*

ひきたてやく

公開日: : スタッフ中村の日記

こんにちは、スタッフの中村です。

まだ7月だというのに夏真っ盛りのような暑さが続き、
冷たいものがほんとうにおいしい今日この頃ですね。

島珈琲のアイスコーヒーはご注文をお聞きしてから
「アティースティックな焙煎豆を挽いて淹れる」という
贅沢なメニューです。
ハッとしてグッとくる。
そんなアイスコーヒーの淹れ方をDVDで公開しちゃうという
昨日のブログはそんなびっくりな内容でした。

お店でも使っているアイスコーヒー用の豆で
プロの淹れ方を真似して淹れたら、
お家でプロ仕様なアイスコーヒーのできあがりですね。
ここまできたらお供のシロップも紹介です。

 

保存料無添加。
純糖アイスコーヒー用のシロップです。
コーヒーが淡まることなく、ほしかった甘味はしっかり加わる。
足し算のみ、引き算なしなタノモシイ相方です。
お砂糖のみでできているのでお料理にも使えちゃうという
ほんとに使えるアイテムです。

店頭販売もしていますよ。

障がい者支援施設とコーヒー専門店のコラボカフェ
カフェBeのブログ ぼちぼち書いてます! 

コチラからどうぞ
http://cafe-be.jugem.jp/

島珈琲 フェイスブックページはこちら

http://www.facebook.com/shimacoffee2002

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

新境地

こんにちは、スタッフの中村です。本日は、コーヒー教室を開催させていただきました。ご参加していただいた

記事を読む

生きてます!!

こんにちは、スタッフの中村です。 実家の栽培している大根葉にくっついて我が家にやってきた青虫くんを

記事を読む

鬼に大笑いされそうなほど先の年のことを思う中村です

 こんにちは、スタッフの中村です。今年も残すところ後1ヶ月ほどになりましたね。皆様は、どん

記事を読む

コーヒー教室

こんにちは、スタッフの中村です。 以前より、予告しておりました「中村によるコーヒー教室」を 本当に行

記事を読む

テイクアウト

こんにちは、スタッフの中村です。 暦のうえでは春が来ましたが、昨日は雪空で凍えるような寒い一日でした

記事を読む

ヘルシードリンク

こんにちは、スタッフの中村です。ものすご~く暑い日が続いていますが、きちんと水分摂っておられますか?

記事を読む

あかり

こんにちは、高槻店スタッフの中村です。 家の枕元には、就寝前に少しでも読書しようとスタンドを置いてい

記事を読む

メンテナンス

私は、短距離ですが 毎日 車を使っています。 とてもお世話になっていますが、車には乗るだけで全くわか

記事を読む

うつわ

こんにちは、木曜日の中村です。 昨日のブログでも触れられていたように、ここ最近はカフェbeに行かせて

記事を読む

お申し込みお待ちいたしております

こんにちは、スタッフの中村です。 唐突に梅雨になっちゃいましたね。 今年は春を感じる時期が短かったよ

記事を読む

PREV
くも
NEXT
既成概念

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
障がい者支援施設とコラボカフェ カフェBeってどんなカフェ?

カフェBeを運営する社会福祉法人 北摂杉の子会さんから、このカフェを手

いつもの豆が切れた!プロはどんなふうに同じ味わいを作るのか

コーヒー豆はご存じの通り、植物のタネです。  

島珈琲のネット通販でクレジット・コンビニ決済ができるようになりました!

通販に力が入り出したのは、2年程前から。   そ

旨いコーヒーを作りたい

料理などを作ったとき、それを食べた人が美味しいそうに食べ、そして笑顔を

ペーパーを濡らす派?濡らさない派?僕は濡らす派

  水掛け論とは、お互いに自説にこだわって、また自分に

→もっと見る

PAGE TOP ↑