*

こちら100万円のコーヒーミル。粉で買うか、豆で買うか、どっちが良いの?

プロローグ

さて今回も質問コーナーです。
いやぁ助かります!笑
ブログネタに困りませんからね、って、そこかぁー!

 

はい、今回ご質問を頂きましたのは、京都で布用の絵の具を販売されているクラフトワークスKyouto様からです。
スコットブレンドを粉で購入しましたが、はやり豆で購入してその都度挽いた方が良いでしょうか という内容です。

 

ふと思ったのですが、Tシャツに絵を描ける絵の具を販売しているとの事で、もしや障がいを持っている方のアートに役立つのではと思いました。

 

アートしてもらい、世界に1枚しかないTシャツを作る、そして販売する。
いやー面白いよ、これきっと。
よし、あの人に相談しよう、パソナのあの人と、障がい者施設サニースポットの今井さんに!

 

あ、そんな楽しそうな絵の具を販売しているクラフトワークスKyooutoさんのホームページはこちらです。
http://www.craftworkskyoto.com/

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

粉買うか、豆で買うか

何回か書いて来た事なので、リライトになりますが、新たなネタを足しながらご説明しますね。

 

IMG_0368

 

島珈琲高槻店にあるこの写真のコーヒーミル(コーヒーグラインダー)は、実は定価で100万円くらいします、定価ね。
家庭では絶対にいらないマシーンです。
100万円のコーヒーミルなんていらないでしょ。

 

でも100万円の価値があって、このコーヒーミルでカットする味わいはさすがに美味しいです。
例えば、終わりましたが節分が近くなので、太巻きを切ろうとします。
切れない包丁で切るとグニャってなりますよね、見た目もそうですし、繊維を綺麗に切れていないから歯ごたえも良くない。

 

でも、お寿司屋さんなんかでシャキーンと輝く綺麗な包丁で、スパスパ切っているのを見るとほれぼれしますし、美味しいですよね。

 

そんな感じです。
コーヒーの繊維をスパッと切ってくれていますから、美味しいです。

 

コーヒー屋の親心で言うと

どんな良いマシーンをお店に持っていても、コーヒー屋の親心は「豆で買ってもらって飲む前に挽いて欲しい。」です。

 

粉にすると香りが良いのは、豆に閉じ込められている香り成分が発散するからです。
ということは、豆のままだと香りを?そうです、閉じ込めているのです。

 

挽く時、ドリップする時、この時の香りは豆の方があります。

 

それに粉にすると表面積が一気に増えるので、その分空気にあたる面積は?そうです、増えますよね。
豆と粉ですと、表面積の差は?火を見るよりも明らかですよね。
よって劣化するスピードはどちらが速いか?
美味しさを持続しているのはどっちの方か?と言うと豆になります。

 

エピローグ

最後にこれもずっと言い続けている事です。
親心で言えば豆で購入してもらいたいですが、人にはそれぞれ生活があります。
コーヒーは楽しんで飲むものです。

 

美味しいと分かっていても、その都度豆を挽くのはちょっと、と思えば粉で購入してください。
豆から挽く、その習慣をつけてコーヒーを楽しむ!と言う方は、豆で購入してください。

 

要は、自分の生活にあったスタイルでコーヒーを愉しんで欲しい、そこに僕の本心があります。
豆の方が美味しいから、といって挽く事が苦行になれば楽しみではありませんよね。

 

だから楽しく飲める方を選択してくださいね!

 

ちなみに島家は奥様が500gを毎回粉で購入して、冷凍庫に保管し晩ご飯のあと美味しく飲んでいます。

 

以上 今回の質問コーナーでした!

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0035

 

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

スペシャリティコーヒーに、こだわりません宣言

スペシャリティコーヒーとは、世界で生産される全コーヒー量の約5パーセントくらいの生産量で、高品質コー

記事を読む

ドリップで薄味と濃味を作るちょっとしたコツ

プロローグ 3歳の娘がなぜかよくわかりませんが、ニトリが大好きでしょちゅう近所のニトリに連れて行け

記事を読む

コーヒーは胸やけの原因になっているのか?

昨日はお休みで、娘を幼稚園に送ったあと奥さんとランチに行きました。 理由は、結婚記念日、で。

記事を読む

無糖コーヒーシロップ

高槻店 まだまだ認知度がたりないこともあって 時間がゆるやかに進む日が多いです 岡町店とカフェBe店

記事を読む

はなのしたがのびーーる!

 最近 日記がご無沙汰になっているいます こんばんは いかがお過ごしでしょうか? さてです

記事を読む

夏のコーヒー豆・粉の保存で気をつけたいこと

最近なぜか子供の頃、初めて行ったプロ野球観戦のことを思いだすんです。   小学

記事を読む

美味しいコーヒーの味わいってどういう事を指すのか?

プロローグ コーヒーの味って分かりにくいですよね、何が良くて、何が悪く、どんな味の表現をしたらよい

記事を読む

島珈琲の味わいをスポーツで例えるとこうなる

プロローグ コーヒーの味わいをつくる。 これは本当に伝えにくいのですが、家庭の料理ならガスコンロ

記事を読む

そもそも 粗挽き 細挽き ってなんなのか?

今日はコーヒーを粉をするときに粗挽き(あらびき)とか細挽き(ほそびき)とか言いますが それはいったい

記事を読む

ドリップコーヒーを美味しく安定していれる7つのコツ

ドリップコーヒーを美味しく入れたい ドリップコーヒーの味がいつも同じでない 安定しない ドリップコー

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハワイ島でコーヒーの素材を「見抜くの目」が育ったというお話

先日、奥さんにある相談をしました。   島珈琲社

コーヒーの香りをドリップで引き出す方法はあるのか?

昨日、母から電話がありました。   少し先ですが

考えよう、障がい者の働くを

昨日は久しぶりの島珈琲社会貢献部の活動でした。  

こんな方法でコーヒーを味わうのはいかが

料理も人もええところを伸ばす、というのが僕が思うところです。 数年前

美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

→もっと見る

PAGE TOP ↑