*

スコットブレンド ブレンド内容を変更します!

公開日: : 最終更新日:2016/02/10 coffee , , ,

プロローグ

2016年1月20日にデビューしました、マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンド、スコットブレンド。

 

こちらのブレンド内容を少々変更する事になりました。
というのも、ブレンドの主軸になっているマンデリン。
こちらがタノバタックという銘柄を使用していたのですが、現段階でびっくりの70セットも売れてしまい、島珈琲が年間契約していたマンデリン・タノバタックが年間予想の量を上回り、在庫がとうとう無くなってしまいました。

 

ブログとSNSだけで告知したスコットブレンド。
個人店では考えられない発送の数に、ただただ驚いておりますが、契約していたマンデリンが無くなったからといって、スコットブレンドを止めるわけには行きません。

 

なので、新しいマンデリンをゲットしました。

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

写真は焙煎する前のマンデリンコーヒー。
深く綺麗な緑色しているのが特徴です。

IMG_0432

マンデリンとは

インドネシアにあるスマトラ島のコーヒー豆です。
インドネシアは世界でコーヒー生産量が第4位です。
主にロブスタ種というインスタントコーヒーなどの原料になるコーヒー豆の生産が90%、上質なコーヒーとして扱われるアラビカ種の生産が10%です。

 

マンデリンはこの10%の中に入ります。
近年、世界的なコーヒーブームにより個性のあるコーヒー豆が特に人気で、エチオピアそしてこのマンデリンがとても評価が高く、入手困難になっているコーヒー豆です。

 

その中でも特に上質で品質の高い生産地で有名なオナンガジャン村のものを、今回新しくスコットブレンドに採用します。

 

ブレンドの味わいは変わる?

配合は変更せずにいけると思いますので、味わいは方はご心配なく、大丈夫です。

 

コーヒーは農作物なので、数に限りがあります。
いつも同じ味わいを目指す方もおられますが、僕はこうしたコーヒー豆原料の変更が必ずあるので、同じ味わいは目指しません。

 

その素材が持っている最高の味わいを引き出して、同じ味わいではなく、その素材の最高の持ち味を都度、お客様に楽しんでもらう事が、よっぽど自然らしくて良いと考えています。

 

今回の変更は、その変化がさほど表面に出てこないと程度のものと思ってます。
黙っていたらわからない程度の変更です。

 

では、なぜ書くののか?
良い素材を手にしたら黙っていられないからです!笑

尊敬する師匠のブレンドに、こんな素晴らしい良い素材を使えるなんて、とっても嬉しいです。

 

マンデリンは近年、高級豆に変わろうとしています。
農園の敷地があっても人が足らない農業離れや、加えて先ほど書きましたように世界的なコーヒーブームがあってマンデリンは人気の高いコーヒーになり、価値が上がっています。

 

そんな中でも出来る限りを尽くして、皆さんが笑顔になるマンデリンコーヒーを手に入れるための努力を惜しまずに、島珈琲 頑張りたいと思います。

 

エピローグ

もう暫くはタノバタックがありますんので変更する事はありませんが、近々インドネシア・スマトラ島オナンガジャン村のマンデリンコーヒーが島珈琲に到着します。

 

僕もワクワクしています。
どんな香りなのか楽しみです。
皆さんも楽しみにしていてくださいね!

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0035

 

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

二重シリンダー

お正月休みも今日が最終日のかたも多いと思いますが 皆さんいかがお過ごしでしょうか? 今年一発目の仕込

記事を読む

違うふたり

 岡町本店にある焙煎機 高槻店にある焙煎機 同じ国産メーカーの焙煎機ですが どちらも違う微

記事を読む

コーヒーの真実

前から読みたかった本 先日 紀伊国屋書店で目にして 迷わず購入しました 読みたい読みたいと思いな

記事を読む

隠しブレンド 鱗雲(うろこぐも)

 前の日曜日 岡町本店の焙煎機 桜号の温度計がなにやら変だと書いた わからないことは わか

記事を読む

ペーパードリップでペーパーを濡らす理由はなぜか?

プロローグ ハンドドリップでペーパーの濾紙を使い、コーヒーを抽出する時ペーパーを濡らす人がいたり、

記事を読む

有名店のコーヒー

 豊中を中心に有名なイタリアンリストランテ 豊中岡町にある エルバウデコラシオン様こちらの

記事を読む

ドリップコーヒー 蒸らしを上手くするコツはあるの?

いつも通販でのお買い求めのお客さんがお店に訪ねてくれることがあります。 電車賃や高速代などを使い、

記事を読む

ハンドドリップのちょっとしたコツ

2016年も最後のブログとなりました。 少しずつ読者さまも増えて、とても嬉しく思っています。

記事を読む

no image

コロンビア

 しばらく 焙煎のポイントが少しだけずれていた 火力やら排気ダンパーの微調整と 焙煎時間の

記事を読む

コーヒーのもう一つの顔の話

 ホットの季節ですね美味しいコーヒー飲んでホッとされていますか?連休の初日 いいお天気に恵

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉

夏のコーヒー豆・粉の保存で気をつけたいこと

最近なぜか子供の頃、初めて行ったプロ野球観戦のことを思いだすんです。

アイスコーヒーは専用の豆で淹れないといけないの?

今朝はゆっくり目に起きました。 繁忙期は娘が起きる前に家を出るのです

コーヒー焙煎はどこが面白いの?

コーヒー豆屋さんは(島珈琲は)、どちらかというと夏は閑散期です。

続・ペーパーフィルターの保管方法

久しぶりにコーヒーを美味しく飲むために、基本的でとっても大事なことを書

→もっと見る

PAGE TOP ↑