーと言いますが、ピッカーは季節労働者です。
その季節労働者が集まりにくくなっている状況だと聞いています。
きつい仕事よりも、綺麗な仕事を選ぶことが出来る様になり、ピッカーが減っているとの事です。

 

そうすると、コーヒーの実がなってもそれを取る人がおらず、実は地面に落ち、その地面に落ちたコーヒーの実が、その「さび病」を引き起こす原因になるんだそうです。

 

一度このさび病が蔓延したら、コーヒーの木はカットバックという方法で、根本だけを残して切ってしまい、そして長い時間をかけて再生させ、そしてコーヒーの木に実がつくまで待たないといけません。

 

通常は実を付けるまで5年かかると言われています。

 

コーヒーはどうなるのか?

減産の理由の一つが上記の様なことなのですが、加えて世界的なコーヒーブームで僕達の様な、上質なコーヒー豆を販売するコーヒー屋も世界規模で見て増えており、消費者もまた増え、生産国の各地で高品質コーヒーを求めるコーヒー消費国のバイヤーが、各農園で交渉しています。
そのバイヤーさんも増えている状況だと聞きました。

 

高品質コーヒーもこれから更に、手に入りにくい、もしくは高価なものへと変わっていくかも知れません。

その為にどうするか?

 

ここで大切なのは、マーケティングの師匠 エクスマの藤村正宏先生の言われる「関係性」が重要となります。
関係性の事とエクスマを知りたい方は、師匠のブログへお越しくださいませ。
師匠 藤村正宏先生のブログ http://www.ex-ma.com/blog/archives/category/exma-mind

 

農園主も人間なので、関係性が深い所へ優先的に良いコーヒー豆を販売してくれます。
島珈琲はそうして世界各国の主要コーヒー生産国できちんと関係性を築いてくれている、輸入業者さんからコーヒー豆を仕入れしています。

 

もちろん輸入業者さんとも関係性です。
お金と商品のやり取りだけで、関係性は育ちません。
お互いにパートーシップを持ち、お互いが困った時に手を差し伸べ合う事ができる関係の構築、これが大事だと思ってます。

 

エピローグ

長々と書いてしまいましたが、コーヒーの消費は世界でますます増えます。
そんな中でも、島珈琲はちゃんと生産者と関係作り出来ている方と関係性を築き、皆様に素晴らしいコーヒーをお届け出来る様にがんばります!

 

という、決意表明的なブログになってしまいました。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0035

 

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

はじめてのコーヒーミル 手挽きと機械 どっちがいいの?

ある本を読んでいて、そこにはこうかかれていました。   ものがたくさんあること

記事を読む

焙煎するコーヒー豆には皮がある、その二次利用とは?

プロローグ コーヒー生豆を焙煎すると、コーヒー生豆についている薄い皮が熱によって剥がれてきます。こ

記事を読む

コーヒーにおける 「えぐみ」について考えた

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 写真は本文と関係ありませんが 生産国でコーヒー生豆の

記事を読む

燃えろ

 燃えろよ燃えろよ 炎よ燃えろ! ということで  無添加コーヒーシロップ2010バージョン

記事を読む

珈琲問屋 |こだわりの珈琲問屋をお探しのあなたへ|

こんにちは! カフェやレストラン 美容室などを経営する方の縁の下の力持ちになりたい コーヒーの事が大

記事を読む

エクスマで繋がる 塩コーヒーだなんて、そんなバカな!

プロローグ マーケティングの師匠 藤村正宏先生とエクスマの講師、ハッピー薬品の橋本亨さん、佐藤ゆか

記事を読む

疲れた時には、砂糖を入れたミルクコーヒーがいいよね

以前の僕なら、疲れがなんだ、なんだ坂こんな坂で馬力を生かして乗り切るのですが、最近では疲れているのな

記事を読む

僕の尊敬する人 Route271の船井さん

大阪梅田の芝田にある有名なパン屋さん、Route271さんをご存じでしょうか。 テレビや雑誌などに

記事を読む

コーヒー豆が硬いってどういうこと?

昨日12月29日は1人営業で、そこまで忙しくならないだろうという僕の予想を遙かに超えた御来店があり、

記事を読む

週1回の営業で宣伝もせずお客さんが増える理由

島珈琲の開業は2002年3月29日。 スタートは岡町本店からでした。   開

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒーのハナ茶って ご存じですか?

昨日は東京へ行きまして、あの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さんプロデ

再販開始です!スコットブレンド・ドリップバッグ2グラム増えました

明日10月18日水曜日は、高槻店臨時休業します。  

人生は思い通りいかないもの、かな。だから何を考えようか

9月から急ブレーキがかかったように、お店の流れがかなり緩やかになりまし

あの芸能人へ会うために東京へ行ってきます!10月18日は高槻店臨時休業します!

タイトルなが~!(笑)   さて来る10月18日

島さんが一番好きな抽出器具はなんですか?

昨晩は家に早く帰れる日でしたので、高槻店が閉店時間にくるとささっと後片

→もっと見る

PAGE TOP ↑